海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年03月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Saving Grace: Season 3 - The Final Season [DVD] [Import]Saving Grace: Season 3 - The Final Season [DVD] [Import]
(2010/07/13)
不明

商品詳細を見る


シーズン1から観続けてきたこのドラマも
シーズン3で終わってしまった。

海に身を投げたグレイスだったが彼女は生還し
砂浜で待っていたアールに「神に魂を委ねる。」と言う。

ニューオリンズ墓地に埋葬に行ったグレイスは
理由はわからないが目的地ボルティモアへ向かうため旅を続けると
アールに言う。
墓地でグレイスは9.11の時、メアリーを発見した消防士ロッキーに
奇遇にも声をかけられる。
グレイスはメアリー発見時の様子をロッキーから聞く。

署にはグレイスを天使刑事だと信じる人々から手紙の山が来ていた。
グレイスから未だに連絡が来ないことに
ケイトやブッチ、ボビーは心配していた。
ハムもまたグレイスのことは心配だったが、今はそっとしておいてやりたいと
グレイスを信じていた。

アールはグレイスの旅行に同伴しようとする。
グレイスは早くボルティモアへ行きたいのに、アールは何故か
寄り道ばかり勧める。
グレイスはハムにニューオリンズにいると連絡するが
家が火事になったことを知らされる。

急遽、家に戻ったグレイスが見たのは廃墟と化した我が家だった。
火災現場を見たアールはグレイスに、これは神の試練ではなく
グレイスに悪意を持った者の犯行だと教える。
グレイスは焼け跡から、一つだけ無傷で残っている
アールのボルティモア土産の箱を見つける。

ハムとレッタが現場にやって来る。
ハムから火事の詳細を聞いたグレイスは放火を疑う。
ボビーからガスは無事だがクレイが怪我を負って入院していると聞き
グレイスは病院へと向かう。
クレイは出火前、記者の男を見かけていた。
グレイスはクレイから死に掛けた時に、アールが助けてくれたことを
聞き出す。

ブッチはグレイスの到着が早かったことを気にする。
ハムは天使のおかげだと説明するがブッチは信用しなかった。
そればかりかブッチは記者とグレイスの関係も疑う。

グレイスは記者を探し出したいと思うが
アールは悪の化身である記者のほうからグレイスに近づいてくるだろうと言う。

グレイスはレッタに会いに行き、ボルティモア(神の地)で
悪の化身と対峙すると打ち明ける。
手元に残されたのはアールのボルティモア土産の箱。
グレイスとレッタはまだ開けたことのない箱の中身を確認する。

+++++++++++++++++++++++++++++

 

>>>Read more

スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
Saving Grace: Season 2 (4pc) (Ws Dub Sub Ac3) [DVD] [Import]Saving Grace: Season 2 (4pc) (Ws Dub Sub Ac3) [DVD] [Import]
(2009/06/16)
不明

商品詳細を見る


LifeからCRIMEに移って、タイトルは
「女捜査官グレイス~天使の保護観察中」となったけれど
まぁ、「セービング・グレイス(Saving Grace)」でいいかなぁと。
ただ単にカテゴリ直すのが面倒なだけなんだけれど(汗)
金曜日に楽しみに録画したのに、天候で受信状態悪くて
(Nip/Tuckも駄目だった…)
ブツブツ切れた状態。慌てて再放送調べたら
今、放送している!それもこれを逃したら再放送なし!!
慌てて、リアルで観てしまった。
それでも若干、内容が欠けた部分があって悔しい。

シーズン1のフィナーレで、幼少の頃、なんと教会のマーフィ神父に
性的虐待を受けていたことがわかったグレイス。
オヤジ天使のアールはその神父の担当でもあった。


そしてシーズン2開始。

仕事を欠勤したグレイスは、親友のレッタとオープンテラスで会う。
レッタはグレイスに、死んだと思っていたマーフィ神父が
生きている事を伝えた(シーズン1)が、その後、グレイスが三日の間
姿を消した理由を聞きたがっていた。
と、グレイスは怪しい男がいることを刑事の勘で察知。
男が車に乗り込もうとした男性を銃で脅し、殴ったのを見たグレイスは
咄嗟に男を追い詰めようとする。
だが男は発砲し、レストランの店員が撃たれ、グレイスと銃撃戦となる。
グレイスは男を追いかけるが男を見失ってしまう。
そこへ通報を受け警察が到着。警察犬ライリーがその鋭い鼻で男を
勢い良く追いかけ始める。
追い詰められた男は、逃げようと橋から飛び降りたが
その高さは高く、自殺行為だった。
男を追いかけ飛び降りたラーリーもまた大怪我を負ってしまう。
それを見たグレイスはライリーに深く責任を感じる。

