海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Person of Interest: The Complete First Season [Blu-ray] [Import]Person of Interest: The Complete First Season [Blu-ray] [Import]
(2012/09/04)
Jim Caviezel、Taraji P. Henson 他

商品詳細を見る


元々、字幕視聴で観てきたけれど、お正月、AXNでの
シーズン1の連続放送は吹替えだったので
吹替えで最終話まで視聴。
そして続いて放送されたシーズン2の第1話。

毎週続けてドラマをご覧の方はネタバレになるのでご注意下さいね。
シーズン1の最終回はお決まりのクリフハンガーなので。

シーズン2本放送は5月予定。

『The Contingency』

2002年1月1日。
1日目。
フィンチは自ら造り出したマシーンに向かって質問する。
「私が見えるか?」
「私は誰だ?」
フィンチはマシーンの答えに満面の笑みを浮かべる。

月日は流れ3789日目。
マシーンがはじきだした番号はキャロライン・トゥーリング。

3790日目。
キャロラインの陰謀が暴かれる。

そして3791日目。
キャロライン=ルートはアリシアを殺し、フィンチを誘拐する。
ジョンはマシーン(路上に設置されている防犯カメラに向かって)に
フィンチの命が危険だと伝え、協力を求める。

しばらくすると近くの公衆電話が鳴る。
ジョンが受話器を取ると聞こえてきたのは
“不確実性”“ロミオ”“寄与”“家族”“アルファ”
“反射”“ジュリエット”“オスカー”…の単語だった。

マシーンは管理者サーチを行い、フィンチがデラウェア州の
レストランにルートといるのを突き止める。
ルートはフィンチに彼が逃げれば、店の客を撃つと脅していた。
フィンチは無言でいたが、どこへ行くつもりか?とルートに尋ねる。
すると彼女は未来だと答える。
自分とならフィンチは理解し合えるとルートは言い出す。
ルートは以前、フィンチにハッキングがばれたことから
兼ねてから噂のあったマシーンが完成したのだと悟った。
しかしマシーンは何故かフィンチを守らなかった。

カーターが帰宅すると、家の中でジョンが彼女の帰りを待っていた。
ジョンはフィンチが誘拐された経緯を話し
表向き死んだことになっているフィンチを内密に探すのを
協力して欲しいとカーターに頼む。
ジョンに言われ、カーターは元諜報員のアリシア殺害事件の担当になり
別角度からフィンチを探し出すのを手伝う。

ジョンはフィンチの行方を探す手掛かりだと信じ
マシーンが言った単語を調べ、やっとそれがフィンチの所蔵している本の
タイトルと著者のイニシャルだと気がつく。
それはデューイの十進分類法だった。
早速、判明した社会番号をライオネルに調べてもらうと
ニューヨーク・ビジネス大学卒のレオン・タオという
東洋系の男性のものとわかる。

レオンの居所を突き止めたジョンがバーに入ると
レオンはテーブル席で男と何かもめていた。
ジョンは刑事のふりをしてレオンに、フィンチとルートの写真を見せるが
レオンは2人とも見たこともなく知らないと言う。
ジョンはレオンが本当のことを言っていると信じるが
同時にバーの中の男たちの不穏な雰囲気にも気がつく。
ジョンはフィンチが自分に何を望んでいるのか悟る。

フィンチを探すため、早くレオンのトラブルを解決したいジョン。
しかし店内にいた男たち=ネオナチのギャングたちは
レオンから大金を盗まれたと言って、レオンを解放しそうにない。
ジョンは男たちを倒すとレオンを連れてバーを出て行く。

2002年2月16日。
47日目。
通りでフィンチはマシーンに携帯電話の着信を使って
返事をするよう言う。
フィンチはマシーンに“かくれんぼ”しようと誘う。

現在。
アリシアが殺害されたことで極秘諜報部隊を動かす男はデントンに
自分たちの計画に混乱が生じたと話す。
男はニューヨーク市警の捜査の妨害をハーシュに頼む。
また男はNSAの情報アナリストのペックを殺害しようとし
(シーズン1第22話)
邪魔した身元不明の男(ジョン)の写真をデントンに見せる。
男はジョンの殺害もハーシュに依頼する。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
フィンチがさらわれた!
そしてさらったのはどうやらサイコなルート。
演じるのは「ドールハウス」や「エイリアス」「エンジェル」に登場してた
Amy Acker
役としたらお似合いだよね。
キャロライン役はどうも胡散臭かったもん(笑)

キャロラインはフィンチなみに天才的なハッカーでもあり
殺人者でもあり。
母親に言われた才能を違う方に使ったようだ。
彼女がフィンチを誘拐したのは、マシーンのせいだった。
マシーンってただの機械じゃなかったんだよね。
人工頭脳もちだった。

ジョンの心配をよそに、フィンチは自分を探すより
今までの活動を緊急バックアップであるジョンに続けて欲しかった。
そのためフィンチは自分が危険に陥っても
マシーンのセンサーから元々除外するようプログラムしてあった。
そうだよねぇ、本来ならキャロラインと同時に自分も
番号がはじきだされてもいいのに。

ルートはフィンチを今のところ殺す気はない様子。
でも行動がサイコすぎて、何をしでかすかわからない。

ジョンはマシーンに助けを求めるけれど
マシーンは社会番号を教えるだけ。
で次の番号はレオン。
このレオンは笑えちゃう。
お間抜けかと思えば、警察から逃げ出しちゃいもするし。

結局ライオネルとレオンはネオナチのギャングに捕まって
軍用犬が牙向いてる状態で拘束されてしまう。
今にもかみ殺されそうな雰囲気だったけれど
ジョンの命令で簡単に忠実犬に様変わり。
なんと命令がオランダ語で訓練されているのをジョンは知っていて
ギャングたちは知らず、犬を飼いならしているつもりが
ジョンの命令でご主人様はジョンだになっちゃった(笑)
あのままジョンが飼ってくれるといいなぁ。

カーターとライオネルがお互いジョンの下で働いているってことが
シーズン1の最終回で彼らにばれた。
このまま、ばれないのも苦しいかなとは思ったけれど
反面、ばれなくてもいいかなって。
そこらへんの微妙な関係も面白かったから。
でも、ライオネルがカーターには殺人事件の調査で
自分はライオネルのお守りって仕事でムクレるのは可愛かった。
ジョンが仕事はそりゃ変なのばかり押し付けても(笑)
ライオネルは大切な存在になってきたのはいいな。

捕まったライオネルを助けに行ったジョンが
ギャングたちに俺にも友達は一人だけだけれどいるって言ったら
猿ぐつわのライオネルがモグモグって訴えて2人って言い直したのも良かった。

公衆電話からまた伝えられた単語。
今度こそは協力してくれたマシーン。
やっと手掛かり得たね。

ルートが望むようにマシーンを解放したら
きっとルートが何かプログラムしなおして
殺人マシーンになっちゃいそう。

関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: その他のドラマ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。