海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Criminal Minds: The Seventh Season [DVD] [Import]Criminal Minds: The Seventh Season [DVD] [Import]
(2012/09/04)
Shemar Moore、Matthew Gray Gubler 他

商品詳細を見る


ロッシは、離婚した最初の妻キャロラインから数年ぶりに連絡をもらい
テラスで一緒に食事をする。
お互い恋人もいなく、会話もいい雰囲気となる。
キャロラインは何か話があるようで言いかけるが
そこへロッシに仕事の連絡が入り、キャロラインは口を閉ざす。
ロッシはキャロラインに、近いうちにロッシの自宅で
ディナーを一緒にしようと約束し、B.A.Uへと向かう。

ロッシは遅れてチームのミーティングに合流。
事件は子供の誘拐だった。
48時間前、マーリーン・スミスは息子で9歳のボビーを
セントルイスの実家の前で車から降ろしたが
ボビーはその場所で姿を消した。
マーリーンは実家にボビーを預けたつもりでいたため
しかも実家の祖母が留守だったため
ボビーが誘拐されたことに気がつくのが遅かった。
ボビーの父親は職場で横領し、2年前に逮捕され服役中だ。
犯人が顔見知りの犯行でない場合、生存の希望がもてるのは24時間だ。

ボビーはその頃、若い男に家の中の部屋で監禁されていた。
若い男は仕事に行く前にボビーに食事を持ってくるが
ボビーが母親の話をすると怒って出て行き部屋に鍵をかける。

セントルイスに向かう機内。
ロッシはキャロラインとの電話を切るが
仲間はロッシが浮き立っていることにすぐ気がつく。
ガルシアがマーリーンの調査報告をする。
マーリーンは重いうつ病で常軌を逸した行動で逮捕歴が多数あり
この5年間に自殺未遂を2度起こしていて
うつ病治療のため多量の薬を処方されていた。
そんな状態の母親の元でボビーが保護されなかったのは
児童福祉局の資金難と人手不足が原因だろうとチームは考える。

ホッチとJ.Jはセントルイス警察へ。
ウッズ刑事から、取調室にいるマーリーンはまだ話せる状態ではないと聞き
ホッチはJ.Jにマーリーンと話をさせる。
マーリーンはボビーが誘拐された日、とても調子が悪く
自殺への誘惑でいっぱいだった。
マーリーンはボビーに手首を切るところを過去に2度とも見られていて
今度こそ見せられないと、早急に息子を実家に預けたのだった。

モーガンとリードはスミス家へ行き中を調べる。
マーリーンの寝室は散らかっていたが
子供部屋は整頓され机もあった。
貧しくもボビーと費用のかかるテーマパークへ遊びに行き
思い出として高額なフォトフレームを購入していた。
キッチンではボビーの自立を考え
電子レンジが使えるようになど工夫がされていた。

若い男は仕事から帰宅すると、ボビーに120色のクレヨンのお土産を渡す。
そして若い男はボビーにボビーの母親はいつも辛そうで
「辛くならないようにしてあげたいか?ママを助けたい?」と尋ねる。
ボビーは頷く。
若い男はママを助けに行くと言って、部屋を出て行く。

チームのミーティング。
祖母のアリバイもわかり、顔見知りの線は薄くなっていくが
ボビーが比較的人通りの多い場所で誘拐されたことや
マーリーンがボビーを実家に預けに行ったのは衝動的なことから
チームは、犯人は、ボビーが信頼している人物で
ずっと家を見張っていたのではとプロファイルする。

マーリーンが若い男に襲われる。

++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
今回の犯人は、彼自身、可哀想だったんだよなぁとは思える。
母親がいつも死を考えているなんて。
母親が自殺しようとすると、子供は自分が悪いと考えちゃうって。
犯人は何度もそんな思いをさせられていたんだってところは不憫に感じる。

うつ病は病気なので、そうなった人を責めるなんてとんでもないけれど
マーリーンだって案じていたように自殺願望の強い時には
ボビーの心と身に危険を及ぼしちゃう可能性が大きいよね。
ドラマによっては、児童福祉局が時に容赦なく母親から子供を引き離しているけれど
実際は資金難と人手不足で、手が回らないのが実情なのかなぁ?

ボビーは母親をとっても愛していて素直でいい子だし
それは母親の愛情が伝わっているからだと思う。
とりあえず母親の具合の悪い時、ボビーには祖母がいたけれど
犯人には周囲に手助けしてくれる人がいなかったんだろうな。
ついに母親を橋から落としちゃった。
母親の恐怖の目は、犯人の中では感謝の目に映ったんだろうな?
そう思いこもうとしていただけかもしれないけれど?
で、同じように母親に苦しめられている子供たちに
自分と同じ思いをさせたくないって思う。

犯人は自分の母親を殺した時点で狂気が芽生えちゃったんだろうな。
里親はいい人みたいだったのに、いい人だったからだけに
別れは辛かったんだ…。

犯人の職業がこれまた、そういう方面を選んだんだろうなぁ。
母親の行動に苦しむ子供たちを見つけやすい。
ボビーの母親は、犯人が自ら手を下したけれど
犯人の狂気はエスカレートして、子供に母親を殺させようとする。
自分と同じように。
自分と同じ思いをさせようとしている。
結局は子供たちのために問題ある母親を殺しているとしながら
自分を苦しめた憎い母親の姿を、子供たちの母親に置き換えて
復讐しているだけだった。

問題ある母親でも子供って一生懸命愛そうとする。
それなのに犯人が母親を橋から落としたのはウンザリしたから?
愛憎って言葉を考えちゃうな。

ロッシは離婚した最初の奥さんのキャロラインから連絡をもらって再会。
離婚は3度までなら常識的な範囲??
キャロリンから何か探られている気がすると感じるが
ロッシはいい方向に、寄りを戻せそうかとキャロラインが
考えているのでは?と考える。
ロッシはセカンドライフを思い描いてご機嫌。
で、絶対オチは暗い話だよね~と予想していたら、病気だったのね~。
これっていざという時は安楽死させてねってお願い?
ロッシ頼られても、これも辛いね~~。

関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: Criminal Minds
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。