FBIの最重要指名手配犯だとわかった犯人は死亡し、ライリーは重体だった。
だが幸いな事に事件に巻き込まれた怪我人の怪我は軽くすんだ。
市長や署長は大喜びで、仲間もグレイスの大手柄を喜ぶ。
マスコミもグレイスは英雄だともてはやすが
当のグレイスは本当の英雄はライリーだと
ライリーの回復を願うよう呼びかける。

グレイスの活躍を祝う仲間たちだったが
グレイスに正式な内部調査が入ることになる。
街中での発砲、一般市民が負傷なうえに
酪酊状態での公務執行が問題だった。
グレイスは飲酒していないと否定するが
グレイスがバーでテキーラを飲んでいたという目撃者がいた。
グレイスは謹慎処分となり、血液のサンプルを提出することになる。

家に帰ったグレイスは、絨毯に巻いてあったものを転がす。
出てきたのは縛られた上、口にテープを貼られたマーフィ神父だった。
マーフィ神父をソファに座らせたグレイスは
昔の写真をマーフィ神父に見せる。
マーフィ神父は2人を再会させたのは神の思し召しで
アールを使って2人を導いたのだと言う。
グレイスはビニールシートを床に敷き
真ん中に椅子を置くとマーフィ神父を座らせる。
グレイスはアールを待って行動を起こす気でいた…。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 

>>>Read more

編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
すごいショック。このドラマ、シーズン1は13話で終わりだったのねと今さら気がつく。シーズンフィナーレの今回は涙出っ放し。

グレイスは父親の葬儀以来、会っていない家族との再会を楽しみにしていると、親友のレッタと食事を作りながらおしゃべりしている。
と、テレビのCMで“アールのタコス”の宣伝が流れる。それを観たレッタは、アールが今までにもグレイスに何かの意味のある証拠を残していると言う。だがグレイスは取り合わない。
その夜、グレイスは舌の長い犬の夢を見る。泣きながら目が覚めたグレイスはアールに気がつく。アールはTシャツの土産を渡し「前進するには後退することも必要だ。」とアドバイスする。

消防士をしている兄のレオから連絡が入る。炎上している車の消火をしたが、誘拐に使う道具も見つかったのだ。そして車内には妹・ペイジの写真もあった。ペイジは見知らぬ男と写っていた。
グレイスはぺイジに話を聞きに行くが、ペイジは浮気を否定する。最近、身の危険を感じたこともないと言うが、グレイスは気をつけるよう忠告する。

レッタはグレイスに“アールの証拠”と書かれたボードを見せる。さらにグレイスが長い舌の犬の夢とTシャツのことを話すと、レッタはDOGの逆はGODだと興奮する。

グレイスはペイジの夫から話を聞き、牧師の兄ジョンにも会いに行く。

調査でペイジと一緒に写っていた男の身元が判明する。彼は詐欺師だった。

レッタに「あなたは逃げているだけ」と言われ、ついにボードの証拠に立ち向かうグレイス。次第にその表情は暗くなっていく。その後ろではアールが悲しげな表情でグレイスを見ていた。

今回はアールのその表情が一番印象的。すごく悲しそうだしグレイスを心配そうに見つめている。これはかなりシビアな過去なんだなと気がつく。
グレイスが立ち向かわなければならない過去は彼女のこれまでの人生を作ってきた原点。
でもそれはすごく辛くて辛くて忘れたい過去。レッタはグレイスの前進(神の意思)を信じて、彼女を過去に向かい合わせる。思い出したくなくて暴れるグレイス。どんなことをしても彼女を助けたいレッタ。2人にもう涙が止まらない。かつて16歳の時に一回だけレッタに言ったグレイスの悲しい過去の話。長い舌の犬の意味が明らかになる。
家族にも秘密だったのに兄ジョンだけが気がつく。ジョンの取った行動にも涙。
たくさんの兄たちがいたのかと今回驚いたが、グレイスってすごく可愛がられていたようだ。姉は死に妹はグレイスと違って潔癖そう。

