海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年03月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Suits: Season Two [DVD] [Import]Suits: Season Two [DVD] [Import]
(2013/05/28)
Suits

商品詳細を見る


夜、マイクが家に帰ると、施設にいるはずの祖母のエディスが待っていて驚く。
マイクはエディスとディナーの約束をしていたのだが
忙しくてすっかり忘れていたのだ。

翌日、ハードマンがパートナー会議に出席し、ジェシカはパートナーたちに
ハードマンの復帰を正式に伝える。
ハードマンが挨拶を終えると、早速ジェシカは
プレスコット病院と看護師組合の交渉の案件について始める。
双方ともストは避けたく和解が望みだ。
ハードマンは、プレスコット病院は元々、自分が獲得したクライアントであり
担当を任せてくれとジェシカに言うが、彼女はすでにハーヴィーに任せたと言って断る。
ハードマンはそれを疑い、ハーヴィーに資料を見せるよう言うが
ハーヴィーが断ったため、後でハーヴィーのオフィスに行くと言う。

実は、ハードマンの疑いは正しく、ハーヴィーは何も聞いておらず
ジェシカに話をあわせただけだった。
ジェシカのオフィスで彼女は、ハーヴィーに名誉挽回のチャンスを与えたのだと言う。

ハーヴィーは、祖母が泊まって寝不足気味のマイクに
プレスコット病院と看護師組合の交渉の資料を、レイチェルからもらって来るよう指示する。
レイチェルと別れたばかりのマイクは焦る。
それからハーヴィーはマイクが持っている、簡単な無料弁護の案件を4つ出すよう言う。

レイチェルは、自分のところへ、何故かドナが資料を取りに来たことを訝しく思い
マイクがビビッていること察する。

ハーヴィーは先手を打って、ハードマンに資料を持って行く。
そして人が変わったという証拠に、無料弁護の案件をしろとハーヴィーはハードマンに迫る。
ハードマンはハーヴィーに証明する必要はないと言い
2人は事務所でのお互いの立場を巡って言い争う。

5人目の担当となったハーヴィーは、看護師組合代表のネルに和解金額を提示する。
いささか強引だが、病院が倒産すれば元も功もなく、ここらで潮時だと。
だがネルは昨日、病院の新しい銀行口座に入金があったことを知っていて
提示額に不満だった。
しかしその口座の金はロボット外科手術の発展のための寄付金を集めた資金であり
法的に看護師の人件費アップに使うのは無理だった。
マイクが説明してもネルは納得がいかず、交渉は決裂する。
この後は、看護師たちのストライキ突入となり
ネルはストライキ用の基金を使って病院に対抗するつもりだ。

オフィスでルイスがハードマンからもらった最新型の口述用レコーダーを活用していると
怒り気味のジェシカが、アソシエイト調査の結果が出たと言って入って来る。
事務所が職場環境で下から2番目となり、ハーバードが
学内でのリクルートを断ってきたのだ。
それを聞いたルイスは怒り心頭で「任せてください。」と言ってオフィスを出て行く。

ドナは失恋したレイチェルを心配して、飲みに行こうと誘う。

ハーヴィーは看護師組合に対して、ストの差し止め命令を出すとマイクに言う。
だが過去の労働争議の資料を見ても、差し止め命令は絶対無理だとマイクは反対し
一時的停止命令にしたほうが無難だとハーヴィーに言う。
しかしストが延期になるだけでは意味がなく、必要なのは差し止め命令だった。
ハーヴィーはマイクを残して、裁判所へ向かう。

ルイスはアソシエイトたちを集めて、ロースクールから視察を呼んだと伝える。
自分の指導の下、アソシエイトたちがいかに楽しく働いているか見てもらうのだ。

ハーヴィーが裁判所へ到着すると、すでにハードマンが来ていた。
ハーヴィーは訝しがるが、ハードマンは事務所の代表として来ただけだと言う。
審問開始まであと約5分という時、判事はハードマンの申し立てへの決定を出す。
それは一時的停止命令だった。
ハーヴィーは怒りで顔が強張る。

++++++++++++++++++++++++++++++++

 

>>>Read more

スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: SUITS
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
Suits: Season Two [DVD] [Import]Suits: Season Two [DVD] [Import]
(2013/05/28)
Suits

商品詳細を見る


出社したジェシカは、ハーヴィーと共に
事務所内で大掛かりな改装工事が行われているのに驚く。
工事はハードマンが自分のオフィスのため勝手に始めたものだった。
オフィスにジェシカのティーセットまで運び入れるつもりだと気づいて
ジェシカは彼の宣戦布告だと受け取る。
そこへルイスが現れ、ハードマンに“全案件の概要”を作れと命令されたと言い
誰がボスなのかはっきりしてくれとジェシカに言う。
ジェシカは、ハードマンと自分の諍いをルイスに知られたくなく
自分がボスだが、ハードマンに頼まれた仕事を任せるとルイスに言う。

マイクはレイチェルに気持ちを伝えようとするが、レイチェルがルイスに呼ばれたため
キスをして一言「メッセージを聞いた。」と言う。

ジェシカはハードマンを攻撃すること決め、彼を孤立させる作戦を立てる。
そのためには全ての部門をジェシカ側に味方につけなければならないが
ジェシカだけではできない。
かと言ってハーヴィーはドナ曰く、その優秀さゆえにほとんどの部門からの嫌われ者で
唯一接点のない倒産処理部門だけは説得できる望みがあった。
ジェシカは早速、倒産処理部門のポール・ポーターを手なずけるよう
ハーヴィーに指示するが、ジェシカもハーヴィーもポールは苦手な人物で
彼は黒人女性のジェシカを差別からか嫌っていた。
ハーヴィーは渋るが、投票になればポールの一票さえ大切なのだ。

