海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2009年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
久々の特派員活動してきましたー。
今回はイギリス気分。
なんでってイギリス版の「America'sNext Top Model」と
イギリスが舞台で始まった「BONES4」だったから。

ではでは2つの番組の紹介を♪

まずは
★「UK's Next Top Model」

いきなりですがゴメンナサイ。
オリジナル版も観たことなんですよねぇ(大汗)
ロンドンに、イギリス全土から20歳前後の12人のトップモデル候補が
終結してのバトルが始まるのですが
このタイプの番組って、いつもパス~~~。
なんていうんですかねぇ、ドラマでもドロドロな人間関係が苦手なのに
こういう勝ち残り番組で見える人の本心っていうのも
なんかひけちゃって(汗)

ところが!ですよ。
ラテンドラマを観始めたら、可愛いものじゃないですか(爆)
髪の毛引っ張り合いの「ディアナ」から比べたら
大人しいものです、ハイ…。
相手に不満を持っていても、あからさまに意地悪するわけじゃないし
不満なのは自分を批難する審査員に対してであって
ここは精神力の勝負のしどころかなってところ。
でも、この弱さが仲間の環を壊し始めて
あちゃちゃな関係に発展してってことにもなっていくのですが。

久しぶりにこういう番組を観たら、案外面白いじゃないの!って
気になりました。

第1回目はキャットウォークやら写真撮影やらを評価され
一人消えていきますが、個人的に思えば、いつも怒っているように
しか思えないオネェさんが消えるかなと思えば…。
やっぱり美貌とかじゃなくて、個性的で目が生き生きしている人が勝ちかな。
カメラに映ると断然、表情が豊かとか。
そういう人たちって、おのずと番組でも目立つ人たち。
泣いたり怒ったり笑ったり、さまざまな表情が渦巻きます。


★「BONES 4」第1話「Yanks in the U.K.」

前シーズンのラストはもう、もう、ビックリという言葉じゃ
表現が弱すぎるってほど驚きました。
こんな展開って、意外っていうのを通り越して怒っちゃったかも!
この傷跡をどう、登場人物は乗り切るのかって心配していたら
結構、思うほどには乗り切っていたりして(大汗)

シーズン4のオープニングはイギリスが舞台。
ブレナンはオックスホード大学、ブースはロンドン警察に講義をしに
一緒にイギリスに滞在。
そこで、まるでブレナンとブースの逆バージョンの
考古学者のイアンと女刑事ケイトが登場。
その係わり合い方もコミカルで今回の見所。

不動産業だったかで財を成したアメリカ人・ロジャーの娘ポーシャの車が
テムズ川の底から引き上げられる。
運転席にはポーシャの白骨化した遺体が。
骨を調べると頭を殴られた痕があった。

その後の調べでポーシャは妊娠していたとわかる。
ロジャーの若き婚約者から、ポーシャがハリーと付き合っていると
聞いたブレナンとブースは早速ハリーに会いに行くが
ハリーは公爵の息子。
貴族階級が根強いイギリスで、あくまでアメリカスタイルで
調査を進めるブース。

車のハンドルも左じゃなくて右、交通ルールも違い
イライラを爆発させながら、ブレナンとブースは真相を
掴んでいくのだが…って展開。

アンジェラの謎の夫、グレイソンもついに姿を現して
ホッジスと対決なーんて展開も、初回からあったり。

イアンに口説かれるブレナンの態度も感心?

初回から、ギャグも満載でスイーツはついにレギュラー!

テレビ放送は初回、2時間スペシャルってことです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆UK's Next Top Model

2009年10月10日(土) 21:00~ FOXライフにて スタート! 



ドレスアップする季節がやってきた!

10月のFOXライフは"ファッション・マンス"と銘打ち、1ヶ月間まるまるファッション番組満載でお届けします。「UK's Next Top Model」などファッション関連のリアリティショー&ドラマが続々登場。またFOXライフが発信するミニ番組"FOXlife TREND"もスタート。秋・冬の最新情報をお送りします。

 《 http://tv.foxjapan.com/life/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆BONES シーズン4

10月16日(金)23:00~ FOXにてスタート!



大人気!”骨“を頼りに事件を解決!ブレナンと相棒のブースの絆はさらに深まる!

学者肌で超理論派、法人類学者のブレナンと、直感的で体育会系のFBI捜査官ブース。この全く異なるタイプの2人が現場に残った被害者の“骨”から証拠を見つけ、事件を解決へと導くドラマ。二人の恋の行方は?!

