海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Law & Order: Special Victims Unit - Twelfth Year [DVD] [Import]Law & Order: Special Victims Unit - Twelfth Year [DVD] [Import]
(2011/09/27)
Mariska Hargitay、Christopher Meloni 他

商品詳細を見る


シーズン・フィナーレ。
ステーブラー役Christopher Meloniはここで降板。

卒業パーティーを間近に控えたジェナ・フォックスが
母親のアネットとパーティー用のドレスを買い
店を出たところでひったくりに襲われる。
犯人はジェナを突き飛ばし、アネットのバッグを奪おうとするがアネットは抵抗。
しかしジェナに言われアネットは抵抗をやめる。
だが犯人はバッグを手に入れたのに、アネットの額に銃弾を撃ちこむ。

ステーブラーとオリビアは被害者がレイプ被害を受けていないことを知り
何故、現場に呼び出されたのかと訝しがる。
実は2人を指名したのはジェナだった。
アネットはレイプ裁判の証人でステーブラーとオリビアが
事件の捜査を担当していたのだ。

アネットは2年前、美容室の開店パーティーで、オーナーのルーク・ロンソンに
ドラッグを盛られ個室に連れ込まれ、レイプされた。
ルークは合意の上だったと主張するが、ジムで使用していたドラッグが
誤まってグラスに混入したとする彼の主張は信憑性にかけ
アネットが証言をすれば、勝訴は確実だった。
しかしルークの弁護士があらゆる手段で裁判を遅らせたため
来週やっと裁判が行われるところだった。

ステーブラーたちは署で防犯カメラの映像を見て
犯人の目的はアネットを殺すことだったと確信する。
これでルークは裁判を免れるだろう。

ステーブラーとオリビアはジェナが落ち着くのを待って話を聞く。
突然の出来事にジェナは犯人の顔すら見ていなかった。
ジェナは証言を恐れたルークの犯行だと疑っていた。
先週の夜、アネットが歩いていると暗闇でじっと誰かに
見つめられていたことをジェナは思い出す。
最近では無言電話も頻繁にかかってきていた。
最後に無言電話がかかってきた時、アネットが相手に
“いくら脅しても証言はやめない、意気地なし”と言っていたため
ジェナはルークからかかってきたのだと思っていた。

フィンがフォックス家の通話記録を調べると
プリペイド式の携帯電話から自宅に36回電話がかかってきていた。
携帯電話はルークの店からごく近い電気屋で販売されたものだった。

ステーブラーとオリビアはルークの美容室へ行き
仕事中の彼から話を聞く。
ルークはステーブラーたちに強気な態度をとっていたが
アネットが殺されたと聞き、うろたえる。
ルークは昨夜は、広報のマリエットと食事をしていたと言う。
そこへ彼の弁護士が現れ、ルークに何も喋るなと言う。

次にステーブラーとオリビアはルークのアリバイを確かめるため
マリエットに会う。
マリエットによれば、ルークはマリエットと食事後
セント・アン教会に行った。
2年前からルークはホームレスへ散髪のボランティアをしていたのだ。
オリビアがルークの行為は裁判の印象を良くするためだと言うと
マリエットはルークを奉仕の人と言って庇う。

教会ではシスター・ペグもルークのことを褒めていた。
シスター・ペグにとってルークは大事な支援者だった。
シスター・ペグから昨夜、ルークが全員のケアをする前に
突然出て行ったと聞いたステーブラーは
最後にルークが散髪したエディ・スキナーから話を聞く。
エディは散髪は頼んでいないし、どこか、うわの空で
ルークが散髪するのは無理な状態だったと言う。
さらにエディはルークのカバンの中に銃が入っていたと
ステーブラーに教える。

ステーブラーは早速ルークの家の捜査令状を取り
フィンが銃の入ったカバンを見つける。
カバンの中には犯人と同じ物らしきフード付きのスエットも入っていた。
ルークはそれらの証拠により逮捕される。

ルークはステーブラーとオリビアの取調べに
銃の不法所持は認めたものの、アネット殺害は否定する。
しかしルークは何か言いたそうだった。
そこへルークの銃の鑑識結果が判明し、ルークの銃と
アネット殺害の銃は別だとわかり、ルークの疑いは晴れる。
ステーブラーたちはルークが何か隠していると直感する。

疑っていたルークが保釈されるのを見たジェナは
犯人が捕まらないことに苛立ち、オリビアに不信感を露にする。
ジェナにしてみれば、ルークがレイプ犯なのは確実なのに裁判は中止になり
自分は卒業どころか母親も死んでしまった。
それなのに犯人も見つからないことで
もう誰も信じられる人がいないと言ってその場を去って行く。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

 
ここで終わらず、まだ展開が変わっていく。

卒業を控え、自慢の娘ジェナと彼女のパーティー用のドレスを買いに
出かけたアネット。
ジェナもアネットを大好きで、このまま幸せな日々が続くかと思われたのに
そこへひったくりが現れ、アネットを射殺して行く。
突然のことにジェナが頼りにしたのはステーブラーとオリビア。
アネットは2年前のレイプ事件の被害者で裁判の証人だった。
ステーブラーとオリビアが親身になったのかなぁ
ジェナは彼らのおかげでアネットが強くなれたと言っていた。

