海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
デクスター シーズン6 コンプリートBOX [DVD]デクスター シーズン6 コンプリートBOX [DVD]
(2012/09/14)
マイケル・C・ホール、ジェニファー・カーペンター 他

商品詳細を見る


スペルツァーの件で、デボラがやっと自分を理解し受け入れてくれたと
デクスターは気分が良くなる。
これで厄介事もなくなり、前進して新生活をスタートできると
期待したデクスターは、ハリソンが帰る前に終わらせようと
マリーナのボートの手入れを始める。
しかし一方で現れたハリーの、デボラの理解は今だけで
いずれ心がむしばまれる…という言葉も心に残る。

と、ボートに大量の血の痕跡があることにデクスターは気がつく。
ビクターの血とは考えられず、ボートで誰かを殺した覚えもない。
デクスターは誰の血か調べるため採取する。

マリアが外部のラボに証拠品を調べさせていることに気づいたマスカは
自分がクビになるのではとビクビクし、デボラに相談する。
マスカからその証拠品がトラビスの血のスライドだと聞いたデボラは
兄を守るため、状況を把握しようとマリアのオフィスに行く。
するとマリアはベイハーバー切り裂き魔の件も調べていて
それに気づいたデボラに内密に、ドークスは犯人ではなく
他の警察関係者が真犯人の可能性があると打ち明ける。
一人で悩みを抱え込んでいたマリアは、デボラに手伝うと言われ喜び
事件のファイルを他言無用だと念を押してデボラに渡す。

デクスターのオフィス。
ボートから採取した血は分析の結果ルイスのものだと判明する。
なぜルイスは殺されたのか?、なぜ自分のボートに?と謎だらけで
デクスターは思わず頭を抱える。
そこへオフィスに入ってきたデボラから、自分たちは絶望的だと言われ
なぜならマリアが教会で血のスライドを見つけたのだと教えられ
デクスターの悩み事がまた一つ増える。
それにデボラはデクスターが反対するにも関わらず
マリアの捜査に協力するつもりだ。

早速、デボラはデクスターに、ドークス死後の切り裂き魔の被害者像に合致する
行方不明者の写真リストを見せ、デクスターが手にかけた被害者を聞き出す。
デクスターによれば被害者は3人で、そのうちの一人で
バーンズの家族の聞き込みの担当を、デボラは自分になるよう画策するつもりだ。
バーンズは結婚式のカメラマンで、若い女性を狙う連続暴行殺人犯だった。
デクスターは披露宴に出席後、バーンズを襲っていた。
デボラはそれを聞いて、写真にデクスターが写っているかもと心配になるが
デクスターには自分に関連する証拠がないと自信があった。

デクスターは自宅へ帰り、鍵を開けようとするが
閉めてあったカーテンが開いていることに気がつく。
ジェイミーとハリソンの帰宅はまだのはずだった。
危険を察知したデクスターは自宅の留守電にサムという人物のフリをして
ベイショア通りの店で後で会おうとメッセージを残す。
拷問道具持参で、デクスターを殺そうと待ち構えていたアイザックは
その伝言を聞いて、デクスターの家を出て店に向かう。
その様子を外の車の中で見ていたデクスターは
アイザックがバーで会った男だと気がつくがコシュカのボスとは思わず
ビクター殺害がコシュカにばれ、殺し屋を寄こしたのだと勘違いする。

その後、店のテラスでデクスターが来るのを待つアイザックを
デクスターは店から離れた場所から見張り、彼に電話をする。
そしてアイザックがルイスを殺害したこと
ビクター殺害を警察全体の陰謀だと思い込んでいることを知る。
デクスターは自分の姿に気づいたアイザックに
ビクターは自分一人で殺害したと告白し警察の関与を否定するが
アイザックは信じなかった。