 《 http://tv.foxjapan.com/fox/



 
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: 試写会
編集[管理者用] Trackback(6) Comment(18) 
シーズン・フィナーレ。

冒頭シーン。
エレンが泊まるホテルの一室。
パティに向け銃を撃つエレン。
そこから時間は
パティがエレンの部屋に迎え入れられた時
まで逆戻りする。

パティはオリバー判事とケンドリック、彼の新しい弁護士を交えて
裁判のミーティングをする。
ケンドリックが有罪だと意気込むパティだが
重要証拠であるカーナビのデーターが
パティたちに盗まれたSUVのものであることが倫理規定に反し
このままではケンドリック側が有利だと判事に忠告される。

エレンはオリバー判事の買収に二の足を踏むパティに
自分を使って判事の買収をするよう勧める。
パティは悩んだ末、エレンにオリバー判事から買収額を
聞き出してくるよう指示する。

メッサーからエレンの殺害を急かされていたウェスは
メッサーに会い、エレンの殺害をきっぱり拒否する。

エレンはトムに会う。
トムはエレンが何故パティを裏切るのか
その理由をエレンに尋ねるが、エレンは口を閉ざす。
別れ際、エレンはトムに余計なことはするなと釘を刺す。

ホテルの部屋に戻ったエレン。
エレンを見張っていたメッサーは、部屋へ忍び込み
エレンを殺そうとする。
だがメッサーの行動を予測していたウェスは
メッサーを追い返す。
ウェスには逮捕状が出ていた。

パティはダニエルに面会に行き、協力を仰ぐが断られる。

オリバー判事から買収額を聞き出したエレンは
パティに報告し、買収を進めてもいいかと聞く。
だが勘のいいパティは、不穏な物を感じ、買収を躊躇するが
エレンは裁判のためだと言って強く買収を勧める。
しかしパティは、大穴狙いでギャレティに証言をもちかけに行く。
成功すれば判事を買収しなくてすむからだ。
だがギャレティは証言を拒む。

エレンを殺し損ねたメッサーは、エレンに刑事として直接会う。
そしてエレンにトールデンがデイヴィッド殺害に関与していると
ほのめかして、自分はそれを内密に調査していると
彼女を信用させようとする。
エレンは早速、私立探偵を使いメッサーの身上調査をするが
メッサーは評判が良く、エレンはメッサーを信用する。

フロビシャーは新しい会社を始めようと
“環境に優しい建物”を建設中だ。
妻との復縁を願っていた。

マイケルが大学の願書を出してないことに気がついたパティは
怒り心頭でマイケルを問い詰める。
マイケルは、理由をパティを守るべく側にいたいからだと言うが
ジルとのこともあり、マイケルを家から追い出してしまう。

その夜、夢を見たパティはエレンを呼び出し
訴訟も判事の買収もしたくないとエレンに打ち明ける。
エレンは手を引くべきではないと、パティを説得する。
パティは「明日の今頃には、きっとすべて片がついている。」と言う。

エレンはパティが買収に踏み切ると確信し、ワーナー捜査官に
報告する。
一方、パティは教会でデイヴと密会する。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 

>>>Read more

Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: Damages
編集[管理者用] Trackback(2) Comment(4) 
2009.09.28/ 16:07(Mon)
9月に溜まってしまったドラマも消化できず
このまま10月に突入~。
以前と比べると本数は減っているけれど
ラテンで時間はかなり圧迫。でもやめられない(爆)

ラテン・ドラマ
ディアナ(月~金)
セカンド・チャンス

AXNは放送予定日&時間が変わって要注意。
ヴェロニカ・マーズ2
チャームド6

今月で終わりのドラマ。
Dr.HOUSE4
MENTAL(溜め込み中)

消化したかったのにできなかった
NCIS4(2話ぐらい溜まっちゃったな)
BURN NOTICE2(一気観しようと思っていたけれど…)
マードック・ミステリー(溜め込み中)
CI2(シーズン1みたいに一気にこなせるのか?)
プリズン・ブレイク3(暇になったら観よう)
satisfaction(時間があればこなせるのに)
と言い訳をブツブツしながら

でも!順調にこなし今月も続く
HEROES3
コールドケース5
なんてドラマもある(2つか!?)

そして怒涛の新番組
CSI:マイアミ7
Life~真実へのパズル(BOBのダミアン・ルイスが主演)
グレイズ・アナトミー5(意地かも?)
BONES4
9mmサンパウロ市警捜査班(先行といいつつ4話)
SVU5
魔術師マーリン
ER 15(これこそ意地)

他にも先行ドラマやWOWOWのプレミアドラマがあるけれど
HDDと相談しながらの視聴かリタイアか。

何せ観ようか消去しようか迷っているドラマ
プッシング・デイジーとかそういうのが多数
最後だけ何故か観ていない
サンクチュアリ
SVU4とかもあったり
ちょっと、ここらへんから本格的に攻略しないと…。

 
編集[管理者用] Trackback(1) Comment(6) 
エレンはウェスに会い、ウェスと付き合うには
心の整理が必要だと告げる。

ランドールとワーナーは、FBIがパティを何年も追い続けたのに
未だに決め手となる証拠が何も見つからないことを不審に思う。
乳児訴訟でも寸でのところでトムの気が変わったのが解せない。
そこへワーナーの元妻・パムから電話が鳴る。
ランドールは執拗なパムの電話を心配するが
ワーナーの電話の相手は男だった。

6週間後。
エレンが住むホテルの一室。
パティとエレンの会話を盗撮するワーナー。
ランドールの姿はない。
パティを追い詰めるにはこれが最後のチャンスだと
ワーナーは思っている。
そしてエレンが銃を発射。
ワーナーは驚愕する。

現在。
フィルはエネルギー長官の候補にあがる。
決定するのは今週末だ。
パティはマイケルの大学合格の通知が来ないことを心配する。
そしてマイケルが付き合っているガールフレンドのことも。
パティはマイケルに、金曜日にガールフレンドを
紹介することを承諾させる。


