海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Dexter: The Complete Seventh Season [Blu-ray] [Import]Dexter: The Complete Seventh Season [Blu-ray] [Import]
(2013/05/14)
Dexter

商品詳細を見る


これまで未来など考えたことがなかったデクスターだが
ハンナとの楽しい未来を思い描き始めるようになる。

矯正局からエストラーダの仮釈放審理が今日の10時から始まると
デクスターに突然の連絡が来る。
エストラーダはデクスターの母を殺した主犯格の男で
デクスターが唯一、復讐できなかった男だ。
ハンナはデクスターからそれを聞き
宇宙からのクリスマスプレゼントだと言う。

エストラーダの仮釈放審理に出席したデクスター。
勿論、エストラーダの仮釈放に異議などない。
エストラーダは末期疾患のため、仮釈放が承認される。

クインはナディアに度々、電話をするが
留守番電話にメッセージを入れても、折り返し返事が来ない。
心配になったクインは店に行ってみる。

エンジェルがクリントの密告で知ったアーリーン・シュラムを見つける。
アーリーンには2度の離婚歴があり、父親違いの2人の子供がいて
現在ハイアリアに住んでいた。
エンジェルはデボラに、デクスターに恋人を捜査していることを
知らせるべきだと言う。

デクスターはマシューズに呼び出され、マシューズの船に行く。
マシューズはクリスマスの飾り付けをしているところだった。
マシューズはベイハーバー切り裂き魔事件で
マリアがデクスターを真犯人だと疑っていると教える。
しかしデクスターは、これが自分への尋問だと気がつき
ドークスがボートを持っていたと嘘の情報をマシューズに教え
マリーナにあった自分のボートを移動した理由にする。
マシューズはデクスターの話を信じる。

マシューズと別れたデクスターは、証拠を偽装し
マリアたちに見つけさせ、自分の疑いを晴らさなければと焦る。

デボラはアーリーンの証言を得るため、ハイアリアに行く。
しかしアーリーンは口が重く、デボラは
麻薬乱用で一時期、養育権を失っていた彼女に
ハンナが毒を盛るところを見たと証言しなければ
子供を取り上げると脅しをかける。
子供を失いたくないアーリーンは考えさせてくれとデボラに言う。

モールのサンタのイベント会場に、ジェイミーと共にハリソンを連れて来た
デクスターとデボラ。
デボラはデクスターの様子が変なのに気がつき
何があったのかと聞き出す。
デクスターはマリアが自分をベイハーバー切り裂き魔事件の
真犯人だと疑っていることを打ち明ける。
証拠をねつ造するというデクスターに、デボラは自分がすると言う。

ハンナはアーリーンに会い、デボラがアーリーンに会ったことを知る。

デクスターはハンナからメールをもらい、モミの木を家に運ぶのを手伝いに行く。
クリスマスはデボラとハリソンと過ごす予定で、ハンナも誘うが
ハンナはデボラが嫌がるだろうとデクスターに言う。
それならばとデクスターは、今年から毎年一緒に
クリスマスイブをしようとハンナに約束する。

夜、マリアを車の中から見張るデボラ。
彼女は精神安定剤を一錠口に入れると水で流し込む。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++


 
ハンナ愛しさで、ついに彼女との未来を思い描くデクスター。
デクスターは老けていて、ハリソンも大きくなっていたけれど
ハンナ、あれで老け顔?
愛しすぎてデクスターの頭の中で、彼女だけ老けないのかと思っちゃった(笑)

クリスマスが近づいてきたマイアミ。
マイアミだとあんまり、クリスマスって感じが出ないなぁ。

そしてアイザックの脅威がなくなった今、クリントもいなくなったし
デクスターにとって新たな脅威はマリアとマシューズの捜査となった。
そこへ母親を殺した憎き主犯格のエストラーダが仮釈放。
これまで刑務所にいて手を出せなかったから
ハンナ曰く宇宙からのクリスマスプレゼント。
殺人犯同士ならではのうなづきだね。