しかし、ルークの犯行だと決め手はなく
ホームレスのエディから銃を持っていたと聞いて
ルークの自宅を調べて出てきた銃も、不法所持ではあっても
アネット殺害の銃ではなかった。
(銃のことはあとで大事になってくる。)
ルークは保釈され、納得がいかないのはジェナ。
無言電話もかかってきて、相手に証言をやめないとか意気地なしとか
言っていて、すっかりルークからの電話だと思っていたから。
2年も前のレイプ事件でさえルークは有罪にならないまま裁判中止
母親は殺され犯人は見つからず、母親と楽しみにしていたジェナの
卒業もそれどころではない。
ジェナのやり切れなさは半端じゃないよね~。
信頼していたステーブラーとオリビアの捜査に苛立ち
彼らを信じられなくなってしまったジェナ。
ステーブラーたちだってどんなに犯人を逮捕したいことか。
そんな気持ちが通じきれず、お互い悲しいし悔しい思い。

そしてこの後、ルークとエディがもめているところを
ステーブラーが逮捕するのだけれど
元々、何か言いたそうだったルークは弁護士抜きで真実を話しだす。
なんとエディにアネットへの嫌がらせを頼んでいたルーク。
やっぱりボランティアは見せかけなのかな。
ところがエディはアネットに意気地なしって言われて
頭にきちゃったんだよね。
勝手にアネットを殺害しちゃった。

でもそれがわかってもこのドラマ、ここで終わらない。
エディはただのホームレスじゃなくてFBIの情報屋だったってことで
エディをFBIが連れて行っちゃった。
勿論ステーブラーたちはFBIに乗り込んでエディを引き渡せと要求。
しかしエディを使って煙草に絡む詐欺事件を追っていたFBIは
そう簡単にエディを手放さず、結果ステーブラーが囮捜査に協力することで
交換条件。

ステーブラー降板なのに、えっ!?と思ってハラハラしちゃったなぁ。

心配しちゃったものの囮捜査はうまくいったけれど
肝心のエディに逃げられちゃった。
ま、エディは見つかって逮捕されるんだけれど
なんと、ルークとエディ以外に逮捕されるFBI捜査官。
エディに銃を渡したんだって。
最初の事件からは思いもよらぬ逮捕劇。
(ここんところのドラマの展開としてはこういう流れも多いけれど)

でもまたもやそしてが待っている…。

この展開、予想はできたけれど泣けちゃうよね~~~。
なんて世の中、理不尽なんだろう。
撃たなきゃならなかった理由はわかるけれど、納得はできないなぁ。
ステーブラーもきっと同じだろうなぁ。

簡単に銃が手に入る世の中なのも問題だけれど
銃で解決しようとするのも問題なのでは?
シスター・ペグも巻き添えになってしまった。
娘たちがいるステーブラーはやっぱりこのことがショックで
異動しちゃうのかなぁ。

出演者で気になったのはジェナ役の女優さんが
「ライ・トゥー・ミー」のライトマンの娘役だったのと
エディ役のMichael Raymond-Jamesが
「True Blood」のレネ役だったこと。

ステーブラー(メローニさん)今までありがとう!
関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: LAW&ORDER SVU
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
 
Comment
 

「映画ベース」のご案内

ドラマでディナー 管理人様

はじめまして。紀平と申します。

私は現在「映画ベース」という映画のサイトを開発しており、
是非、映画に関心のある方からの映画のレビューや、
サイトをご利用頂いてのご意見やご感想などを頂きたいと思っております。

「映画ベース」
http://kota.lolipop.jp/eigabase/


まだまだ未熟なサイトではありますが、
面白い映画を見つけられる、そして面白い映画を面白いと言えるサイトに
何としてもしていきたいですので、
どうかご協力頂けないでしょうか?

一度サイトにお越し頂き、
ご利用をご検討頂けますと幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。

//----------
// 映画ベース
// http://kota.lolipop.jp/eigabase/
//
// 紀平 光太
// kihira@kota.lolipop.jp
//----------

NAME:紀平 光太 | 2013.05.20(月) 16:24 | URL | [Edit]

 

Re: 「映画ベース」のご案内

> 紀平さん、はじめまして♪

映画サイト、これからどんどん発展されていくといいですね(*^-^)
楽しみでもあるでしょう?

私も元は(2001年)の時、映画のHPを立ち上げました。
製作するのがとても楽しかったです。
数年して海外ドラマのほうが自分にあっていると気づいて
今ではブログしかアップしなくなってしまいました。
ドラマばかり見てるせいでネットもほとんど出没せず(汗)

映画は話題作ぐらいなら映画館にたまに行ってますが
あとはBSで録画したものを消化して
ドラマに関係しているとアップして(ってほとんどしてませんが・汗)

あまり役に立てそうにありませんね(;^_^A

NAME:ぽっこ | 2013.05.22(水) 17:09 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。