クレアの勤続20年を祝うパーティーが開かれる。
クレアは不仲の父親が出席し嬉しく思う。
その席でケンドリックは、パティと和解すると決めたとクレアに話す。
デイヴに大金を積んででもパティと和解するよう勧められたからだった。
そうとは知らないクレアはケンドリックの決断に納得がいかなかった。
株価が戻れば裁判で勝つのはケンドリックだと確信していたからだ。

ワーナーを心配していたランドールは
ワーナーが忘れ物を取りに行っている間
携帯電話にパムからの着信が入ったのを見て
思わず電話に出てしまう。
しかし相手はパムではなく男の声で
ランドールはワーナーが不審な人物と付き合っていることに気がつく。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

>>>Read more

Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: Damages
編集[管理者用] Trackback(1) Comment(2) 
2009.09.24/ 16:27(Thu)
ドラマが録画されてて、ひきつり笑いが。。
ここまでくると、やけっぱち!
えーい、上から観ちゃえ…なんだけれど
でも考え直して、まず観たら即消去のドラマから観ないと。
それにやっぱりラテンドラマからかな(爆)とね。
ディアナとセカンド・チャンス6話分をせっせとこなし
ラテンを消化。
やっとチャームド、ダメージ(火・水分)まで。

ディアナなんて、旅行の初日、首都高で新宿都庁横目に
今頃、放送してるんだって、ディアナのあの哀しいメロディーが
頭の中でグルグルと。
セカンド・チャンスは、イザベルがアンドレを殺すかどうかの
ところまで観てたけれど、それでだいぶ引っ張るのかなぁと
思ってたから、そのわりに落ち着いちゃっていたかも。

でも、どちらも面白い展開に変わっていたのね~。

ディアナはさすがラテンの激しさ!って感じ。
清純ですごく良い娘だったディアナが復讐心でいっぱい。
ガリにまで、こうすればラリを傷つけられるなんて知恵を与えて
立派なずる賢い悪女じゃん。
同じくどのドラマでも復讐心でいっぱいなビクトリアじゃなくてガピオタが
娘2人を率いて、屋敷に乗り込み
今まで、彼女たちを虐げてきた人達へギャフンと言わせる。
まっ、今までの鬱憤があるだけに、ここで発散できて
観るほうもストレスは減るけれど
主人公が耐え忍ぶドラマじゃなくて、激しく復讐バトルを繰り広げるドラマ
だったのねぇと気がついたかも??
娘たちの復讐はこれぐらいでもういいんじゃないかって思うけれど
あのビクトリアじゃね~。

パコとレネが好みかな♪
パンチョは最近目の離れぐらいが気になっちゃって。
ディエゴは嫌な夫に成り果てたけれど、こうさせているのは
ディアナの責任でもあるんじゃないかって思っちゃう。
それでもディエゴのあの根暗で嫉妬深い状態はうんざり。

セカンド・チャンスのほうは、ついにアンドレが殺されちゃう。
殺されちゃう前に正気に戻って、ペドロがサルヴァドールって言うのかと
思ったけれど、曖昧な言い方でイザベルには伝わらなかった。
正当防衛とも言えるけれど、ちょっとそれは無理かもねぇ。
で、ここからの展開がまた新展開でなるほどって思っちゃう。
イザベルが殺人犯として一生苦しむのはサルヴァドールにしたら
復讐が叶って嬉しいはずだけれど
彼女の告白を聞いて、自分も共犯だって気分になる。
そそのかしたものね、サルヴァドールって。
イザベルはサルヴァドールを共犯だって言ったけれど
それは周囲の人の目にも徐々にそう思われていきそう。
イザベルは自分の殺人を誰も疑っていないと思っているけれど
他のみんなの目には、怪しいって映っている。
アンジェラもサルヴァドールとイザベルの仲に疑いを持ち始めたようだし
アンドレの愛人は葬儀で名前こそ出さないけれど
サルヴァドールを見て、2人が手を組んだ殺人だって
言い放ったわけだし。

サルヴァドールはヴァレリアとの幸せな生活を望むけれど
サルヴァドールがしたことを考えると
彼にも罰が訪れるのかも~~~?な展開。

どちらも目が離せないドラマだな。
 
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: その他のドラマ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
2009.09.18/ 13:17(Fri)
今回の大型連休はゴールデンウィークならぬ
シルバーウィークと言うそうですが
ちょっとお出かけするため、その間、お休みします。

いつも足を運んでくださる皆さん、ありがとうございます。
帰ってきたら、たまったドラマをこなして
(いっぱいたまっちゃうんだろうなぁ)
また更新再開したいと思います♪
 
Category: ご挨拶
編集[管理者用]
追い詰められたピートは、妻の薬を大量に飲んで自殺を図る。
そして今回。

エレンはデイヴィッドの幻覚を見る。
デイヴィッドはプレゼントを何故、開けないかと問う。
デイヴィッドとの会話を楽しむエレンだったが
電話が鳴り、現実に引き戻される。

電話はFBIからでピートが自殺を図ったとの知らせだった。
ピートはこん睡状態で危篤状態だった。

ピートを見舞ったパティはピートの妻から、自殺の直前に
パティの依頼人と称した男たちとピートが出かけたことを聞く。
パティは意識のないピートの姿を見ながら
小さい頃のピートとの思い出を思い返す。

