海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Dexter: The Complete Sixth Season [DVD] [Import]Dexter: The Complete Sixth Season [DVD] [Import]
(2012/08/14)
不明

商品詳細を見る


デクスターは船に乗り、ニックの死体の入った
ビニール袋を海に投げ捨てる。
デクスターの傍には亡き兄のブライアンの姿があった。
ブラザー・サムの「許せ。」と言う言葉を聞かず
ニックを殺してしまい、デクスターは浮かぬ顔をしていたが
一方で肩の荷が降りたと解放感を感じていた。
自分に光はないのだと。
ブライアンはデクスターに「進み続けろ。」と言う。

デクスターは緊急の連絡で署に戻る。
トリニティが再び犯行を犯したのだ。
被害者は証人保護でネブラスカにいたトリニティの妻のサリーと
娘のレベッカだった。
息子のジョーナが帰宅するとトリニティが
サリーを階段から突き落とし殴っていて、ジョーナが反撃し
トリニティは逃げていった。
そしてジョーナが2階に上がるとバスタブでレベッカが死んでいた。
しかし、トリニティはデクスターがすでに処刑していて
デクスターはジョーナの犯行だと確信し青ざめる。
ずっと一緒にいるブライアンは「ジョーナを殺せ。」と言う。
トリニティが現れてデクスターが動揺していると思っているデボラは
デクスターに休暇を与える。

生贄の女性を逃がした後、トラビスは姉の家で過ごしていた。
姉が仕事に出かけ、トラビスがふと台所の窓を見ると
ゲラー教授が立っているのに気がつき裏のドアを開ける。
ゲラー教授は神の意思により嫌でも従うしかないと
トラビスを再び自分に従わせようとし、家に入ろうとするが
トラビスは拒否し戸を閉める。

デクスターは家に帰り、パソコンでサリーとレベッカの
殺害現場の写真を見る。
レベッカはトリニティの手口と同じだがサリーは
ホッケー用スティックで撲殺されていた。
トリニティの犯行と思わせるためにジョーナがした偽装は
殺人鬼としての才能を感じさせた。
しかし母親と姉を愛していたはずのジョーナの犯行に
デクスターはショックを受けていた。
殺人者の息子が殺人者に…デクスターは
ハリソンの顔を見てゾッと思う。

終末論キラーの逮捕も近いとデクスターは思い
遠いネブラスカに行くことをためらうものの
ブライアンは、トリニティをデクスターが殺害したことで
ジョーナが罪を免れていてるのはデクスターの責任だと責め
ネブラスカへ行ってジョーナを殺せとデクスターを煽る。
デクスターはブライアンの言葉に耳を貸し
子供のいる生活から息抜きするためにもネブラスカへ行くことにする。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

 
デクスターの闇の部分の代弁者となって
ブライアンが登場。
ハリーはデクスターの良心の部分なんだろうな。
ブライアンが登場して、ハリーは退場してしまった。

ブラザー・サムと出会って、光に導かれてみたいと
デクスターは思っていたんだろうな。
でも結局、ニックを許すことができず殺してしまい
ブラザー・サムへは申し訳ない気持ちを抱くものの
一方で殺人が好きな自分を改めて感じて
抑えていた欲望が解放された。
その象徴がブライアンの登場となったと思う。
ブライアンはデクスターの闇の代弁者であって
ハリーは良心であり光への代弁者なのかも。
ブライアン登場でハリーは退場となった。

で、このままデクスターは殺人を楽しむ
ただの殺人鬼に元に戻ってしまうのか?というのが
今回の本筋だったな。
ブライアンはデクスターに殺人の楽しさを思い出させようとするし。
デクスターもあのモーテルの主人を殺害して
かなり元の道に戻りつつあった。
でもやっぱり人の親となった事は大きいよね。
あれほど気にかけてあげたジョーナが
父親と同じシリアルキラーの道へ行くのかと考えると
ハリソンの将来も不安に感じちゃうデクスター。
それだけにジョーナに対して慎重だったね。
やっぱり犯人だったかとなった時は私も残念だったなぁ。
いい息子さんだったのに…。

そしてデクスターはジョーナと再対決。
でも、そこでジョーナの本心を知って
やっとデクスターも進むべき道へと軌道修正できた。
そしてブライアンは去りハリーの登場。
ハリーはデクスターの良心の代弁者かも知れないけれど
光はハリソンだって思うな。
ハリソンへの愛がある限り大丈夫って思いたいな。

トラビスは教授と決別する道を選んだ。
デクスターの言葉が影響を与えたんだろうな。
でも教授がそうそう簡単にトラビスを手放すはずはないよね?
トラビス&彼のお姉さんの命が心配。
それに一旦は離れても、また引き入れられちゃうこともあるかも。

一方、デボラたちもトラビスが逃がした女性から
共犯者がいると突き止めていく。

デボラとクインは和解。
クインもやっと荒れた状態から脱出。
でもそこまで自分のことを愛してくれたクインを
デボラはふっちゃって…もったいないかも。

関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: DEXTER
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。