マイクはハードマンからアソシエイトに差し入れされた
オムレツバーに大満足でご機嫌だ。
そんなマイクに、ハードマンに乗せられるなとハーヴィーは釘を刺す。
ハーヴィーはポーターを調べるようマイクに指示を出す。
ポーターの担当案件から徹底的に弱みを見つけ出すつもりだ。

トップが2人になり、ルイスはどっちにつくべきか戦略を立てたく
ドナから戯曲のチケットをエサにして情報を得ようとする。

マイクはレイチェルにジェニーと別れたことを伝え
デートの約束を取り付ける。

ハーヴィーはポールをランチに誘う。
ポールはハーヴィーの目的を見抜いていた。
彼はこの5年の間に、ジェシカに3階下の46階のオフィスに
下げられたことを恨んでいた。
ハーヴィーは、ポールにジェイカの側についてもらう交換条件として
ポールが大口クライアントを失いそうになっている
“マディソン25”の件を手伝うと約束する。
ポールによればクライアントのトム・クラパリッチは難物な男で
さっさと倒産を申請すべきなのに、自分が正しいと思い込んで
マディソン25の建設を止めなかった。

ハーヴィーとマイクはマディソン25の建設現場へ行き、トムと会う。
トムは建設を中止して従業員たちを路頭に迷わせる気はなかった。
しかし明後日には2億5千万ドルの返済期限が迫っているが
建物が完成してないばかりか、不況で賃料を下げても
テナントの入りは見込めなく融資を受けるのは無理だと言って
倒産するようハーヴィーたちはトムを説得する。
だがトムは破産は家名を傷つけると言って、頑として聞かなかった。
破産以外の方法を探すようトムに言われたマイクは何かを思いつく。

++++++++++++++++++++++++++++

 

>>>Read more

Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: SUITS
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
Suits: Season Two [DVD] [Import]Suits: Season Two [DVD] [Import]
(2013/05/28)
Suits

商品詳細を見る


WOWOWでお正月に一挙放送されたシーズン2の第1話。

突然ジェシカにディナーに呼ばれ、秘密がばれたのだとビクついたマイクは
ハーヴィーに相談する。
しかしハーヴィーは昇進話だろうと言って、マイクの心配を気にも留めない。
それよりハーヴィーの心配はクライアントのドレッカー出版の合併話だ。

ジェシカとのディナーに出かけたマイク。
最初はジェシカの話で盛り上がるが、その後ジェシカはマイクに
ハーバードの事を聞き始める。
法学を学ぶことにした動機をジェシカに尋ねられたマイクは
11歳の時に飲酒運転の車に両親の乗った車が追突され、両親が死亡したことや
その後、祖母に引き取られたこと、後で加害者に酒を出したレストランにも責任があり
闘うべきだったと気づいたことを話す。
何も出来なかったことを後悔し、もう2度とあんな思いはしたくないと
マイクはジェシカに打ち明ける。

暗くなった事務所に戻ったジェシカを、ハーヴィーが彼女のオフィスで待っていた。
ハーヴィーも内心はやはり、今回のことを訝しく思っていたからだった。
理由を尋ねるハーヴィーに、ジェシカはマイクの秘密がばれたことを伝え
彼がマイクの秘密を知らなかったことにしておくと言う。
でなければマイクと共にハーヴィーも解雇だ。
ジェシカはハーヴィーに、上司としてマイクを解雇しろと命令する。

翌朝、ドナはハーヴィーの様子がおかしいことから
マイクの秘密がばれたのだと見抜く。
ジェシカとのディナーが上手くいったと思い、上機嫌で出社したマイク。
ハーヴィーが解雇を言い渡そうするがそれを遮り
合併する出版社への嫌がらせ訴訟は、元社員マエラがアイデアを盗まれたと思い込んで
訴えているものだった。
マイクの考えた対策は、ハーヴィーのマネをして先手必勝で
マエラを押し潰すというものだった。
ハーヴィーは考え直し、マイクに解雇通告をするのを止める。

何も気づいてないマイクは、マエラに会いに行き
彼女に何も話させぬまま、訴訟を取り下げるよう事務的に話を推し進めていく。
だがマエラから、話も聞かずにデタラメと決め付けていると非難され
彼女の話を聞くことにする。
マエラによれば5年間、アシスタントの仕事をしてやっと浮かんだアイデアを
友人のように信頼していた上司に話したら、アイデアを作家のジェンキンスに渡して
彼女を閉め出してしまったのだ。
マエラはアイデアはもう浮かばないだろうし、正当な対価が欲しいだけだと
マイクに訴える。

マイクを解雇してないことがジェシカにばれないようにとハーヴィーは考え
ルイスにマイクを2、3日、一時解雇するよう頼む。

マイクが事務所に戻る途中、ジェニーがマイクを呼び止める。
ジェニーはレイチェルとマイクがキスしたことを知っていて
マイクの気持ちを疑っていた。
マイクはジェニーから、トレバーがジェシカにマイクの秘密をばらすと
言っていたと聞いて、顔が真っ青になる。

事務所の設立パートナー、ダニエル・ハードマンの妻アリシアが亡くなった。
ハーヴィーは、ダニエルが事務所に戻って来ることを危惧する。
何故なら5年前、ハーヴィーとジェシカがダニエルの浮気を
アリシアにばらすと脅して、ダニエルを事務所から追い出したからだ。
アリシアが死んだ今、その脅しはきかなくなってしまったのだ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

>>>Read more

Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: SUITS
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。