そしてラスト。
グレイスはついに過去に立ち向かう。怪物だった人物が謝罪を求め罪を認める。グレイスにとってその姿は予測していたものではなかったはず。彼はきっと罪を否定し、グレイスを屈辱したかもしれない。だが彼はただの老いぼれた人間だった。
「アールを知っている?」グレイスはそう問うのが精一杯だった。
そして家族には秘密のまま。
来シーズン、彼女の中で何か変化が起きるのか、早く知りたい。

…その前に初回から観たいぞー!

 

>>>Read more

編集[管理者用]
2009.01.09/ 08:53(Fri)
スカパーで視聴可能になったFOX lifeでまず一番最初に観たのがこのドラマ。
ホリー・ハンター演じる女性刑事(グレイス)が、事件を解決していく刑事もの。でもこのドラマを説明する時、これじゃあまりにも簡単すぎると思う。
視聴は第10話からでまだ2話しか観ていないものの、すっかり魅了されてしまった。

今のところ理解している範囲での感想。

私生活に関してはハチャメチャなグレイス。酒も男関係も派手だ。今は相棒デゥーイ(「ザ・シールド」のレンや「コールドケース」でリリーと付き合っていたジョセフ役のケニー・ジョンソン)と組んでいるが、彼はもっぱらグレイスに振り回されている感じ。彼女に恋愛感情もあるようだ。検死官のレッタとは何でも話す仲で大親友。
そしてここがポイント。なんとグレイスには天使がついている!オヤジ天使だったが、これがまた味のある天使(レオン・リッピー)。グレイスだけでなく囚人や他の国にも面倒をみている人間がいっぱいいるようだが、グレイスには目をかけているらしい。

グレイスと言えば、相棒がいようが思ったら、後先考えずにすぐ単独行動。第10話では竜巻が近づいているのに、幼稚園児死傷バス事故の責任者へ会いに行くが、相棒は置いてけぼりだった。そうかと思えば、瓦礫の下で死にそうになっている事故の責任者の介抱をしつつも、辺りは今にも崩れそうだし、弱気になるグレイス。天使はグレイスに逃げることを勧めるけれど、グレイスは留まる。彼女って見かけよりずっと優しい。
そしてまた甥と接する時のグレイスも優しい。彼女からは想像できないミシン仕事。甥と一緒に楽しもうとする姿が観ていて微笑ましい。

一見、グレイスって自分勝手に見えるけれど、女性としてカッコいいー!!と思うところもしばしば。
天使はグレイスに関るけれど、事件を解決する手伝いをするわけではない。
全編に漂う神の存在感。これが鼻についちゃう人には、不向きかもしれない。
ともかく風変わりな刑事もの。

こういうドラマを観ると、やはりアメリカの人って根底には神の存在が強いんだなぁと思う。「ゴースト~天国からのささやき」だって、人間が死ぬと天国へ導かれるということが前提で作ってあるし。教会の出てこないドラマってないような気がする。勿論、無神論者も登場する。CSI S7 #5「磔の女神」Double Crossではやっぱり信仰とか神とかに論点置いていて、サラが神に対する人間の都合よさを語ってたけれど、奥深い問題だ。

訂正
11月から同じFOX系列のCRIMEで放送開始。
ではなかったです。違いました~。
こちらで是非見逃した最初のほうから放送を楽しみたい。

「クローザー」にしろ、女性が活躍する刑事ものが増えたよう。
ブレンダとグレイスが組んだら、ものすごいことになりそう。ブレンダのストレスが溜まって、ケーキ丸ごと1つ平らげられるかも(爆)
そこに怒れる女性検死官ジョーダンが加わったら?
怖いもの観たさでそんなクロスエピ観てみたいなぁ。
 

>>>Read more

編集[管理者用]
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。