FBIと密会したエレンは、ピートが意識を取り戻した場合
再び刑務所に行くかパティを売るかの選択をさせると聞かされる。

フィルはデイヴに呼び出され、アルティマ・ナショナルに
今のうちに投資し儲けるようアドバイスされる。
デイヴは口コミ情報だと前置きした上で
ケンドリックが個人投資家を複数、集めたため
近日中に莫大な資本が投入され、株価は跳ね上がると言い切る。
フィルはパティとの利害の衝突を恐れるが
デイヴは株価が上がれば原告団は訴訟を中止し
パティは負けるだろうと言う。
だがフィルは、パティは負けないと断言する。

フロビシャーは熱心に通うスピリチュアル・カウンセラーのマヌに
自分が撃たれた土地を見せ、ヒーリングセンターを建設し
運営をマヌに任せたいと言う。

パトリックはピートに言われ逃げていたが
ピートのことを聞きつけて戻って来る。

エレンはパティからパティの父親のことを聞く。
短気だったパティの父親はある日、突然家を出てしまい
その後はピートがずっとパティの面倒を見てくれていたのだった。
パティはエレンがFBIの協力を断ったという嘘を信じ
そのため、今度はピートにFBIが近づいたのだと思っていた。
エレンは意識が戻れば、FBIはピートにまた近づくだろうと
パティに話す。

マヌのところでヒーリングをしているフロビシャーに
メッサーがウィルと会いに行く。
ウィルはエレンが病院でフロビシャーを狙ったことを話す。
エレンはパティの力でデイヴィッド殺しの真相を探り出しているため
メッサーは、フロビシャーが訴訟を取りやめ
パティと関わらないよう忠告する。
だがフロビシャーはマヌの教えにはまっているため
責任を取る準備が出来ているとメッサーに言う。
自分の身を案じるメッサーは当然のごとく、フロビシャーの考えを
受け入れる気はなかった。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 

>>>Read more

Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: Damages
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
フィナーレ。
泣いても笑っても、ここでついにオシマイ。

ハンガリー・ブタペストのニューロ収容センターでは
新所長もハミルトンに決まり、オフィス他、改装工事の真っ最中。
ジェーンたちのチームは帰国するためハミルトンを
明朝の10時に迎えに来ることになっている。

翌日、収容センターの司令室にすでに来ていたアンドレとライリーは
この2日間、モーガンと連絡がとれず不安を募らせる。
モーガンの自宅の電話もつながらず、危険を感じたアンドレは
壊滅時の緊急通信RIO62を使って本部と連絡を取ろうとするが
アンドレが伝えた部署コードは登録されておらず
モーガンという職員はいないと言われてしまう。
アンドレはライリーにモーガンへの連絡を何とかしてするよう指示すると
ハミルトンに会いに行く。

コナーは司令室に向かうためエレベーターに乗る。
だが、その頃、何者かたちが、ハミルトンや警備員たちを次々と
殺していく。
アンドレはハミルトンのオフィスで彼の死体を目にし
事の重大さに気がつく。
センター内の電源が一斉に切れ、アンドレの指示の下
ライリーは警備システムを手動にし館内を全封鎖する。

電源は非常用に切り替えられ、一部復旧したが
その間にも職員たちは次々と襲われる。
エレベーターに閉じ込められたコナーは自力で脱出し
ジェーンは北東の階段にいたが入り口が封鎖されたため
強行突破してセンター内に入り、それぞれ司令室を目指し移動する。

その後、ライリーが調べたところ、特に危険なニューロが
収容されている区画“レッド”の独房が複数開いているのがわかる。
アンドレは直ちに警備員たちにレッドへ緊急に向かうよう指令を出すが
警備員たちは脱走した4人のニューロたちに、ひとたまりもなく殺されていく。

ライリーはコナーが配線盤の近くにいることを確認し
通信でコナーに配線盤を直すよう指示を出すが失敗する。
完全に復旧させるためには地下にあるメインシステムを直すしかない。
コナーは地下へ向かうが、そこで脱走した4人のニューロと鉢合わせする。
コナーは命がけで一人を仕留め、なんとかアンドレたちと合流する。

一方、ジェーンは、やはり通信でライリーの指示通り司令室に向かうが
階を間違えてしまう。
そこへ生き残った3人のニューロと鉢合わせする。
そこでジェーンの通信が途切れてしまう。

アンドレは警備員と共に脱走したニューロたちを捜索する。
だが警備員たちはニューロたちに殺される。
アンドレは脱走したニューロたちがチップを外されていることに気がつく。
ニューロを使いセンターを襲わせた黒幕は、センターを消し去り
ニューロを再び世に放とうとしていると悟る。

ニューマン医師はこのままでは危険なため、ニューロの能力から
バリアで守る緊急避難室へ行くことを勧める。
アンドレとライリー、コナー、ニューマン医師は
再び連絡のついたジェーンが合流するのを待つ。

