海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Closer: The Complete Seventh Season [DVD] [Import]Closer: The Complete Seventh Season [DVD] [Import]
(2012/08/21)
Kyra Sedgwick、J.K. Simmons 他

商品詳細を見る


GWに溜まったドラマの消化で、なかなかペースが戻らず。
ずいぶん前に見終っていたのだけれどやっとアップ。

シーズン7も続いたこのシリーズもついに最終話。


朝、ブレンダが丘の上の犯罪現場へ到着すると
昨夜の通報があった死体を含めて、すでに計3体の女性の死体が
捜索隊により掘り出されていた。
しかしそれだけではなく捜索犬の様子ではあと2体はありそうだ。
通報してきた少年は名乗らず、ただ“グリークシアターの上”と言ったため
イタズラの可能性と真っ暗闇で広範囲な捜索となり発見が遅れた。
通報に使われた携帯は丘の下のゴミ箱で見つかり
携帯の登録者から不動産業者のダグラス・グランドの物とわかるが
絶妙なタイミングで昨夜、盗難届が出されていた。

被害者たちはレイプされ絞殺されており
遺体の上に破れた衣服が乗せられていた。
その中で腐敗していない遺体が一つあり、犯行の途中で邪魔が入った犯人が
バッグを処分し損ねたらしく、その中からIDが見つかる。
そして被害者が大学生のカレン・オンシディだと判明する。
死亡時刻は検死官によれば昨夜午後8時半~10時半と推測でき
ブレンダはフリンとガブリエルにカレンの過去48時間の足取りを調べさせる。
またプロベンザに遺体の服を回収し、行方不明者のデータと照合させる。
タオはカレンの遺体を埋める穴が前もって用意してあったことに気がつく。
サンチェスは足跡から追跡劇があったようだと見抜く。

<昨夜。
ダグラスは男娼の少年を丘の上に連れ込み、上着を木にかける。
金を追加する約束でダグラスが少年に洋服を脱がせ始めた時、物音がし
不審に思った2人が暗闇に目を凝らすと
裸の女性を担ぐ犯人が通り過ぎていき、女性を埋め始めるのを目撃する。
それに気づくや否やダグラスはその場を逃げ去って行くが
ズボンを途中まで下げていた少年は転んでしまい逃げそびれる。
少年はズボンを引き上げるが、そこへダグラスの携帯電話が鳴り
気がついた犯人は、スキーマスク姿の黒ずくめ姿でシャベルを持ったまま
少年を追いかける。
少年は必死に逃げるが逃げ場がなくなり、犯人に掴みかかっていく。
2人はもみ合いになり、少年は犯人からスキーマスクを奪い取るが
犯人はさらにその下にストッキングを被っていた。
少年は犯人にシャベルで頭を殴られ、崖の下に転がっていく。>

サンチェスの推理で、ブレンダたちは
昨夜、通報した少年が犯人ともみ合い、かなり接近したことを知る。
少年が崖下に落とされた後に通報したのか確かめなければならなかった。

警察に連行されたダグラスは最初はシラを切るが
彼の上着等、現場に残していった物を突きつけられ
さらに妻子に話すとブレンダが脅すと、ダグラスは少年といたことを認める。
ダグラスによれば少年は18歳でラスティという呼び名だった。

そこへフリンたちの調査でカレンがモールで買い物をした時の
防犯カメラの映像が手に入る。
その映像ではカメラに背を向けた男が、カレンに声をかけ名刺を渡していた。
ブレンダは店内を歩く後姿の男を見て、フィリップ・ストローだと気がつく。

+++++++++++++++++++++++++++++++++
 
最終話は今まで逮捕できなかったストローとブレンダの最終対決。
少年の通報でついにストローの犯罪が暴きだされる!

やっぱりどんな犯人も、いつかはミスするものだ。
男娼の少年とその客に遺体遺棄現場を見られ、客はさっさと逃げたものの
少年は犯人と格闘することに。
男娼の仕事ゆえ、身を守る術は覚えたとのこと。
犯人ともみ合い、スキーマスク帽を犯人から剥ぎ取るけれど
その下にまだストッキング被ってるとは。
犯人の顔がわかると思ったのに悔しかった。
でもここで顔がわかっちゃうとドラマの展開としては美味しくないよね。
やっぱりブレンダが気がつかないと。

少年は歳を誤魔化していたけれど本当は16歳。
母親に捨てられて、生きていく為に仕方なく男娼に。
それでも母親を捜し、会えたら立派な子供って思ってもらおうと努力するって。
ここだけでもジーンとしちゃうなぁ。
母親を捜すのを条件にして、少年はブレンダたちに協力。
少年との会話で、ブレンダは悪人を相手にし
母親を失ったとする彼の状況を自分に重ねて心を痛める。

ブレンダとしては重大犯罪課の主任として崖っぷちな状態。
クビ寸前だった。
それだけにブレンダは捨て身の作戦。
ストローに母親のことを言われてカッとして彼を襲っちゃったのは
愕然としたけれど、これは彼のDNAを手に入れるための作戦だった。
少年が奪ったスキーマスクに偽の証拠を仕込み(検察の許可を得て)
ストローを追い詰める。

一方、ストローが口封じに少年を狙うのを恐れ
ブレンダが自宅に少年を保護。
でもブレンダが少年の心配より、仕事優先なのに腹を立てる。
少年の事を聞きもしないしって。
確かにブレンダに母性は無理かもね~。
彼女の使命感は死んだ被害者たちの敵を取ることだものね。
特に今回はストロー逮捕に執念燃やしているし。
でも悪人を相手にしていると自分も悪人に染まっていきそうって言葉は
ブレンダもグサリときたみたいね。

そんな2人のディナーも終わりに近づいた時
ストローに侵入されたことに気がついたブレンダ。
偽証拠で追い詰められたストローも最終手段に出たわけだ。
少年が人質に取られたけれど、彼が勇敢なのが幸いしたね。
そしてブレンダはストローを殺すか生かすかの決断に立たされる。

最終話を意識したカメラワークだなぁって感じた。
特にブレンダが現場に到着すると、チームが横一列に並んでいて
それをカメラが追っていくところなんて。
もう最初から、これで終わりなんだなぁって寂しく思ったな。

最終話として、いいお話だった。
ミディアムみたいな最終話じゃなくて(苦笑)
シリーズ中の宿敵との最終対決に少年の話をからめて
最後はブレンダが襲われそうってドキドキな展開に持っていくのは
ドラマの王道とさえ思っちゃう。
気がかりだったのはギクシャクになってしまった
ガブリエルとチームの仲間の関係。

ブレンダは検事局の捜査チームに引き抜かれ
ガブリエルを連れて行くことに。
ブレンダにとってガブリエルは特別に愛する部下なんだよね。
彼女が最初チームから疎まれていた時
ガブリエルだけは礼儀正しく彼女に接してくれていたなぁってことを思い出しちゃう。

ブレンダからチームへの感謝の言葉。
涙で字幕が読めなかったよ~~~。
警察を辞めて父親と暮らす道を選ぶのかと思ったけれど
彼女にはそれも無理そう。
バリバリとまた検事局で活躍してくれることを期待してる。
ドラマとして続きが観られないけれどね。

その代わり、レイダー警部が主役になったスピンオフドラマ“Major Crimes”が
そのうち日本でも観られるかも。
というか絶対観たい!!!!!!!
チームの仲間にまた会いたい!!!!!!!!!!!
それになんと今回の少年“ラスティ”がレギュラーで出てるみたい。

関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: The Closer
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。