でもエストラーダに手を出せば、真っ先にデクスターが疑われるのでは?と
思うところ。
それでなくてもマリアたちの疑いはデクスターに向かってるのだから。
マシューズからマリアが自分を疑っていることを知ったデクスターは
証拠をねつ造して、あらためてドークスが犯人だったと思わせる作戦に出る。
これには元々、小さい時からデクスターを知っているマシューズは
引っかかったけれど、マリアはマシューズにどう言われようが
デクスターへの疑いをあきらめられない。

そういう状況でもデクスターはエストラーダをついに捕まえる。
さあ処刑と思ったら、なんとマリアの罠だった。
デクスターが狙うとわかっていてエストラーダが
仮釈放されるように手を回していた。
エストラーダはデクスターの正体と自分を殺そうとしたこと
仲間を殺したことを知っているのに、逃げられてしまった。
デクスターにしたら大失態って言葉だけじゃすまないかも。

一方、デボラはハンナを逮捕しようと
クリントから密告のあったアーリーンの証言を得たい。
アーリーンは更正施設でハンナがカウンセラーに毒を盛るところを見ていた。
アーリーンはデボラへの友情と、子供たちを失う危険の板ばさみ状態。
でもあの調子だと、ハンナを裏切っちゃいそう。
アーリーンからデボラのことを聞いたハンナはなんとかするって約束。
それってどういう意味?
なのがそれからの展開。

デボラに会いに行ったハンナ。
それもデボラの家。
デボラは年中ペットボトルの水を飲んでいるけれど、それって暑いから?
ハンナはデクスターの愛する自分を解放するようにデボラに説得。
デボラは愛するデクスターを守るためにもハンナを逮捕すると宣言。
三角関係の女の火花バチバチだわね。
間のデクスターがなんとなく頼りなく感じるのは何故?(汗)

ところが、この後にデボラの交通事故。
精神安定剤の過剰摂取で意識が朦朧として運転を誤まったらしい。
幸い命に別状はなかったけれど、ああ、ハンナが毒を盛った!?と
疑いの展開になっていく。

デクスターは愛するハンナがまさかと思う。
でも一度芽生えた疑いは増殖していっちゃう。
鑑識、または殺人犯の目からデボラの家や事故を起こした車を調べた
デクスターが見つけたのは水が残っているペットボトル。
中に何も入ってないでくれ~ってデクスターは願うものの
結果が出る前に、ハンナに問い詰めちゃった。
ハンナはデボラを殺そうとしたことを否定。
自分なら絶対、証拠を残さず殺すと。
確かにそうだよね、いつも使う毒じゃなくて精神安定剤ってのも
手口が違う気がする。
それでも、事故に見せかけるには精神安定剤のほうがいいってのもあるかも?

デクスターは納得したい。
思い描いていた明るい2人の未来を捨てがたい。
でも水の分析結果は…。

やっぱりデクスターにとってはデボラのほうが大切。
ハンナにデクスターが人を信じることができないから
ハンナのことも信用できないんだと言われていたけれど
ハンナを信じきれないのはやっぱりハンナの言うとおりなんだろうなぁ。
これがデボラだったら?
愛情は妹への愛情だとしても、彼女のことは信じるだろうしね。
デボラが殺されたら大変だと、愛していたハンナを
警察に売っちゃったデクスター。
一方でデクスターだって理由は自分のためじゃなくても
ハンナの父親を殺しちゃったのにと(汗)

ただ、ハンナの逮捕までとなると、薬はデボラの作戦かもと
ちょっと頭に浮かんじゃったりして。
天邪鬼な私(大汗)

クインとナディア。
なるようになった展開なのかもね~。
クインの殺人を目撃しちゃったし、それを隠しながら
クインの側にいるのは、クインを守るためにも良くないと思ったのか?
このまま別れたほうがいいよね。
ベガスでカジノで働く…まさか、クイン会いに行かないよね。

エンジェルはついに刑事を引退かな。

次回が最終回。
関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: DEXTER
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。