海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
WOWOWの10月プレミアで放送されたミステリードラマ。
やっと1話目を鑑賞。アメリカでは3回放送。

第1話「鍵」
質屋に持ち込まれた1個の『モーテルの鍵』店長はそれが“本物”だと確かめ、店主に電話する。店長は鍵を持ち込んだ男の口座に200万ドルを振り込み交渉は完了したかに思えたが、突如3人の男が店内に押し入る。
店長と従業員対3人の男たち。銃を構えあい緊迫した空気が漂う。だがリーダーと思われるイタチと呼ばれる男は、自分の胸ポケットからペンを取り出し、鍵は自分の持ち物だと主張する。
「出て行け」と言う店長にペンを振りかざすイタチ。鍵を持ち込んだ男は「撃て!」と店長に叫ぶが…。

店長は焼け焦げた死体となって発見される。ただし服は無傷だ。刑事のジョーは相棒のルーと現場を調べるが、ふと天井を見上げると鍵を持ち込んだ男が、やはり皮膚は焼け爛れ首が折れたうえに、半分天井に体が埋まった状態で死んでいた。ジョーはこの状態に首を傾げる。
ただ1人の目撃者は従業員のイギーだった。ジョーはイギーを知っていた。イギーの家族内で起こった殺人事件の時、イギーのため便宜を図ってやっていた経緯があるのだ。
イギーを探すジョー。そして結局、鍵をなくしたイタチもイギーを追っていた。

イタチより先にイギーを探し出したジョー。だがイギーは逃げ出し『モーテルの鍵』を使い路地のトイレのドアを開ける。中から光りが溢れドアが閉まる。ジョーが追いつきドアを叩くが、中から出てきたのはトイレで用足しをしていた男。他には誰もいなかった。
その現場を見ていたイタチは部下に刑事を調べるよう命令する。

再びイギーが捕まったと相棒ルーより連絡が入る。
イギーの持ち物の鍵に目を止めたジョーは何の鍵か尋ねるが、イギーが言ったのは実在しないモーテルの鍵ということだけだ。
母親やジョーの身も危なくなると、口を閉ざすイギー。イタチがどうやって店長らを殺害したのかも答えず、イギーはジョーの隙をついて鍵を取ると、取調室のドアのノブに鍵を回し、光溢れるドアの先へと消える…。

イギーが次に現れたのは駐車場だ。連絡をとっているのはジェニファーという女性。どうやらイギーは彼女に鍵を売る気のようだ。だがそこへイタチの部下が現れ、イギーは再びドアを見つけ逃げようとするが、撃たれてしまう。なんとかドアの中へ逃げ込み、重傷のイギーは困ったあげくジョーの家に現れる。

ジョーは元妻と親権を争そっている娘アンナと一緒に暮らしていた。突然ロッカーから現れるイギー。彼は息を引取る間際、鍵の秘密の一部分をジョーに話す。その秘密とは、どんなドアでもこの鍵で開けられると言うことだった。

アンナが寝静まった後、試しにジョーは鍵を使ってみるが、そこで見たものは…。

こういうミステリードラマは大・大・大好き。全部録画後の視聴なので、つい第2話、第3話と観たるけれど、時間がなくて我慢、必死の我慢。

『モーテルの鍵』がもたらす謎だらけワールド。
例えるとドラえもんの「どこでもドア」みたいな鍵(爆)
『モーテルの鍵』を探すのは、イタチとジェニファー(イギーの姉だと偽った女性)目的は別々そう。
最初イタチが持ってたペンにそんなにビビるのかって、最初は笑いそうだったけれど、謎を聞けばそりゃ恐ろしいかも。
不思議な力を持ったオブジェクトの存在。オブジェクトが他のオブジェクトを持つ人間を引きつける。その力には使えば使うほど代償もある。
元の始まりはモーテル。一体モーテルはどこにあるのか。
娘と父親のドラマでもあるよう。
これから先どんなオブジェクトが登場するのか楽しみでもある。

登場するのは
刑事のジョー役に「Six Feet Under」のネイト役Peter Krause
相棒ルー役に「サード・ウォッチ」のルーカスの夫フレッド役Chris Bauer
イタチ役に「デスパレートな妻たち」のジョー役だったRoger Bart
ジェニファー役に「ER」のキャロル役だったJulianna Margulies
アンナ役にDakota Fanningの妹、Elle Fanning
検死官役に「プロファイラー/犯罪心理分析官」でジャック役だったDennis Christopher

豪華絢爛な顔ぶれドラマ。
 
スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(1) Comment(2) 
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。