海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
ブリジットはシボーンの秘密のオフィスにマルコムを連れて行くが
驚くことにオフィスの中はすっかり片されていた。
2日前、ブリジットがデスクで見つけた
シルバーで船のキーホルダーがついた鍵がなくなり
ブリジットは誰かに盗まれたと疑っていた。
マルコムはクローゼットに隠れていた女がオフィスを片し
何かを知っているのだろうと考えていた。
マルコムはシボーン、つまりブリジットが
まだ誰かに狙われているままだと知り
ブリジットの携帯電話に追跡アプリをインストールする。

アンドリューの会社に突然、キャサリンが訪れ
ジュリエットとマイアミで暮らしたいと言い出す。
ジュリエットの生活態度や性的暴行事件を考えると
マイアミの学校に戻し、再出発させるほうがいいと言うのだ。
禁酒していい母親になると、キャサリンはアンドリューを説得しようとするが
アンドリューは親権をキャサリンに渡したくなく同意しなかった。

登校したジュリエットは、テッサが高級車に乗って来たのを見てうろたえる。
暴行事件が嘘だとばれないよう、目を引く行為はしないと
カーペンターと3人で約束していたからだ。
ジュリエットはテッサに約束のことを持ち出して責めるが
テッサは聞く耳を持たず、さらに悪びれた様子もなく
ベッドの下に300万ドルの現金を隠してあるとジュリエットに告白する。
挙句の果てにお金をどう使おうが勝手だとテッサに言われ
心配になったジュリエットは、学校を辞めたカーペンターに会い相談する。

アンドリューはジュリエットの親権のことを弁護士に相談するが
アンドリューのほうが不利だと言われる。
自分の忙しさも反省し、弱気になるアンドリューに
ブリジットは、親はアンドリューと自分だと言って励ます。

アンドリューはヘンリーのアポなしの訪問を受け戸惑う。
アンドリューは一緒にいたマルコムをヘンリーに紹介し
マルコムに席を外すよう言う。
ヘンリーはポートフォリオを解約しに来たのだ。
アンドリューはヘンリーを説得しようとするが
ヘンリーはある人物からアンドリューのことを詐欺師だと聞いたと言い出す。
マルコムはその会話を盗み聞きする。

ブリジットは花屋から配達の確認の電話がかかってくる。
花屋によれば、シボーンは2007年より同じ日に
毎年ナンシー・ペインターに花束を贈っているとのことだった。
ナンシーの住所を聞いたブリジットは、シボーンの秘密のオフィスで手に入れた
メモに記されていた住所と同じだと気がつき、ナンシーを訪問する。
しかし彼女が誰かとわかると、訪問したのは間違いだったと気がつく。
何故ならナンシーはシボーンのまだ幼い子供ショーンの祖母で
ブリジットの過去の辛い記憶を呼び起こしてしまう存在だからだ。

ブリジットは家に戻り、シボーンとショーンの写真を眺めながら
7年前の事を涙ながらに思い出す。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 
ブリジットがなんで売春婦にまで身を落としたのか
シボーンが何故ブリジットを憎むのかの真相がわかる。

やっぱりシボーンの子供ショーン絡みだった。
ちなみに子供のお父さんはMisha Collinsで
最近だと「スーパーナチュラル」の天使のイメージが強くて
問題はあっても普通のお父さんって役は新鮮。

ショーンのお父さんのディランは、ショーンが生まれた当時もその後も
責任の取れない男だった。
何年かしてショーンが少し成長したら、自分も父親だ
ショーンと会わせてくれって話に。
シボーンはディランを許せず、ショーンには絶対に会わせたくない。
シボーンの絶対は文字通り、絶対なんだよね~。
ブリジットは無職で、シボーンが働いたお給料で食べさせてもらって
ショーンの子守をしていたけれどディランに同情する部分も。
で、ディランにショーンをサーカスに連れて行きたいって言われて
あれだけシボーンに、ディランとショーンを会わせるなって
口を酸っぱくして言われていたのにも関わらず、同意しちゃった。
そして悲劇の衝突事故。
ショーンは死に、それ以来、ディランもブリジットも罪悪感に苦しめられている。
シボーンは子供を失った悲しみと苦しみで、ディランも
姉妹のブリジットさえも許せなくなる。

