海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]


元々FOX系列で放送していたけれど
AXNで再放送している。
CSからCSに移動。ちょっと不思議。

薬物使用で逮捕されたエリート弁護士ニック。
彼に刑務所へ入る代わりに課せられたのは
3年間の執行猶予と罰金、そして児童法律相談所での1500時間の奉仕活動。
高級スーツに身を包み、父親の大手法律事務所で働くニックにとっては
最初こそ、ただ社会奉仕の時間をこなすだけのものでしかなかったが
虐待やレイプ被害者の児童と接し、その問題を解決しようと闘ううち
彼の中で何かが変わっていく。


バーのボックス席で書類仕事をしていたニックは若い女性から声をかけられる。
カウンターでジェイクと座っていたアマンダの視線はニックに釘付けだ。
ニックは若い女性と意気投合し店を出る。

翌日、ニックは児童法律相談所へ出勤したものの
10時に法律事務所で約束があり急いでいた。
今度のニックの担当は、数年前、他の州で捨てられた
姉妹の16歳の姉・ディーナだった。
姉妹は里親に育てられていたが、里親が8歳の妹だけ養子にしたいと言い出した。
ニックは、姉妹が弁護士よりソーシャル・ワーカーに会うべきだと思うが
既にディーナがニックを尋ねて来ていた。
ディーナの顔を見たニックは言葉を失う。
昨夜、一緒に過ごした女性だったからだ。
彼女はニックに25歳だと言っていた。

ディーナはニックを調べ、計画的に近づいたことを認める。
それも里親に2人きりの姉妹なのに妹を奪われそうになっているからだ。
里親はディーナのことを嫌っていて追い出し、妹とはもう会わせるはずがなく
妹と引き離されるのを阻止して欲しいと訴える。
しかし、それは無理だとニックが断ると、ディーナは昨夜のことを持ち出し
ニックを脅迫する。

ニックは悩み、所長のアーヴィンにディーナの過去を尋ねる。
しかし保護される2年間は路上暮らしだが、情報は数年前までしかなく
それ以前の過去も両親の所在も不明だった。
ニックは法律事務所に戻り、アマンダに
ディーナ姉妹や彼女たちの両親について調べてもらう。

アマンダの調査の結果、両親の記録はなかったが98年に
ディーナが法廷強姦で40代の男、フレッチャーを訴え
彼は50日服役していた。
早速、ニックはフレッチャーに会いに彼の会社へ行くが
彼の事業パートナーは、ディーナたちの里親でニックは驚く。

アーヴィンは郡から資金を援助してもらうため
毎年恒例の会議へ出席するが、今年は新しい児童法律相談所に
資金をもっていかれてしまう。
残された道は法律補助金だが、児童にこだわるアーヴィンは
大人の案件を扱う気はなく、個人的に資金を集めるしかなかった。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

 
「MENTALIST」のパトリック・ジェーンに萌えている身としては
以前はスルーしちゃったこのドラマの再放送は嬉しかった。
しかし内容が重たいってことで録画したまま、なかなか手をつけず。
ちょっと余裕が出始めて、観始めたら止まらなくなっちゃった。

ジェーンとニックって鼻持ちならない部分は似てるかも?(笑)

エリートで無愛想なニックは一見、冷たい人ってイメージだけれど
父親との問題も抱え、子供時代に苦労したのかなって部分も見え隠れしてるし
子供たちの気持ちがわかるみたい。
子供に対して子供扱いしないで、彼らの気持ちを尊重するのがいい。

父親の大手法律事務所のお金持ちの顧客たちの依頼に対応するニックは
気持ちいいくらい手腕を発揮。
一方、貧乏な児童法律相談所では、部下もなく自分で動くしかなく
(その代わりアマンダとか使っちゃってるけれど)
子供がどうすれば幸せかを考えて動くから
手腕を発揮すればいいってものでもなく、ニックでさえも
思い通りにはならない結果が待っていたりする。

今回、資金のない児童法律相談所で、理想を追い求めるのは難しく
資金次第で子供の利益か希望かが変わると言ってしまうのも
無理もないことだったんだと思う。

ニックもアーヴィンとは意見が合わなくて、最初のほうは
まさに喧嘩だったけれどアーヴィンのことを理解して尊敬し始めている様子。

物語は、ニックが16歳の高校生と一夜を共にしちゃった…って
衝撃的な事実が発覚。
まぁ25歳だと思っていたんだけれど、それで良いわけはなく
絶体絶命のピンチ。
ニック観ていると慌てているふうでもないけれどね。
ディーナに脅迫され姉妹一緒でいられる道を探すニック。
まず両親を探そうにも両親がどこにいるのかさっぱり消息がわからない。
しかし過去にディーナが法廷強姦罪で男を訴えているとわかり
会いに行ったら、里親の事業パートナーで
里親曰く、ディーナのほうが信じられないらしい。
ニックの説得で素性も両親の名前も嘘をついていたことを
認めたディーナだけれど…。

なんかSVUを観ていたせいかなぁ。オチは予想通りだったな。
ここまでサバ読まれて気がつかないのはおかしいと思うけれど
人って言われると信じちゃうのかなぁ。
試しに言ってみようか?って誘惑にかられちゃう(笑)
張り倒されるのが目に見えてるけれど…(汗)

娘と離れたくなくて、里親だっていい人だったのに攻撃し
捕まりそうになってニックにもレイプ犯呼ばわりし。
必死だったんだろうけれどね。
ディーナって、つねに嘘の人生で、人を信用できなかったんだろうな。

ニックがディーナと一夜を共にしたのは彼女を好きだったからと
認めてもらえて嬉しそうだったのが印象的。

服役させた男は本当は無実ではあっても
15歳と思ってて関係を持ったんだからやっぱり有罪と思うなぁ。
よく里親は許したなぁって思う。

アーヴィンが資金集めるためにチャリティイベントで
競りにかけられるってのは、このドラマには珍しくコミカル。
ニックから持ちかけられた話も駄目になっちゃって
児童専門とはいかなくなってしまい
今度から大人の相談ものるのかな。

それにしてもやっぱり、せつない話が多くて。

このドラマのもう一つの楽しさは、ゲスト。
2001年のドラマなので、出てくるゲストも若いし
結構あー!って思う人が登場している。
ディーナ役の女優さんは先日「MENTALIST」のS3の
“レッド・マイル”で登場してたし。
関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: その他のドラマ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。