海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
路上に駐車しているタクシーの真上に
リディアが落下し激しくぶつかる…。

その2日前。
バンクスは無事発見されたものの、誘拐犯の手がかりはなく
ヴィクトリアは不安だった。
しかも家に泊まったフランクから
今日、出張から戻って来る予定のコンラッドが
出張は嘘で、実は市内のホテルに泊まっていること
さらにリディアに高額な小切手が支払われたことを聞き
ショックを受ける。

お茶会で失態してしまったアシュリーは
名誉挽回策を相談しにエミリーに会いに来る。
アシュリーはDVDの件でヴィクトリアが
自分より奇妙にもエミリーを疑っている話し
エミリーは顔をしかめる。
またアシュリーは、ダニエルが昨夜、泥酔して帰宅し
前の状態に戻ったようだとエミリーに教える。
エミリーはアシュリーの名誉挽回策として
次のイベントである“オープン・アームズ”の総会で
主催者にヴィクトリアの功労を称えてもらえばいいと彼女に提案する。
エミリーにも総会の招待状が届いていた。

コンラッドが帰宅し、ダニエルが飲酒したことで
ヴィクトリアを責める。
タイラーがコンラッドの会社を手伝いたいと言い出し
コンラッドは了承し、ダニエルにも手伝うよう命令する。

アシュリーが去った後、今度はエミリーの家に
ノーランが訪ねて来る。
ノーランはエミリーが見ていない隙に隠しカメラを仕込んだ
シャチの置物をそっと棚の上に置く。
エミリーはノーランから、タイラーがダニエルに浴びるほど
酒を飲ませていたと聞き、タイラーは油断ならない男だと察する。

書斎で、コンラッドはヴィクトリアに
彼がリディアに高額な小切手を支払ったことを責められる。
しかし小切手は、ヴィクトリアの残酷な仕打ちで
真実を暴露しようと心を変えたリディアへの口止め料なのだ。
2人は激しく言い争うが、その現場をタイラーが盗み聞きしていた。

人生を取り戻したいリディアは、エミリーに会いに行き
夫が売った家の売却は不当だったとして
家を返すようエミリーに詰め寄る。
自分が不幸になったのは、出しゃばったエミリーのせいだと
リディアは思っていた。
家の返却を拒否したエミリーにリディアは
彼女の秘密を探ると脅す。
その様子をノーランがPCで見ていた。

ダンボール箱にリディアの荷物を詰めるエミリー。
ファイルの中には、キングズリー議員が
出馬を辞退した記事も印刷して入れて置いた。
バンクスの署名入りのバンクス著書の本や
ノーランが置いたシャチの置物も何も知らず一緒に箱詰めし
エミリーはリディアへ荷物を送る。

店を売らないことに決めたジャックは
デクランに説得され、従業員を雇うことにする。

エミリーはヴィクトリアのお茶会に出席する。
そこでアシュリーがお茶会の出席者に
総会でグレイソン・グローバルが支援する
“遺族の会”が功績を称えられ表彰されることになったと報告する。
“遺族の会”とはテロ組織による197便墜落の犠牲者遺族が
設立した会だった。
総会ではグレイソン夫妻の先駆的な功労も表彰されることになった。
皆がヴィクトリアに拍手する中、突然リディアが現れる。
リディアはヴィクトリアとの仲を修復したがるが
ヴィクトリアは冷たく突き放す。
そんなヴィクトリアにエミリーは、DVDすり替えの真犯人が
リディアだとヴィクトリアが疑うよう、うまく吹き込む。

お茶会から帰宅したエミリーをダニエルが待っていた。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

 
殺人事件はダニエルだけなのかと思っていたから
衝撃的?なリディアの死。自殺?他殺?
物語は2日前に遡る。

エミリーの家に、まぁ次から次へと人が来る。
まずはアシュリー。
ヴィクトリアへの名誉挽回に燃えるアシュリーは
エミリーの案を喜んで聞き入れちゃった。
エミリーって人を操るのが上手いよね。
アシュリーからは、ヴィクトリアが
DVDの件で自分を疑っているってことと
ダニエルが禁酒を破ったとの情報が入る。
急がなければならないのはダニエルのことより
ヴィクトリアの疑いをそらすことだよねぇ。

次に来たのはノーラン。
ノーランはなんと隠しカメラ&マイクを仕込んだ
シャチの置物をそっと置いていった。
あとでエミリーへの言い訳は、お父さんに君を見守るって
約束したからって神妙なこと言ってたけれど
それにしちゃ、映像、楽しそうに見てたよね(笑)
でもこの置物が、この後の展開に深く関わってくる。

で、次に来たのはリディア。
偶然を装ったエミリーの作戦だったけれど、やっぱり女って
そこんとこの第六巻というかスゴイよね。
エミリーのシタタカさを見抜いていた。
ヴィクトリアとまた親友になって人生を取り戻したいリディアは
エミリーと権利争い。
エミリーは相手にせず、リディアの荷物を彼女へ送っちゃうために
箱に荷物詰めを始める。
その中には彼女の物じゃない物もいくつか含まれていたけれど。
リディアからはエミリーの秘密を探るって脅されたのに
屈しないし慌ててない、相当、隠し通す自信があるんだね。
でもやっぱりリディアの死ってエミリーが第一容疑者なのかなぁ。

そして今度はダニエルが来た。
エミリーの誤解はちょっとあっけないほど簡単にとけたな。
タイラーが嘘をついていたと知ったダニエルは
タイラーへ怒りを露にする。
でもタイラーからは父親の浮気を知らされることに。
タイラー、コンラッドの会社を手伝うと言い出したし
ダニエルの立場を着実に追い詰めていく様子。
成り代わりたいのかな?
もしやコンラッドの隠し子だったりして?
(エミリーに出身聞かれて、言わなかったし)

前半はこんな感じだったけれど、この後、いつものエミリー優位な展開
ではなく、かなりエミリーにとって危ない状況に追い込まれる。

エミリーは今回、復讐の他に画策しているのは
DVDすり替えの犯人をリディアにおっつけちゃおうってこと。
それはさすがエミリーの抜かりない作戦が功を成した。
ところがその代償となってしまったのは
一枚の写真に写ったアマンダの姿。
今回の復讐の標的はヴィクトリアだったけれど
復讐よりも、リディアに自分の素性がばれそうになっちゃって
リディアを排除する方向に作戦変更って感じかな。

ノーランの隠しカメラのおかげ&ノーランの助け舟の
おかげでエミリーは危機を乗り切って首がつながった感じ。
ただしノーランの行動がこの後、彼をピンチにしなきゃいいけれど。
リディアを殺した犯人を見ちゃったのもそうだけれど
自分の痕跡残してない?
タクシーに乗ったりしたりしてない?

リディアとヴィクトリアの対決は
大人の女性の対決で凄みがあった。
あなたのことは死ぬほど嫌いで憎いけれど
顔だけは笑ってあげるわ…ってね…おおコワ!

ダニエルの誤解がとけてダニエルはまたエミリーの虜に。
ジャックに嫉妬しているけれどそこまで。
ダニエルって弱いところはあるけれど、やっぱりいい人なんだなぁ。
でもジャックのバーでダニエルが働いちゃうと
エミリーとしては複雑だと思うなぁ。

関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: Revenge
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。