海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Day Break: Complete Series (2pc) (Amar) [DVD] [Import]Day Break: Complete Series (2pc) (Amar) [DVD] [Import]
(2009/09/29)
不明

商品詳細を見る


ユニバーサルチャンネルの新番組。

ロサンゼルス。
午前6時18分。
ロサ市警の刑事ブレット・ホッパーは
看護師で恋人リタ・シェルテンの部屋のベッドで目覚める。
リタが目覚め、窓から見える塀には鳩が止まっていたが
ガラスの割れる音で飛んでいき
気になったブレットはベッドから起き上がり
途中、拳銃ホルダーにつまづきながらも、窓の外の様子を見る。
テレビではトラックの横転事故による大渋滞のニュースが
流れている。

ブレットはリタとシャワーを浴びながら
相棒のアンドレアのことで内務監査局と約束があると話す。
アンドレアの件はかなり深刻な状態で
ブレットは再び相棒を失いそうだった。
リタはかつてブレットの相棒だった元夫のチャドが
関係しているのかとブレットに尋ねるが
ブレットは困った顔をして口を閉ざす。

その後、髭剃りをしていたブレットは過ってカートにあった皿を
割ってしまう。
リタはチャドの名前を出したことをブレットに詫びる。

その後、ブレットはリタの家を出てコーヒーショップへ立ち寄る。
そこでブレットが目にしたのは新聞の一面に掲載されている
地方検事補ガーザの殺害事件だった。
そこへブレットの前に並んでいた、携帯電話中の女性が
突然、時間がないと慌てて振り向きブレットにぶつかり
その拍子に女性の持っていた荷物が落ち、ブレットが拾う。
だがメモがまだ落ちているのにブレットが気がつき
店を出て駐車してある車へ向かう女性を追いかけるが
追いついたその時、暴走するバスが女性のほうに向かって走ってきて
ブレットは咄嗟に女性を助ける。

ブレットはアパートに戻り、郵便受けから郵便物を取り出すと
部屋へと向かう。
そこへアパートの住人が夜、ブレットの犬・ランビスが
吠えていてうるさかったと苦情を言う。
他にもブレットが呼んだ配管工のせいで水漏れがすると。
ブレットには配管工を呼んだ覚えがなかったが
部屋に入ると、部屋の中は誰かに荒らされ散らかされていた。
それを見たブレットは銃を構えて侵入者に備えるが
ランビスが出てきてブレットはランビスの仕業かもしれないと思う。

鍵を拾ったブレットは、留守番電話のランプが点灯していることに気がつく。
メッセージは9件でうち6件は姉のジェニファーからだった。
ブレットがジェニファーに電話をかけ直すと
ジェニファーは夫に気を遣いながら
ブレットに何でもないと言い電話を切る。
とりあえずブレットは次の7件目のメッセージを聞き
ダミアンが隠れ家を襲撃され迎えを寄越すよう言っているのを知る。
そこに警察がブレットの部屋へ突入し
ガーザ殺害の容疑で逮捕される。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 

>>>Read more

スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: Day Break
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。