ジェーンはニューロたちに追われ
すんでのところで避難室に逃げ込もうとするが
ライリーは監視カメラの映像のジェーンを見て
アンドレの反対を押し切り彼女を閉め出す。
ジェーンにハミルトンのオフィスのペンキがついていたからだ。
ジェーンはニューロたちに追いつかれたが
ニューロたちはジェーンを襲う素振りはなく
アンドレは自分たちがジェーンに騙されていたことにショックを受ける。

ジェーンはカメラに向かい「すぐに殺してやるわ。」と
アンドレたちに言い放ち、ニューロたちを従えて姿を消す。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 

>>>Read more

Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: Painkiller Jane
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
エレンの部屋にケイティが映画の約束の時間より早く訪れる。
エレンに、デイヴィットとエレンのアパートの敷金を渡したかったからだ。
ケイトはエレンにはすでに管理会社から連絡が入っていると思っていたが
エレンは知らなく、荷物もすでにケイトの両親が梱包してあると聞いて
ショックを受ける。
もう一度だけ、部屋を見に行きたかったからだ。
しかしケイティは悲劇のあった部屋へ行くことを反対する。

パティは全国ネットのテレビ局のトーク番組で
ケンドリックと彼の会社アルティマ・ナショナル・リソースを
悪質だと批難する。
そしてアラサイトの及ぼす健康被害にも触れ
ダニエルの妻が、ケンドリックに殺害されたとはっきり言う。
その発言でアルティマ・ナショナル・リソースの株価は下落。
事態を重く見たクレアはケンドリックに
パティを名誉毀損で訴えるよう強く勧める。
ケンドリックはマスコミの注目を集めるのを恐れ躊躇するが
フロビシャーに戦うなと忠告され、逆に訴訟を起こす決意をする。

―7週間前―
部下に何かを指示するケンドリック。

パティはトムにダニエルの妻殺しの証拠はないのを承知で
ケンドリックを挑発したことを認める。
パティはトムにクレアの経歴を徹底的に調べさせる。

ホテルで落ち合ったダニエルとクレア。
ダニエルはクレアにパティの取った行動は宣戦布告だと忠告する。
クレアはダニエルに別れを告げる。

ケイティは引ったくりにあい、第9分署に訴えに行く。
担当の警官が書類を取りに行く間
ふと立ち話をしている警官たちの姿が目に入る。
警官の一人の顔を見たケイティはその警官が
かつて自分を尾行していた男だと気がつき
携帯電話のカメラで写す。
ケイティの行動に気がついた警官はその場を立ち去る。

ケイティはエレンにそのことを話し
警官が気がついたのが怖いと訴える。
エレンは警官とフロビシャーとのつながりを考え
ケイティに自分に任せるよう言う。

エレンは早速、FBIに話し警官を調べてくれるよう頼むが
FBIは担当が違うため捜査権限はないと
エレンの頼みを断る。

FBIに断られたエレンはパティに助けを求める。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++
 

>>>Read more

Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: Damages
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
シーズンフィナーレ。

ついに明日はブレンダとフリッツの結婚式。
準備もいよいよ大詰め。
常々、シンプルな結婚式をと望んでいたブレンダを尻目に
クレアとブレンダの母は2人が泊まるホテルの部屋の飾り付けを
どうするかで張り合っている。
後日に親戚の大集会もあったりで、ブレンダは頭が痛いが
しかしその後はイタリアへの新婚旅行が待っている。

頭を抱えるブレンダと、慰めるフリッツの上空を
慌しくヘリコプターが飛んでいく。そしてパトカーのサイレンの音も。
ブレンダは事件かと気になり、プロペンザにフリッツに内緒で
こっそりトイレの中で電話するが電話に出たのは留守番のポープ。
ブレンダはポープから特捜班の出動先を聞き出す。

トイレから出たブレンダはフリッツから仕事に行くと聞かされ
言葉を失う。
2年間もの間、フリッツが追ってきたエルという大物犯罪者が
麻薬取引に現れると情報が入ったのだ。
フリッツにしてみればやっと逮捕できるチャンス。
夜には家に戻る約束で、フリッツは仕事に出かけてしまう。

ブレンダは飾りつけは母とクレアに任せることにして
特捜班が出動したデートクラブ強盗の現場に行く。
デートクラブ強盗は最近、連続して起こっていて
今回は支配人が撃たれ死亡、従業員の女性も肩を撃たれて
病院に搬送され手術中だ。
金庫の4万ドルが盗まれた。
しかし他の事件と今のところ関連性は見つからない。
ブレンダは強盗にあった複数の店で働いている人物がいないか
調べさせる。

その後、店の監視カメラの映像を確認すると
女性は怪我をしたケリーを除いて4人いたはずだったが
エリスという従業員が姿を消していた。
ほどなくエリスは見つかり事情聴取するが
事件が大事だとわかると、エバンという弁護士を呼ぶと言い出す。
弁護士を待つ間、エリカはブレンダの嘘に引っかかり
ケリーに頼まれコカインを隠すよう頼まれたと白状する。

ガブリエルとダニエルズの諍いは発展し
職場で大喧嘩をする始末。
プロペンザは堪忍袋の緒が切れ、2人に移動願いを出すよう
上司として命令する。

*ケリー役は「ザ・シールド」のコニー役だったJamie Anne Allman

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

>>>Read more

Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: The Closer
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
セカンド・チャンス DVD-BOXセカンド・チャンス DVD-BOX
(2009/02/25)
アンドレス・ガルシアマリオ・シマロ

