海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Mentalist: Complete Third Season [DVD] [Import]Mentalist: Complete Third Season [DVD] [Import]
(2011/09/20)
Simon Baker、Robin Tunney 他

商品詳細を見る


カルフォルニア州ハングツリー。
宝石店の外でカーソン州刑務所の看守ウォルトン・パーセルが
刺殺死体で発見される。
パーセルが宝石店で購入したネックレスは無事で
犯人は強盗ではないと思われたが
先月、別の宝石店に強盗事件が起きたばかりでもあった。

ジェーンは被害者の服装が看守と言うより刑事っぽいと言う。
そしてパーセルの職業柄、犯人は元受刑者だと推測する。
確かにパーセルの背中が何度も刺されていて
まるで服役囚による手製の凶器による殺害方法だとリグスビーは思うが
何故、刑務所の外で手製の凶器を使う必要があるのかとジェーンは指摘する。

グレースは挙式が決まり、同僚たちに招待状を配る。

パーセルはハングツリー近郊育ちで両親はすでに死亡しており
21歳で看守になっていた。
通話履歴から、パーセルには恋人がいたことがわかる。

リグスビーは一人きりでグレースが入手した
地元に住む凶悪な元受刑者リストを元に調べに行く。
ジェーンの推理が当っていればこの中に犯人がいるかもしれなかった。
しかしリグスビーが心配していたのはリストに載っている
父親スティーヴのことだった。
リグスビーは自堕落に一人で暮らすスティーヴに久々に再会する。
スティーヴは事件のことは知っていたが
犯行時刻、デラウェア通りのパブにいてアリバイがあると言う。
リグスビーはスティーヴの更生を願うが、スティーヴは突っぱねる。

リズボンとジェーンは美容室“ベルエポック”へ行き
パーセルの恋人で美容師のシェリー・ディリオンから話を聞く。
シェリーとパーセルは2ヶ月前から付き合い始めたが
最近、パーセルが自分と別れる気だったとシェリーは思っていた。
2人が最後に会ったのは2日前だった。
シェリーによればパーセルは刑事志望で
夜間のコミュニティ・カレッジで犯罪学を専攻していた。
ジェーンは、パーセルが
悪い男を好むシェリーのタイプではないと見抜く。
そして帰り際、ジェーンはシェリーに
職場の備品を盗んだことはないかと尋ねる。

チョウは刑務所へグレースと行く。
パーセルの上司は、パーセルが刑事になる夢は高望みだと思っていた。
夜学の影響でパーセルは、教授の力を借りて
ある受刑者を重警備刑務所へ移送する計画を極秘に立て
所長に提示したがっていた。

リズボンとジェーンはコミュニティ・カレッジへ行き
講義中の教授に会い、パーセルが移送させたがっていた
受刑者の名前を聞きだそうとするが、教授は忘れていた。
そこでジェーンは生徒たちの力を借りて
教授の記憶を呼び起こそうとする。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

 
今週は細かいことしてたら偏頭痛がひどくなって
ほとんどアップできなかったなぁ。

今回はリグズビーに関わるエピ。
ネックレスを買って外へ出たところを何者かに襲われ
背中を何回も刺されて殺された刑務所の看守。
他の宝石店の強盗も起きたばかりだけれど
殺され方や被害者の職業を考えれば
犯人は元服役囚。ただ刑務所内でもないのに
何故、普通にナイフじゃなくて手製の凶器なんて使って殺されたのかが謎。

被害者には恋人がいたけれど、ジェーン曰く
恋人は親に虐待されていた過去があり
刑事志望で“いい人”だった被害者は
悪い男が好きな恋人のタイプじゃないって。

一方、リグスビーは現場近郊に住む父親のことを思ってドキ。
(UCアンダーカバーのソニーだ!)
元服役囚で凶悪犯のリストの中に父親の名前も載っているし
自分が調べに行くしかないって、一人で行ってみる。
するとやっぱり自堕落な生活していて
更生する気はないって態度。
でもなんとなく言葉とは裏腹な表情?
リグスビーはやっぱり息子で歳もとったし
関係を良くしたそうにも見える。
リグスビーは気づかなかったけれど、とりあえず
父親のアリバイはあって、彼は関係ないとわかりホッとする。
で、リズボンに報告。
リズボンはもちろん父親のことは知っていて
リストに名前があることも知っていた。
部下を信じて任せるリズボンって、いいボスだよね。

グレースは挙式が決まってみんなに招待状配り。

事件の黒幕と思われる男はほどなく判明。
あとは実行犯は誰かって事。
黒幕の仲間は全員、刑務所内にいるし。
でも観察眼の鋭いジェーンは黒幕と被害者の恋人の特徴が似ているのを
しっかり気がついていて、恋人が黒幕の妹だと見破る。
恋人はわざと被害者に近づいたのだが
ミイラ取りがミイラに…。

リグスビーの父親はわりとあっさりリグスビーに協力。
いい父親じゃーんってそこで思っちゃダメね(笑)
でも2人の仲が少しでも良くなって欲しいから
期待して観ちゃうのもあるんだけれどね。

刑務所に行ったジェーン。
監視カメラの映像を面白そうに見てたけれど
彼が今回の罠を仕掛けようと思ったのはこの映像から?
ジェーンが目をつけたのは何故か模範囚。
刑期があと1年と半年のそれぞれ2人の模範囚。
罠を仕掛けて犯人はわかった。
なんと刑務所を抜け出してたのね。
そして黒幕なんていなかったこともわかる。
宝石強盗事件が無関係じゃなかった。

一緒にいたグレースもリグスビーの抱える問題を知る。
リグスビーはグレースの挙式招待を断る。
幸せを願うけれど自分の心は誤魔化せず
友達のフリはできない…ん~良く言った!
男らしいぞリグスビー!と褒めてあげたい(笑)

ただこれで今度はグレースのほうが悩む番かもね。

関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: THE MENTALIST
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。