デボラの身にも危険が迫っているとわかり
署に戻ったデクスターはデボラを駐車場へ呼び出して
ビクター殺害の事情を打ち明け、危険が迫っていると警告する。
デボラはデクスターがマイク殺害でビクターを犯人と特定する証拠を
隠したことに憤り、兄を庇うことにうんざりしデクスターを責める。
アイザックを逮捕されると困るデクスターは
アイザックを逮捕すると息巻くデボラをなだめ
彼女を守るため、ホテルに泊まることにする。

追い詰められたデクスターは早急にアイザックを始末しようと考えるが
見張っていたバーでアイザックが殺し屋ではなく組織のボスだとわかり
簡単に手出しできないことを思い知る。

その時、エンジェルから、ハンナがランダルの被害者捜索に
協力すると言って署を訪れると連絡が入り
デクスターは仕方なく署に戻る。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 
デクスターは、デボラが自分を理解してくれたと思い込みたいけれど
一方で、ハリーの忠告も十分わかっているんだと思うなぁ。
ただ今は、それに耳を貸したくないだけ。
このまま前へ進んで、またうまく事が運べると信じたほうが楽だものね。

デクスターも結局は孤独なんだよね。
プラドには心底、親友になれるかもと期待したのに裏切られ
パートナーになれると思ったルーメンは
彼女の復讐という心の闇が満たされ、お終いとなった。
そして今度は愛する妹デボラにデクスターは期待するけれど
スペルツァーのことがあっても、それこそ無理だと思うなぁ。
ハリーのような人物はもういないと思うし
それにもしハリーが生きていたなら
心の声のハリーより理解があるかは疑問。
デクスターにとっての一番の理解者は心の声のハリーで
結局は自分なんだよね、きっと…。

ビクター殺害でアイザックとデクスターが対決開始。
これから先、アイザックとデクスターのどちらが先に
相手を仕留めるのかのハラハラゲームに突入かな。

ただし、アイザックが組織のボスだとわかった以上
デクスターは、下手すれば組織を敵に回す危険が出来てしまい
それこそ命が危ない。
でもアイザックは、ビクター殺害を警察全体の陰謀と思っていて
暗にデボラも狙うぞと脅しをかけてきたため
デクスターも時間をかけていられず焦る。
そこで、敵対するコロンビアギャングとの争いで
コロンビアギャングにアイザックを仕留めさせようと
デクスターは画策するけれど、アイザックは強かった!

アイザックが拘留され、デクスターはとりあえずホッとするけれど
アイザックにしてみれば外の部下に命令なんていくらでもできるものね。
デクスター、絶体絶命の大ピンチ。
それにこのことでデボラを怒らせてしまい
良き理解者の話は立ち消えだよねぇ。
うまくいっている時はいいけれど、デクスターがヘマをすれば
周囲の大切な人を巻き込むってつくづく思ったな。
リタだけじゃすまない。
前のシーズンはハリソンも狙われたしね。

それにデクスターを追い詰める問題がまだあった。
トラヴィスの血のスライド。
マリアが再捜査を始め、マリアを手伝うと言って
デボラがある殺人のデクスター関与の証拠をもみ消したから
なんとかセーフだったけれど…。
デボラはアイザックのこともあるし、もう関わりたくないって。
そりゃそうだよね。
普通の人なら神経ボロボロになっちゃう。
デクスターを理解するなんてやっぱり無理だった。

ハンナは遺体捜索を手伝うと言って来たけれど
本当は自分の犯行がばれないか探るためだった。
デクスターに近づこうとするのはそのため?
同じ殺人犯の臭いか何かを感じる?
最初は一目ぼれなのかな?ってぐらいのデクスターの表情だったけれど
今度はハンナを標的にするのかなぁ。

エンジェルは一人でマイク殺害の真犯人を追いそう。
クインは過去の行いで、これからアイザックたちにこき使われそう。
警察全体の陰謀と思っているアイザックと
アイザックの息子を殺したと知らないデクスター。
こういう細かいところが作用して話が転がっていくのかもねぇ。

関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: DEXTER
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。