商品詳細を見る


100話目前でやっと、大きく展開が進んだ~。

サルバドールの正体を悟ったアンドレは正気を失う。
工場からアントニオたちに屋敷へ連れ戻されるものの
狂気の狭間をさ迷うアンドレ。
その姿に恐怖を感じるアンジェラたちは病院へ入れたがるが
イザベルの退院を待つことに。

アンドレに暴力を受け入院したイザベルを見舞ったサルヴァドール。
イザベルはアンドレに殺されないかとサルヴァドールを
心配していたと気持ちを伝える。
そこへヴァレリアが医師とともに現れ
イザベルを心配し彼女の元に残ると言うが
結局、サルヴァドールがヴァレリアを屋敷まで送っていくことになる。
イザベルのことを心から心配するヴァレリアに
アンドレの状態を教えると、サルヴァドールは愛おしそうに
ヴァレリアの額にキスをする。

イザベルが予定より早く退院し屋敷に戻ってくる。
イザベルはアンドレが正気を失ったフリをしているだけではないかと
疑うが、アンドレの様子を確かめ、本当だとわかり愕然とする。
イザベルはアンドレを精神病院へ入院させるか決めかねているが
そんなイザベルにレベッカはアンドレの味方をし
今こそ妻が必要だ、アンドレはイザベルの夫だと言うことを
忘れるなと忠告する。

そこへアビゲイルがアンドレに会いに屋敷を訪れる。
イザベルは彼女が裏切ったことを悟っていて
アビゲイルに激しい怒りをぶつける。
2人は罵り合い、アビゲイルはアンドレの状態もわからないまま
帰っていく。

しかし愛人のことをアビゲイルが口にしたため
それを聞いたレベッカに愛人がいるとばれてしまう。

アンドレの状態はいっそう酷くなっていき
イザベルの精神状態も追い詰められていく。
そしてイザベルは苦しい胸の内を
愛するサルヴァドールに伝えに行くが…。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 

>>>Read more

編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
バイオニック・ウーマン DVD-BOXバイオニック・ウーマン DVD-BOX
(2009/09/16)
ミッシェル・ライアンケイティ・サッコフ

商品詳細を見る


ジョナスはバーカットとCIAのメンバーの名前が載ったリストを
武器の密売人のヴィクター・ブースから
客を装って買い取る計画だったがバレて部下を失う。
一味の一人は重傷ながらも生きていて
ジョナスはルースを使って、次の売買がパリだと聞き出す。

ベッカは最近、音沙汰がないブレナンが
今夜、友達のパーティーに来ると知り浮かれる。
ジェイミーは“恋は駆け引き”と妹に忠告する。
頭にあるのはトムのことだ。
あれから、ジェイミーが連絡しても
トムから、電話がかえってくることはなかった。
しかしベッカに煙草もお酒も駄目と釘を刺すのも
忘れなかった。

ジェイミーはジョナスからCIAと手を組んで
ヴィクターからリストを奪還する任務を言い渡される。
ヴィクターは整形を重ねていて影武者も使い素顔は謎だった。
ジェイミーはトムを指名しジョナスに連絡させる。

ジェイと猛特訓を重ねるジェイミー。
そこへトムが現れ、ジェイミーは9日ぶりに彼と再会する。

バーカットの主要メンバーとトムはパリへ飛ぶ。
ジェイミーとトムの任務は売買のある大使館のパーティーへ
乗り込み、特定の難しいヴィクターを探し出すことだ。
そしてヴィクターを拘束し、リストの流出を防ぎ
名簿に載ったメンバーやその家族を守らねければならない。

パリのホテルに到着したジェイミーとトムは
夫婦と装うことにする。
トムはジェイミーにダイヤの指輪を渡す。

フランスのCIAの作戦基地に合流したルースとネイサンとジェイ。
ネイサンは極秘ルートで虹彩認識ソフトを入手。
ジェイミーがパーティーで怪しい人物に目を合わせれば
ソフトがデータで判別しヴィクターを特定できるという作戦だ。

その頃、ベッカは友達の家に行きブレナンが来るのを待っていた。
だがやっと現れたブレナンは彼女を同伴させていて
ベッカは面白くなく、飲酒運転をしてしまい警察に捕まる。

ジェイミーはトムとパーティーに潜入するが
ヴィクターにばれ、部屋に監禁されてしまう。
バイオニックを使いつつも、トムにばれないよう脱出できたが
今度はヴィクターの一味と格闘になり、トムが捕まってしまう。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

>>>Read more

Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: Bionic Woman
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
ゴミをばらまいた罪で、ゴミ拾いの奉仕活動中のサムは
国道沿いに落ちていた壊れかけの携帯電話を拾い
特捜チームに届けに来る。
携帯電話のメールには、計画殺人を企む相談が
やりとりされていたからだ。
フリンは重大な事件だと感じ、ブレンダに報告する。

