海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Dexter: The Complete Seventh Season [Blu-ray] [Import]Dexter: The Complete Seventh Season [Blu-ray] [Import]
(2013/05/14)
Dexter

商品詳細を見る


またもや“亡霊”放火犯の犯行が起き、母親と6歳の娘が犠牲者となった。
これで2週間で5回目だ。
犯行現場にはこれまでと同じく“ボビー”の文字が残されていて
デボラは犯人の署名だろうと考える。
デクスターは子供の死体を平気で見るボッソに疑いを持つ。

休憩時間、デクスターは昼食を持ってハンナの家を訪ねる。
亡霊放火犯の話を聞き、ハンナはデクスターに
犯人をラップで巻きたいかと尋ねるが
デクスターはデボラと捜査妨害をしないとの約束があり
犯人は殺さないと答える。
しかし殺人への欲求のジレンマがデクスターをイラつかせていた。
ハンナにその気持ちを説明しようと、デクスターは
“闇の声”がすることを打ち明けるが
ハンナには、デクスターが殺人の衝動を闇の声と呼ぶことが理解できなかった。
実際には声はなく、殺人の衝動はあくまでデクスターの意思だとハンナは言う。
デクスターはハンナの意見に不満だったが、そこへハンナの父親が現れる。

突然の父親の訪問でハンナは動揺する。
ハンナの父親・クリントは詐欺で服役していたが
クリントが服役して以来、ハンナはずっと話していなかった。
クリントは刑務所で分析医に相談して、最低な父親だったことを
ハンナに謝罪するよう言われ会いに来たのだと言う。
クリントはハンナに渡したいものがあると言い
修理したドールハウスを置いていく。
しかしそのドールハウスはハンナにとって最悪な贈り物だった。
父親とのひどい思い出の品物だったからだ。
それでもハンナはクリントが変わろうと努力しているのかもと心が揺れる。

捜査会議でボッソは犯人のプロファイリングを発表する。
デクスターはボッソが彼自身のことを言っているのだと思う。
会議が終わり、デクスターに送られたメールに気がついたマスカは
デクスターの恋人からだと追及を始める。
エンジェルはジェイミーから聞いていたため
ハンナがデクスターの恋人だとすでに知っていた。
デクスターとハンナの交際は公となった。

しかしデボラはそのことでデクスターをオフィスに呼び、デクスターを窘める。
デボラはハンナの罪を許さず、償わせるとデクスターに宣言する。
デクスターがオフィスから出て行った後、デボラは精神安定剤に手を伸ばす。

そして再び、幽霊放火犯の犯行が起きる。
今度はバスが狙われる。

その頃、デクスターはハンナに呼ばれ、ハンナとクリントと共に
レストランで食事をしていた。
クリントはザリガニ養殖を始めると話し、ハンナに2万ドルの投資話を持ちかける。

クインはナディアから娼婦にされると連絡が入り
エンジェルを援軍にジョージのもとへ乗り込む。

マリアはデクスターが連続殺人鬼と疑っていたがマシューズに一笑される。
2人はエバーグレーズの小屋へ行き、ドークスの最期を調べに行く。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 
前回、娘に愛情ない父親の話が出たと思ったら
早々にハンナのお父さんクリントが登場。
演じるのは「スーパーナチュラル」のボビー!役Jim Beaver
ちょっと痩せちゃったかな?
なんか父親が詐欺師って「CHUCK」の設定そのまんまだけれど
あっちは味のあるいい父親、こっちはどうしようもない父親だった。
ハンナってどうも今まで信じられなかったけれど
投資しなかったら、花を滅茶苦茶にされて
さらにお前のせいで母親が死んだんだって詰られて
そんな重荷を彼女は背負っているんだとわかった。

でも同時に、連続殺人犯でも父親の投資話に乗ってあげれば良かったとか
ふつーに悩んでいるのが驚いちゃった。
人は人だものねぇ、ある人達は平気で殺せても
両親となると話は別なんだろうねぇ。
(これってデクスターもだけれど…)

もともとクリントを信じていないデクスターは投資話にも乗らず
娘がお金がないと投資を断ったら、あれやこれや嫌がらせするクリントに
殺意が沸く。
でもハンナは昔からひどい父親とわかっていても
それでも父親の愛情を求めているわけだし、いなくなって欲しいと言っても
(本気だったら自分で殺すでしょ)
本気で殺して欲しいわけじゃないよね…と思う…。
ところが相談して愛する相手はデクスター。
違う相手だったらね、こうはならないけれど
デクスターは掟を破って、まさに闇の声じゃなく、自分の意思で決断しちゃった。
ハンナはデクスターの報告の意味をわかってるのかなぁ?
それにしても娘の秘密をばらしてお金儲けしていた父親!
こんな男もいるんだねぇ。

もう一つ、デクスターが闇の声じゃなくて自分の意思で決断したこと。
幽霊放火犯の処刑。
ボッソは先週、まさか彼が犯人だったりして…って私も簡単に思っちゃったけれど
最初、そんな展開になっていてわぁ~(笑)だったのに
やっぱりそう簡単なもんじゃないよね(汗)
しかしデクスター、あそこまでしたところで止めても
犯人に顔見られちゃってるし、そのまんまでいいのかな??
昔も同じようなことあった気もするけれど
顔がばれなきゃいいのか?
でも今はマリアとマシューズが追い詰めてきてるしね~。
何が命取りになるのかわからないよ。

ハンナの影響で、デクスターも闇の声は自分の意思と思うことになった。
デクスターにとって、それは今までの犯行は闇の声のせいにしてきたけれど
自分の意思でしたことだったと認めるってこと。
精神安定剤まで飲んで気持ちを安定させているデボラは
やっぱりハンナを逮捕するとデクスターに宣言。
なんだか精神安定剤に注目!みたいな感じだったから
ハンナがデクスターに父親を殺されたと知って復讐であの容器に毒入れるか
デボラに逮捕されそうになってあの容器に毒を入れるか
とか考えちゃう(汗)

マリアとマシューズはエバーグレースの小屋を調べて
持ち主がかつてデクスターの母親が殺された事件の関係者だと突き止める。
なんだか真相に迫ってきちゃって怖いなぁ。
おまけに冷凍庫キラーがデクスターの兄とか
今で公になってなかったこともマリアは知ることになったし。

クインはナディアを救うためにジョージを撃っちゃった。
エンジェルはクインをこのまま庇うのかなぁ?
エンジェルにしたらお金を融通してくれたクインに恩は感じてるものね~。
クインの髪の毛がどんどんボサボサになっていく…。

関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: DEXTER
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。