シボーンは家を出て行き、ブリジットは生活が荒れ、アルコールから薬にまで
手を出して売春婦に…。

シボーンならともかく、ブリジットがあそこまでディランを恨むのは
ちょっと違和感感じたな。
ディランに過失はなかったんだし、たまたま運が悪かっただけなのに。
誘われてOKしたのは自分なんだしね~。
ディランの涙、あれが本当のシボーンに言われていたら、もっと良かったのにね。
ブリジットもシボーンに言われたいよね。

でもシボーンは性格的にきつそうだものね。
一旦、拒否したら受け入れないってタイプに見えちゃう。
片方が付き合っている相手に手は出さないだっけ?
姉妹のルールをブリジットは破っちゃているし。
それでもブリジットを養ってあげてた時もあったんだよね。
シボーンもブリジットを許せないことが苦しいんだろうなぁ。

ヘンリーはアンドリューに投資した金を返せってことだよね。
これを渋ったら、詐欺師だと認めたことだって暗に言われて
アンドリューも大金を返さざるを得なくなった。
カーペンターに払った慰謝料もあるし、火の車になりそう。
ヘンリーがあの船のキーホルダーのついた鍵を持っているのに
気がついたマルコム。
一方シボーンはマルコムは危険だとヘンリーに警告。

ジュリエットはテッサのお金の使い方や隠し方に不安を覚えて
カーペンターに相談。
カーペンターは何とかすると請負い、そうしたらテッサの暴行事件。
しかもテッサの取り分は盗まれてしまった。
(1000万ドル近くアンドリューから取ったんだね~)
誰もがカーペンターを疑う展開だけれど
カーペンターは何も知らないっていうのは今度こそ真実かも。
案外、里親がお金を見つけて取っちゃったとか。
でもそうしたら部屋全部を荒らして疑われないようにするか…。

レイプ事件、3人で知恵絞って画策したのかと思いきや
最後になって裏に意外?な人物がいて手を引いていたのがわかる。
まさかこの人物が強盗も仕組んだってことはないかな…あり?

主要な登場人物の中で唯一誠実なのはマルコムだけかなぁ。

だんだん自分がブリジットなんだと言いたくなってきているブリジット。
辛くても自分で始めたんだからね~。
ジェマに打ち明けたらどうなったか思い出さなきゃね。

関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: Ringer
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
 
Comment
 

マルコムいい人・・・

こんばんは。

カーペンター先生どんどん、情け無い感じですね(>_<)
ローガンはかっこいいのに←しつこい。。。ヴェロニカ・マーズとリンガーを見ていて、あちらでは高校生が車で通学する人もいるんだと知りました。(セレブ高校だから?)

日本だったら、学生たちが運転することはありえないですよね。狭い道路ばかりだから危なすぎる。

アンドリュー最後は一文無しなんですかね。かわいそうに。

NAME:はろ | 2012.11.22(木) 23:27 | URL | [Edit]

 

Re: マルコムいい人・・・

> はろさん、こんばんは♪

カーペンター先生、ガックリですね~。

高校生が車通学って、他のドラマ観ててもあるみたいですよ。
車が高級車ならセレブだけれど。
ふと映画ですけれど「トワイライト」で主人公のベラが父親のボローいトラック
もらって喜んで学校に乗っていくシーンがあったような。

駐車場も広そうだし、狭い日本だと考えられないですよね(笑)

アンドリューは一文無しになる代わりに真実の愛を得る?
この場合の真実ってかなり嘘の上に成り立ってきたものだけれど…。
詐欺で捕まっちゃうのかな…。

NAME:ぽっこ | 2012.11.26(月) 23:18 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。