携帯電話は修理され、男女のメールの内容を確認すると
先週の水曜日に
バーグマンズ 6
バーミリオン 7
タイペイ マレー 930
と、意味不明な言葉と数字が書かれていて
その後、殺人は完了し、男のほうは女に会いたがるが
女のほうは連絡を絶っていた。
利用されたと気づいた男は次第に怒りを募らせ
女に“クソアマ”と並べ立てたメールを送ったが
返信はやはりなく、そこで携帯電話を捨てたらしかった。

タオの調べでは携帯電話は使い捨てで通話記録はなかった。
ブレンダはまず被害者の特定が先だと考える。
意味の不明な言葉のバーグマンズはデパート
タイペイは中国料理店の名前だと思われるが
バーミリオンが何なのか、サンチェスに調べるよう
ブレンダは指示すると、慌てて家に帰る。
今日はフリッツの妹が会いに来る約束の日だった。

ブレンダが家に着くと、フリッツの妹クレアは
野菜づくしの食事を用意していた。
そしてブレンダを温かく、いささか激しく迎える。
充電切れの証拠の携帯電話を、買ってきた充電器で充電していると
クレアはブレンダに携帯電話を貸すよう頼む。
クレアは超能力で捜査に協力したいと申し出る。
フリッツは顔をしかめるが、ブレアは面白がり
ブレアを特捜チームに紹介する。

携帯電話には“殺してやる”とのメールが届き
チームは休日出勤して被害者の特定を急ぐ。
ブレンダはやはり休日出勤していたポープから
チームのメンバーの異動をほのめかされる。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 

>>>Read more

Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: The Closer
編集[管理者用] Trackback(2) Comment(6) 
土日とあいて、再びディアナで毎日(笑)
土曜日はセカンド・チャンス3話ぶっとおし観るぞデーであったりもする(爆)

ディアナの過去を知り、彼女を信じられなくなったマキシミリアノは
別れを決意、ラリに彼女を憎んでいるとまで言う。
それを盗み聞きしたオクタビアは、今がチャンスと
マルフィル(デボラ)とマキシミリアノにメキシコへ2年間行くよう勧める。

ガピオタはかつての自分弁護士から連絡が入り
オクタビアの証言を覆す手がかりを見つけたと言われる。
弁護士はオクタビアを証拠隠滅罪、偽証罪
窃盗罪の容疑で訴えると言い
ガピオタはオクタビアを奈落の底に突き落とせると喜ぶ。
そして彼女の一族も道連れにしてやろうと意気込む。

ブルーノはデボラがマキシミリアノと外国へ行くと知り
猛反対する。
マキシミリアノはあくまでマルフィルの夫だと
ブルーノはデボラをマルフィルに成りすませたことに後悔する。

ラリやオクタビアの扱いに傷ついたガビは屋敷を出る。
ディアナはララからマキシミリアノが妻とメキシコへ行くと聞かされる。

マキシミリアノは妻とやり直そうと、デボラとは知らず結ばれるものの
ディアナへを忘れられず、彼女に愛と憎しみを感じ悩んでいた。

エミリオはバーでパオラが麻薬を買うのを見て止める。

マキシミリアノと結ばれ、浮き足立ったデボラは
洋服を買いにマキシミリアノとモールへ行く。
だがそこで夫のアンドレスとばったり出会ってしまう。
しかし今の自分が何をしているのか、アンドレスにばれる前に
彼を車のトランクに押し込めてしまう。

ディアナはディエゴから再度、愛を告白されるが
気持ちに答えられないとディエゴに告げる。

そして一ヶ月が過ぎ…。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 

>>>Read more

編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
パティから、秘密を聞けると意気込み、クラブで会ったエレンだったが
思うような収穫は得られなかった。
FBI捜査官にそのことを報告中、エレンの携帯電話が鳴り
パティから事務所にすぐ来て欲しいと呼び出される。

ダニエル・パーセルの家に呼び出されたパティは
ダニエルの妻の死体を目にして気分が悪くなる。
トイレに行き、エレンに連絡を取った後、再び現場へ。
刑事から、ダニエルはクライアントかと聞かれ否定するものの
ダニエルが刑事に、企業から脅迫されていることを黙っているのを見て
彼の弁護を引き受けることにする。
パティは刑事へのダニエルの証言をやめさせると
妻の死に動揺するダニエルを事務所に一旦連れて行き
その後、エレンが手配したホテルへ警護をつけて連れて行くことにする。

パティは移動の手配がすむまで、事務所でダニエルに
何故、命を狙われていると警察に打ち明けなかったのかと尋ねる。
家には押し入った形跡はなく、警察が到着時、家にいたのは
ダニエルと妻だけだった。
このままではダニエルが容疑者と見なされるのは確実だった。
ダニエルは男を見たと言うが、裏にいる人物のことを尋ねると
彼は口を固く閉ざす。


エレンはFBIと仕組んだ乳児死亡率訴訟の予定が狂うことを恐れるが
パティは手が回らないことを理由に、担当をトムに任せることにする。
それにより、エレンとFBIはトムに罠を仕掛けなおすよう
計画変更をせざるを得なくなる。
エレンにすれば、トムはパティの裏を良く知っている人物。
たとえ彼が実刑になっても止むを得ないと考えていた。

原告団の代表に扮した囮捜査官とも知らず、トムは訴訟の弁護を事務所で
引き受ける代償として、代表への違法な前払いを承諾する。
しかし逮捕するには、現金の引渡し現場を押さえなければならない。
トムは囮捜査官に金を渡すつもりで、密会現場へ行くが…。

