海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Rizzoli & Isles: The Complete Second Season [DVD] [Import]Rizzoli & Isles: The Complete Second Season [DVD] [Import]
(2012/05/22)
Angie Harmon、Sasha Alexander 他

商品詳細を見る


シーズン・フィナーレ。

花束を持ってFBI捜査官のディーンが久しぶりにジェーンに会いに来る。
ディーンはD.Cへ転属を希望していた。

モーラは、母親のコンスタンスが泊まりに来て喜んでいる。
距離のあった親子関係も今では良好だ。

ジェーンとモーラは早朝起きたデニム・ジーンズ工場火災の現場に呼び出される。
現場に向かいながらジェーンはモーラに
ディーンからディナーに誘われ、ケイシーのこともあり
迷っているとモーラに相談する。

消火活動で、消防士で黒人のヒルが焼死する。
消防士たちは担架に乗せられたヒルの遺体に、仲間の別れの儀式を行う。

放火調査班の調査では火元は故障していたヒーターで事故とみていた。
工場の経営者はコーサックが過去に麻薬で3回も逮捕したウィスラーだった。

消防隊長はジェーンたちにヒルが死んだのは
市が予算をカットしたことによる人手不足のせいだと言う。
危険でも消防士たちは援護なしで行くしかないのだ。

署に戻ったモーラとジェーンはヒルの遺体を調べる。
防煙マスクに穴が開いていたが、260度以上の高熱でないと溶けない。
そして手袋も焦げていた。
また、ヒルの気道には、129度以上の空気を吸引して起きる
肺実質型気道熱傷が確認された。
モーラは火災現場の状態は低酸素の燃焼を示しているのに
防煙マスクと肺は高酸素だったことを示していると訝しがる。

モーラは防火調査班が渡した97年型のヒーターも調べ始める。
しかしヒーターは損傷が激しく。モーラは助手に分解するよう指示を出す。
ジェーンは、モーラが一年前からの市内で起きた
全火災の約4000件の記録を取り寄せていると知り
放火を疑っているのでは?と思う。

フロストの調べでウィスラーは5人の女性からセクハラで
訴えられているのがわかる。
ジェーンは、訴訟で莫大な費用がかかるウィスラーの
保険金目当ての放火ではないかと疑う。

ジェーンとフロストはウィスラーの事情聴取を行う。
ウィスラーの娘で弁護士のクリスティーが同席する。
ウィスラーは放火を否定する。

モーラはコンスタンスとのディナー後、帰宅途中の道で
「あなたともっと過ごしたい。」とコンスタンスから言われる。
コンスタンスは今までのモーラとの関係を悔いていた。
そこへ突然、車が2人の元に突っ込んできて
咄嗟にコンスタンスはモーラを突き飛ばす。
コンスタンスはそのまま車に轢かれ、車は走り去る。

ディーンとディナーをするところだったジェーンは
モーラから連絡を受け病院へ駆けつける。
モーラは軽傷だったがコンスタンスは危険な状態だった。
モーラが心配だったが、ジェーンはフロストから連絡を受け
ひき逃げ犯人の捜査にかかる。

手術が終わりコンスタンスに付き添うモーラに
心配したドイルが会いに来る。
ドイルはモーラの実の母親の名前を言おうとするが
コンスタンスのことで頭がいっぱいのモーラは拒否する。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

 
シーズン・フィナーレにクリフ・ハンガーはつきもので
どういうクリフ・ハンガーにするんだろうって期待もしてしまう。
(これが打ち切りだと辛いんだけれどね・汗)
ジェーンかモーラの危機か?って想像していたら
肉体的なじゃなく精神的なクリフ・ハンガーだった。

最初は放火事件。
あんな危険な場所なのに、人が足りなくて援護もなしで
火の海に入っていくのはどんなに怖いだろう。
身を守る物を身に着けていたって、絶対じゃないし。
人のために命を賭けている人達の仲間を送る儀式
ジェーンのお喋りやめて欲しかったな。

放火調査班は事故だとするが、モーラは腑に落ちないこともあって
放火の線を疑っている。
けれどジェーンにいつものようにはっきり言わない。
ジェーンは放火の線で捜査をして、前科者の工場経営者を
第一容疑者と見る。
弁護士のあの娘って父親があんなに女性に手を出しているのに
嫌じゃないのかなぁ。

で、そんな時、仲が良くなったモーラとコンスタンスが
ディナー後、突進してきた車にひき逃げされる。
でもコンスタンスが娘を庇ったからモーラは軽傷。
コンスタンスは危険な状態。
ドイルはコンスタンスを知っているようで
2人を心配して病院に忍び込んで来る。
そして実の母親の名前をモーラに打ち明ける気になるけれど
コンスタンスのことで頭一杯、そんな気になれない。
気持ちは想像できるなー。

コンスタンスとの仲も距離が縮まったけれど
こうやって心配して会いに来るドイルにも
モーラは内心嬉しいんだろうな。
反発しつつ、それでもやっぱり父親ってことは心の奥に深く感じていると思う。

ジェーンはディーンと再会。
ディーンはジェーンと復縁したがっているけれど
その割りに顔が暗くない?キャラ的に?
でもケイシーとラブラブなジェーン。
いくら離れているとは言え、ディーンにいっちゃう?
というかディーンをとっちゃうとケイシーが登場しなくなっちゃうじゃない。
うーん悩むなぁ(って何を悩むのやら・笑)
モーラとも恋の悩みを打ち明けあって、最高の親友って感じ。
いつにも増して感じちゃう。

そうして、こうやって進むのはやっぱりラストへ持っていくためだよね。

コンスタンスの容態をただ心配するのは辛くて
モーラは気を紛らわすためにも、仕事復帰。
モーラたちを襲ったのは放火犯だとわかり罠を仕掛けることに。

今回の犯人が誰で動機は?って部分は
モーラが囮になって最後の展開になる時にはすっかり頭からなくなっちゃった(汗)

この後の展開は撃たれて撃ち帰す。
銃を向けられ撃つしかなくなる…。
モーラを影で守っていたドイルが、娘を殺そうとした放火犯を撃ったことがきっかけ。

ジェーンは刑事として正しい行動をするしかなかった。
情で判断を誤まれば、自分だけでなくて他の人も危険にさらすだろうし。
そう鍛えられているものね。
でもモーラにしてみれば、ジェーンのしたことは許せない。
実の父親だものね。
それにコンスタンスも失いそうになったばかりの時。
それでもモーラの「汚い手をどけて!」って言葉はきつかったな。

ドイルの「ホープ…」
きっとモーラに実の母親の名前を伝えようとしているんだろうけれど。
コンスタンスと知り合いだったみたいで
ドイルもまるっきりの他人に愛する娘を養子に出さなかったってことだよね。
コンスタンスが何か知ってるかも。

2人の友情が楽しいドラマなのに、後味悪いクリフハンガーだった。
次シーズンがあって良かった。
関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: Rizzoli & Isles
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。