海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
店で残業中のデリアとメリンダ。
デリアは、今夜ネッドが初デートとあって心配でならない。
メリンダはデリアの悩みが過保護だと思うが
当のネッドはデート相手のリサを家まで送り、庭先でキスをしていた。
次のデートの約束を取り付け、ネッドが喜ぶのも束の間
突然、風が吹き荒れ木の枝がネッドに当たる。
リサは慌てて家の中に入り、リサの上着が落ちていることに
気がついたネッドが、家のドアを開けて上着を置くと
ドアは勢いよく閉まり、ネイトの鼻に当たり血を流してしまう。

ネッドはそのままデリアが帰った後の店に行き
メリンダにデリアには内緒にと
リサについている霊がいるのではと相談する。
と、その時、メリンダはスキンヘッドで顔が痣だらけの男の霊を見る。
ネッドによれば、リサの父親は事故死したようだ。
霊にただならぬものを感じたメリンダは
ネッドがリサに当分会わないようにとの条件付で、
デリアに内密にしたまま協力すると約束する。
安心したネッドが帰ろうとすると、今度はドアが勢い良く開く。
メリンダはネッドに、霊に気をつけるよう注意する。

霊はリサの父親ネイサンではないかと思ったメリンダは
ネットでネイサンの死亡記事を検索する。
記事によるとネイサンは2年前
自分の修理工場で車の下敷きになり死んでいた。

翌日、ネッドは約束を破って、学校でリサと車の中で会う。
後部座席でキスしあっていた2人は
車が発進するのに気がつかず、前で駐車していた車と衝突してしまう。
リサは問題を起こすとマズいと慌てたため
ネッドは自分のせいにしようと言うが
結局、警察へ出頭することに。
駆けつけたデリアは損害賠償のことを含め
リサの母親と相談しようと思うが、リサの母親は仕事で来れず
姉のエイミーがリサを迎えに来る。

デリアにネッドが全て打ち明けたため
内緒にしていたことを、メリンダは責められ
メリンダはデリアに謝罪する。

メリンダはリサの家を訪ね、霊の存在を確かめようとする。
リサにネイサンのことを聞き出そうとすると
エイミーが現れ、弟のヘンリーも挨拶するが
具合が悪いと、母親だけは出てこなかった。
メリンダは出直すことにし、車に向かうが隣人の姿を見かけ
ネイサンのことを質問する。
するとネイサンは過保護すぎるくらいの父親だったことがわかる。
しかも一ヶ月もの間、子供たちを外に出さなかったこともあるらしい。
メリンダは虐待を疑う。
さらに母親のカレンは夫の死後、昼夜問わず働いていたと聞く。
そのカレンも最近はお洒落して出かけるようになり
庭の手入れもするようになったのだと隣人は話す。

隣人と別れ、車に乗り込んだメリンダは
子供たちに近づくな、あの子たちは私のものだと
激しい怒りを霊にぶつけられる。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++
 

>>>Read more

スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
姿を消していたガブリエルが、突然メリンダの家を訪ねて来る。
メリンダは立ち尽くし、ジムはガブリエルを殴り倒す。
ガブリエルはメリンダの命を奪った事故は
自分が仕組んだものではないと否定し
メリンダと自分の父親であるトムを捜すのを手伝って欲しいと言う。
メリンダはトムは死に、捜す必要なはいと断るが
ガブリエルはお互い、トムに聞きたいことがあるはずだと
説得しようとする。
そして子供の頃、母親から渡されたトムの物だと、封筒を
メリンダに渡す。
封筒にはローズモント病院患者所有物と書かれていた。
ガブリエルの母親は、精神科でガブリエルの隣の病室にずっと
入院していた。

ガブリエルを信用してはいないが、とりあえず封筒を預かったメリンダは
ジムと中身を確認する。
中には父親の親類と思われる複数の写真が入っていた。

メリンダは今ではガブリエルが兄弟だと思えていた。
ふと、切り取られた小さい子供の写真を見つけたメリンダは
自分のペンダントに、写真をはめこむ。
その時、突然窓から風が射し込み、メリンダは窓を閉めるが
部屋の隅に立っていた女性の幽霊には気がつかなかった。

翌日、メリンダはガブリエルのいた精神科施設に
医療記録の照会を頼んでおいた。
写真に名前の書かれたウィリアム・ゴードンをネットで検索中
ふと地下室の気配を感じるメリンダ。
そこには女性の幽霊が隠れていて、彼女は誰かに見つかることに脅えていた。
彼女は、「私を変人扱いして、赤ちゃんを奪った。」と言う。
メリンダが名前を尋ねると、彼女はペンダントに指を指す。
メリンダは女性の幽霊がガブリエルの母親だと思う。
女性の幽霊は何者かに地下室の壁に引きずりこまれ姿を消す。

その後、メリンダとガブリエルは出生証明書により
兄弟だと判明する。
メリンダはガブリエルが育ってきた過去に同情し
トムを捜す手伝いを始める。

 

>>>Read more

編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
生き返ったメリンダは、都合上、脳震盪を起こしたと言う事になっている。
医者でレントゲンを取り経過観察と言われるが
レントゲンに支障が出て、もう一度レントゲンを撮る様言われる。
メリンダが壁にかかっている画像を見て見ると
彼女の顔の側に男の顔が映し出されていた。

