海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Dexter: The Complete Seventh Season [Blu-ray] [Import]Dexter: The Complete Seventh Season [Blu-ray] [Import]
(2013/05/14)
Dexter

商品詳細を見る


掘り起こされた犠牲者の遺体からハンナの血痕を発見したデクスターは
ハンナが殺人犯だと知り償わせようと、園芸店で彼女を見張る。
現れたハリーから大目に見てやれと言われるが
戦利品を懐かしむハンナは殺人が好きで
他にも殺人をしているとデクスターは睨んでいた。
ハンナの過去を調べたが、ハンナの夫は40歳で健康だったのに
心臓発作で死んでおり、ハンナが夫を殺害したのだと
デクスターはもはや確信していた。
そしてデクスターにはハンナを殺したい理由がもう一つあった。
それはアイザックの他、問題が山積みで
デクスターはストレス解消をする必要があったのだ。

しかしハンナが殺人犯だと確信はあっても確証はない。
デクスターは彼に警戒心を抱くハンナから夫について聞き出し確証を得るため
まずは署に戻り、発掘した遺体の報告書を改ざんして
ハンナと和解しようと考える。

コロンビア・ギャング3人を殺害したとして
コシュカのボス、アイザックを逮捕した事件で
アイザックの保釈は免れたが、強力な弁護団が再請求するはずだ。
証拠もあり堅い事件だが、デボラとマリアは覆ることを心配し
検事の質問には万全の態勢で臨みたいと署員に伝える。

一方、刑務所でアイザックは、コロンビア・ギャングから脅される。
しかしアイザックのほうが彼らより一枚上手だった。
コロンビア・ギャングから奪った携帯電話で
アイザックはジョージにかけ、緊急で面会に来るよう伝言を残す。

デクスターは出勤前、市場から戻っているはずのハンナに会いに行く。
するとハンナは家の裏の花壇の草木の手入れをしていて
片手には毒殺されたウサギを持っていた。
ハンナは花を荒らすため、仕方なくウサギを殺したのだと言い訳をする。
デクスターはハンナに改ざんした報告書を見せ
ハンナを疑って悪かったと謝罪する。
それからデクスターは彼女の夫の話題を切り出そうとするが
デクスターの口から出たのは、花を買いたいという言葉だった。

しかしデクスターはやっとハンナの夫の話題へと流れを持っていき
自分の妻のリタが殺されたことまでを話す。
だがデクスターが期待したハンナの罪の告白は聞けず
デクスターは矛先を変えて、店のことに話題を持っていく。
園芸店は、ハンナが恩師のビバリー・グレイから一年前に譲り受けたものだった。
そのビバリーも心臓発作で死んでいた。

署に戻ったデクスターがビバリーのことを調べた結果
子供のいなかったビバリーはハンナを唯一の相続人にしていた。
ハンナの夫もビバリーも死因は心臓発作で
デクスターは、ハンナが2人を毒殺したのだと確信する。
一生懸命、ハンナのことを調べるデクスターに
ハリーは何故、彼女に執着するのか尋ねる。

デクスターは、ランダルとハンナの事件の本の著者である
サル・プライスがエレベーターに乗るところを目にする。
デボラによれば、遺体が発見され、本を書き直すために
資料が見たくサルは署を訪れたのだ。
それを聞いたデクスターは、彼が報告書を改ざんしたことが
サルにバレると思い慌てる。

クインはジョージの命令で車の中にあった大金を受け取る気になるが
それを知ったナディアに反対され、ジョージに突き返す。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 
いろいろ問題山積みのデクスターは、ストレス解消に殺人がしたくなる。
もっか、うってつけの標的はハンナ。
ハンナも当時15歳で若かった、ランダルが怖くて人を殺した…なんて理由は
デクスターにしてみれば、ちゃんちゃらおかしい?
ランダルの勝利品を見つめるハンナは、当時を懐かしんでいるのがバレバレ。
殺人が好きなんだ、他にも人を殺しているはずとデクスターは
爬虫類的脳でビ、ビ、ビッとわかっちゃう。

そして過去を調べれば、ハンナの夫は健康だったのに心臓発作で死亡。
ただハンナが殺したって確信しても確証がなきゃ、ハリーの掟から殺人はできない。
で、ハンナに改ざんした報告書を持って会いに行くけれど
彼女に会うと、デクスター、調子が少し狂っちゃうんだよね。
この後もずっと。
やらなきゃって頭ではわかっているのに、その正反対のことする。
これってかなりヤバイ!(笑)

話は戻して報告書持って、ハンナを疑って悪かった~って謝れば
ハンナも殺人を認めるか…って、こりゃいくらなんでも安易な考えでしょう
デクスター??
ここらへんは認めたくなくても会う口実だったりして?

サルの登場で、デクスターはハンナが連続毒殺殺人犯だって確証を得る。
一方で報告書の改ざんがサルに見つかるって危険があったけれど
サルの調べていたのは毒だったから、ここらへんは平気?

でもこの改ざんした報告書が今後、結構ひびくかも~?
検事に万全の態勢で…とか言ってたしね。

クインはジョージからのお金をちゃっかり受け取ろうとしてたけれど
ナディアに言われ改心。
ナディアの姿が消えちゃって、ジョージの言うとおり
殺されてないといいね。
でもこのお金で、クインがデクスター狙うのかなぁ?
いくら捕まっているとは言え、凶悪なギャングのボスだよ
部下に連絡なんていくらでも出来るよね~。
デクスター、油断しちゃだめだよってハラハラ!

エンジェルは刑事を辞める気に。
前回、デボラに支持されなかったことが原因だろうなぁ。

デクスターの大きい悩みの種のデボラ。
今度はルーメンのことがばれちゃったし
あの事件の犯人の全員をデクスターたちが
殺害したこともデボラにわかっちゃった。
デクスターは、ルーメンが彼のことを絶対密告しないって確信していて
それはデクスターがルーメンに恋をしているからだと、デボラは思う。
リタが死んだばかりなのに、ルーメンと付き合うなんて信じられないって
怒るデボラだけれど、本心は、愛するデクスターが
ルーメンに恋していると知ってショックだったんだろうな。

ルーメン、彼女の心の闇はデクスターとは別物だった。
彼女はそもそも善良な女性だったんだものね。
そして今度は悪女ハンナ。
殺人が好きなのはデクスターも同じだけれど
またもや本質的なところで違う気がする。
それでもデクスターはハンナの魅力にまいっちゃったわけで
いつまでアツアツの関係でいられるのやら。
ハンナがデクスターを標的にしなきゃいいけれど。
ランダルだって見捨てられちゃったわけでしょ。

自ら招いているとは言え、デクスターもトラブル続き。
関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: DEXTER
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。