海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Person of Interest: The Complete First Season [Blu-ray] [Import]Person of Interest: The Complete First Season [Blu-ray] [Import]
(2012/09/04)
Jim Caviezel、Taraji P. Henson 他

商品詳細を見る


リースはマシーンがはじき出した対象者ライリー・キャバナーを
“グランド”という店で見つける。
ライリーは家族と死に別れ、最終学歴は高校。
唯一の職歴はこの町の有力者ジョージ・マシーの所有する運送会社の運転手だ。
しかしジョージの裏家業はアイルランド系マフィアで
闇金融や資金洗浄、脅迫行為まで手広く行っていて
息子のエディも一緒に商売をしている。
何年か前からライリーはジョージの“仕事”を手伝っていた。

リースは店に入り勝手にメニューを手にすると
ジョージとエディ、ライリーの座るテーブル席の後の席に座り
携帯電話のペアリングを行う。
店主のアルがジョージにショバ代の支払を待つよう頼みに来るが
ジョージが了承するわけがなかった。
ジョージは今度からライリーに自分の代役をさせると言って
ライリーはわざとアルに自分の銃を見せつける。
そうライリーの“仕事”はマフィアの用心棒で
被害者ではなく加害者だった。

ジョージは気のある案内係のアニーを呼び止め、テーブルに来させる。
アニーはジョージの部下ショーンの妻だったが
ジョージの支持で動いていたショーンはギャンブルに入れ込み
借金を作って殺害されてしまった。
アニーはジョージのところで働く前はショーンは優しかったと言って
ジョージを責め、彼が死んでも泣く人はいないと嫌味を言う。
その言葉にジョージは激怒する。

バーへ場所を移したジョージたちは、携帯電話を箱に入れると
奥の部屋へ仕事の話をしに行く。
リースの報告でフィンチはライリーの携帯をホストに使って
エディの電話もペアリングする。
リースは酔った客を装って、部屋から出てきたジョージにぶつかり
盗聴器を彼の上着に仕込む。

わざと店からつまみ出されたリースは車の中でジョージたちを盗聴する。
するとアニーへの怒りが納まらないジョージは
今夜、彼女を始末しろと言い出す。
ライリーがその役を買って出てでるが、ジョージに跡形もなく始末しろと言われ
仲間の妻だったアニーにそれはできないと、仁義を持ち出し反対する。
しかしジョージに凄まれ、ライリーは承諾する。

アニーがライリーの標的になったとわかったリースは
その前にライリーを抑えようと、ライリーとエディの乗った車を尾行する。
フィンチの調べでアニーの夫ショーンが撃ち殺された場所は
イライアスが奪うまでロシアン・マフィアの縄張りだったとわかり
リースは不自然なものを感じる。

エディとライリーはアニーの家に向かいながら、彼女を殺す算段をしていた。
ライリーが彼女を殺し、エディは見張りと死体を運ぶ準備だ。
と、エディの携帯電話が鳴り出ると、それはジョージからで
アニーの前に彼に反発したライリーを殺せとの命令だった。
それを聞いていたリースとフィンチは、自分たちが見込み違いしていたことに気がつく。
ライリーは加害者ではなく被害者だったのだ。
しかし、すでに遅すぎた。
銃声がすると、ライリーたちの車は暴走し
駐車してあった他の車に突っ込んで行った。
リースが車を止め、ライリーたちの車の状況を見に行くと
車から出てきたのは…。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 
今回の対象者はマフィアの用心棒のライリー。
つまり殺し屋。
両親に死に別れ、高卒後、唯一就職した先が
裏家業でマフィアのボスをしているアイルランド系の有力者ジョージの
運送会社。
運転手をしていたものの、見込まれたってことか。
てっきり、リースたちはライリーが加害者になると思っていた。

そこに登場したのが、レストランの感じのいい案内係のアニー。
ジョージの部下の未亡人で、ジョージは彼女に気があった。
しかしアニーは夫が死んだのはジョージのせいと思っていて
マフィアのボスのジョージに面と向かって嫌味を言っちゃう。
度胸のある女性だと思うけれど、横恋慕ジョージの怒りを
買ってしまう。
可愛さ余って憎さ百倍?
なんとアニーの抹殺指令。

口を封じろって言われて役を買って出たのはライリー。
この辺りからライリーとアニーって付き合ってんのかなぁと
薄々感じるところ。
でも跡形もなくと命令されて、ライリーは反発。
それがジョージの癇に障って、息子を使ってライリーも抹殺するとの展開。
リースたちはここでやっと、ライリーが被害者になるんだと気がつく。

でもライリーもそれに気がついていた。
殺される前に殺したけれど、それはジョージの息子。
ライリーはアニーに電話して逃げるよう言う。
ほーら、やっぱり、だった。

マフィアのボス相手の逃亡劇で、リースが影ながらも
ライリーとアニーを守ろうとするけれど
ついにライリーたちに賞金がかかってしまう。
こうなるとさすがのリースたちもお手上げ。
そこでリースが頼るのは服役中のイライアス。
ジョージより大物だからね~。

リースはわんちゃんとすっかり仲良くなった(リースの狙い通りだよね・笑)
フィンチに頼んでイライアスに会ってもらう。

イライアスは交換条件つきで、賞金をやめさせることを承諾。
刑務所にいても何不自由ないイライアスにとって
何をフィンチに求めたのか?だったけれど
こういうのだったら、いいんじゃない(笑)

ところがそこで安心とはいかなくて、中にはいるよね、指示をきかない奴。
ジョージ自身も払う気だったし。
ってことで賞金稼ぎ男は「OZ」のチコだったーーー♪

チコだーでテンション上がったけれど
今回はライリー役のJonathan Tuckerも良かったな。
ゲスト出演ぐらいでしか観てない(最近だとパーセプションの統合失調症の役)
けれど、印象に残る俳優さんだなぁって思う。

フィンチがライリーを欠陥品って言って最初はびっくりしたな。
最後はシステムのことでやっぱり人には当てはまらない
人は変わるものと言って撤回してたけれど。
開発者としたら、人にもそういう目でみちゃうのかもしれないけれど
フィンチ自身も変化しているよね。

それにリース。
ライオネルやカーターに対して、特にライオネルに対して
ただの使い走りじゃなくて、仲間って意識が強くなったよね。
関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: その他のドラマ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。