ガブリエルは町から姿を消していた。
メリンダは光の中で父に兄弟がいると言われた事
父が死んでいたならその理由が知りたく調べることにする。

メリンダの店にジェニファー・ビリングスという若い女性が
父の遺品を委託販売したいと箱に入った数々の品を持ち込んで来る。
両親はジェニファーが幼い時に死亡しており
遺された品々に思い入れはなかった。
メリンダは引き受ける。
そしてデリアにせかされながら箱を地下に運んだメリンダは
箱が勝手に動くのを目にする。
箱は壁に移動し、壁はドアに変貌する。
メリンダがドアに耳を当てると、木材が倒れて梁がぶつかるような音がした。
と、突然小窓が出現しそこから白い煙が立ち上り、彼女は咳き込む。
そしてドアはまたただの壁に戻る。

メリンダが地下から店に戻っていくと
サプライズパーティーが待っていた。
子供たちを助けたことで町からメリンダは額を授与され
写真のフラッシュがたかれる。

その後、メリンダはリックと昼食を共にする。
リックに扉の意味を尋ねると、正しい道を選べば真実につながるという
神話があることを彼は教える。
そしてレントゲンで男の姿が写し出されていたことを相談する。
リックと歩いていると、地面が動き出し手の形が現れる。

メリンダは父のことを聞きに母親に会いに行く。
だが母親は父親の行方を知らず
メリンダが父親が死んでいると思うと話すと心底驚く。
メリンダは父親が自分に地下で起きた何かを伝えたがっていると
思っていた。
兄弟がいるかの質問に母親はノーと答える。

メリンダのサプライズパーティーで写真を撮っていた
ブログ“真実を暴け”の管理人ジャスティンが
撮った画像を調べていると、メリンダの後ろに男の姿が映し出されているのに
気がつく。
ジャスティンはリックのところへ行く。

 

>>>Read more

編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
メリンダは店でグレイトフル・デッドの楽屋パス券を万引きをした少年・ネッドを捕まえる。言い逃れようとするネッドの手には乗らず、メリンダは母親・デリアを呼び出す。不動産会社に勤めるデリアは、子育ての悩みを打ち明け、2人は意気投合する。

夜、仕事を終えて車で帰宅途中、メリンダは何かとぶつかる。しかし車を降りても轢いた痕跡もなく再び車に乗るが、またぶつかる。それは亡霊だった。

ジムとメリンダは映画を楽しむ。家に帰り、メリンダは寝ようとするが、ふと窓の外を覗くと男が立っていた。男は車に轢かれるが、折れた体を持ちあげ再び立ち上がる。メリンダは慌てて玄関に出て行くが、何もいなかった。

ネッドが再び店に現れる。何故、楽屋パス券を盗んだのかと尋ねるメリンダにネッドは、なんとなく自分の物だと思ったと言う。
ネッドの父親は3年前に亡くなっていた。
メリンダはネッドに父親の霊がついているのかと疑う。
店の外へ出て行くネッドを見送ると、昨夜の亡霊がまた後姿で立っていた。

メリンダが家でシャワーを浴びていると、再び亡霊の気配がする。恐怖で叫ぶメりンダ。心配したジムが風呂場へ行くと、曇った鏡に9月29日と文字が残されていた。しかしメリンダには心当たりがない。
ついに亡霊はメリンダの店に姿を現す。暗くて顔は見えないが、亡霊はメリンダにイーストウィックにいる妻に謝りたい、助けてくれと頼む。

#1を観ていれば、薄気味悪い亡霊の正体が誰なのか気がつくと思う。ただ彼がメリンダとどう関っていたのかはわからない。彼女の姿をテレビのインタビューシーンで見つけ、飛行機に乗ってまで会いに来ようとするのだから、元彼か恨みを持っているかというところまでは考えられるけれど。
車に轢かれたせいで、メリンダに最初会いに来るシーンはかなり怖い。轢かれても身体をカクカクってさせながら立ち上がる姿なんて、下手なホラー映画よりずっとずっとこわーい。

しかしこの亡霊、妻がいた。
いつも思うけれどメリンダの度胸には感服する。別に皮肉じゃなくて、見ず知らずの女性にいきなり夫の死を伝えに行くなんて、相手がどう反応するか考えたら行けない。でもメリンダには確かな使命がある。感謝されたくてしているわけではなく、それが正しいと思うからこそできることなんだろうなぁ。

ネッドに関しては、ついていた幽霊は害のないもの(万引きさせてたのは悪いが)だった。これでデリアとメリンダがめでたく知り合う。アンドレアの関係とはまた違うが、メリンダには良き友人だ。

ジムの気持ちは最も。家にいても亡霊が登場しちゃうんじゃ気が休まらないものね~。それでも亡霊は勝手気ままに来ちゃうし、出て行けと言って出てってくれるもんじゃないしね。せめて家の周囲にバリアみたいのないのかな。そうするとワンちゃん幽霊も入れなくなっちゃうか…。

メリンダの服。骨董品店で何故あんな肩のあいた服?女性でもドキってしちゃう。視聴者サービスなんだろうけれど?(笑)胸元あいた服が多いなって気になるところ。
 

>>>Read more

編集[管理者用]
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。