フロビシャーの退院の記事を目にしたエレンは
ウェスに会いに行く。
エレンはフロビシャーに復讐するチャンスがあったと告白。
エレンは一旦は思いとどまったが、気持ちが収まらないと
ウェスに話す。

6ヵ月後
エレンとウェスはホテルのベッドで戯れていた。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 

>>>Read more

Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: Damages
編集[管理者用] Trackback(1) Comment(4) 
Damages: Complete First Season (Ws Sub Ac3 Dol) [DVD] [Import]Damages: Complete First Season (Ws Sub Ac3 Dol) [DVD] [Import]
(2008/01/29)
Glenn CloseRose Byrne

商品詳細を見る


フロビシャーにデイヴィッドの殺害を認めさせるよう協力することを条件に
パティの元に戻ったエレン。
だがそれは表向きの条件で、裏ではFBIと手を組み
パティを破滅させる証拠を掴むべき戻ったのだった。

そして現在。

某部屋の一室で誰かに向かって、真実を言って欲しいと
銃をチラつかせ脅かすエレンがいた。

6ヶ月前。

フロビシャーの裁判で大勝利を収めたパティはまさに時の人。
テレビのトークショーで、裁判の報酬の大部分を元手として
飢餓と戦う財団を、友人のサム・アーセナルと共同で
NYに作る予定だと発表する。
このチャリティーと高校卒業を控えた息子のため
次なる訴訟のほうは休んでいると話す。

表向きではパティの親友扱いとなったエレンだったが
内心は殺されかけたことを恨んでいた。
そんなエレンはFBIからパティが飛びつきそうな訴訟を罠として
手配していると聞かされ、気持ちが逸る。

早くパティを破滅させたい、そう強く願うエレンは
さらにフロビシャーを撃ち殺す夢を何度も見て
週に数回カウンセリングに通っている。

その行動はパティの命令で一度は考え直されたものの
監視されていた。

パティは仕事復帰することに。

その頃、パーセルはある企業を破滅させる秘密を知り
その秘密を示す資料を、知人であるパティの元に送る。
そこで保管してもらうのが一番安全だと思ったからだ。

チャリティー財団のほうはサムが公式に参加表明を出すのを
待っている状態だ。
社会貢献ができるとパティは浮き立つが
サムは長年の夢だった政治家になりたいと
急遽、財団への参加を断ってくる。

フロビシャーは腹部を撃たれた状態で発見された後
病院へ搬送されたが一時危篤状態だった。
手術後に病院を移動したが、その行方はわからなかった。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++


 

>>>Read more

Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: その他のドラマ
編集[管理者用] Trackback(2) Comment(4) 
やっと意識を取り戻したメグだったが不運にも死んでしまう。
だがダンカンとの間にできた娘は無事だった。
そしてウォレスも帰ってくる。

ここまでが前回。
そして…。

ダンカンはメグが死に、娘とも会えないことで気落ちしていた。
ヴェロニカは心配しダンカンの部屋へ遊びに行くが
彼は留守で、いたのはシャワーを浴びたばかりのケンドール。
これにはヴェロニカも動揺する。

翌日、学校に来たダンカンに昨日のことを問い詰めるヴェロニカ。
ダンカンは一人で考えたくてドライブに行っていたと言うが
ヴェロニカの怒りはおさまらず、同級生たちの前で怒鳴り散らす。
そんなヴェロニカにダンカンは自分中心だと責める。
ダンカンはヴェロニカに別れを告げる。

傷心のヴェロニカは、一人で部屋にこもって落ち込む。
その様子を心配したキースが部屋に行くと
ヴェロニカはダンカンとの写真を整理していた。
ヴェロニカは父親に時間が必要なだけと告げる。

橋での事件を調べるために手を組んだローガンとウィービル。
今のところ容疑者はへクターとブーツィーの2人。
サンパー曰く、その2人が橋に残っていたからだ。
ウィービルはフィッツパトリックからドラッグを仕入れているほうが
犯人だと考えていた。
それを聞いたローガンは自分が調査すると請け負う。

家でヴェロニカがあまりに凹んでいるため
心配したウォレスがヴェロニカに会いに来る。
ウォレスはバスケがしたくて町に戻ってきたという
ヴェロニカの推理に笑う。
そこへ、警察がヴェロニカを逮捕しに来る。
ダンカンが娘を誘拐して逃げたのだった。
ヴェロニカには誘拐と逃亡幇助の容疑がかけられていた。

逮捕されたヴェロニカはまず面通しのため
他の女性たちと並ばされる。
その後、キースと弁護士から、ヴェロニカが宝石店で
セレステのダイヤのイヤリングを売るのを店員が覚えていたと
教えられる。
ヴェロニカが逃走用の資金を工面し、誘拐を共謀したと
保安官は疑っていた。
ヴェロニカがもし容疑のとおりなら刑務所行きだ。
キースは激怒する。
ヴェロニカは金を工面したことを認めるが
赤ん坊の親権を得るための弁護士費用に当てるつもりだったと
告白する。

++++++++++++++++++++++++++++++++++
 

>>>Read more

編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
 
Copyright © 2009 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。