海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2013.07.09/ 16:27(Tue)
WOWOWでシーズン2が始まったハートフルコメディ。
コメディ苦手でスルーしてたけれど、一挙放送観たらハマッてしまった。
ダメ父ティムと優秀息子のマーカスの知恵比べが面白い。
と言ってもティムはそこそこまでしか知恵がないけれど(笑)
スパイになったティムとそうとは知らないマーカスの
父子関係の修復を描いていくのがメイン。
でも先は長そう(爆)

第1話「コードネーム・負け犬」
大卒で電器店に勤めるティムは、薬中毒問題を抱える元妻ジュディスと
超優秀な9歳の息子マーカスの親権を巡って争そっているシングル・ファーザー。
しかしマーカスからも、さらにはジュディスからも馬鹿にされていて
マーカスはジュディスと彼女の恋人フィリップと暮らしたがっている。
転職を決意したティムは、職安で半年契約の公務員の仕事を紹介され
試験を受けるが、試験は得意な数独だったため、なんなく合格したものの
それはなんとMI5のスパイの試験だった。
しかしスパイであることは口外できず、同僚のクリスにだけは打ち明けるが
相変わらずマーカスにはダメ父にしか見えないのであった…。

第2話「コードネーム・ホームレス」
ティムが子育てを出来るか裁判所へ報告するため
担当者のポーラを交えて、ティムとジュディス(とフィリップ)と
マーカスが集まってミーティングが行われることに。
母親の元に戻りたいマーカスは自らティムの問題点を訴え始める。
ポーラはティムの判定をするため、チャートを作って
ティムの善行には金星、悪行には黒星をつけさせることにするが…。

スパイに採用されたものの、まだ見習い中のティムは
美人の同僚ケイトリンと組んで目標補足訓練に出かける。
しかしそこでホームレスと目的の荷物の奪い合いになって
ホームレスをビルから落としてしまい、自分もその上に落ちてしまう。
思いがけないトラブルの連続はいつしかティムのホームレス救出の美談に。
金星獲得と喜んだのも束の間
真実を知るマーカスの悪知恵でホームレスをティムの家に住まわせ
黒星を確実に稼いでいくのであった。

第3話「コードネーム・成績」
ミーティングで、マーカスに怒りっぽく手を上げる父親扱いされ
父兄面談のことも秘密にされたティム。
優秀な自分にティムのような父親は恥だとマーカスに言われる。

ティムの今日の訓練はハッキング。
見習いスパイたちはそれぞれターゲットを選ぶが
マーカスにむかつくティムは、マーカスの学校をハッキングし
オールAのマーカスの成績を下げてしまう。
学校から帰宅したマーカスは、ティムの仕業だと気づいていて
後悔することになるからねと言い捨てる。

クリスはティムからハッキングの教科書を盗み
自分の預金口座の残高を増やす。

ポーラはティムのストーカーとなる。

第4話「コードネーム・読書会」
ミーティングでティムはマーカスに彼の読書クラブに入りたいと訴える。
勿論、マーカスはティムの教養のなさから拒絶する。
ティムは勉強しようとケイトリンと本の朗読会へ行くことに。

しかしマーカスがしていたのは読書会ではなく
生徒たちを集めた秘密の賭博クラブだった。
その現場をフィリップに見られてしまったマーカスは
フィリップがジュディスから寝室を追い出され落ち込んでいるのもあり
彼をプラチナ会員としてメンバーに加えることにする。

ケイトリンに好意を抱き始めていたティムは
ケイトリンとデートをすることに。

第5話「コードネーム・血液」
学校にマーカスを迎えに来たティム。
自分に駆け寄ってくるマーカスを見て、つい親子のハグを期待したティムだが
マーカスはカバンをティムに投げつけると
同級生のサムの父親である警視庁の刑事トニーの元に行ってしまう。
フィリップが生徒たちに規律を教えようと呼んだのだ。

マーカスが嫌がるのもかまわずトニーに話しかけたティムは
つい自分も銃を持っていると自慢してしまう。
しかしそれは言ってはいけない事実。
結局、マーカスの前で恥をかいてしまう。

上層部が麻薬テストを職場で行うことを決め
ティムは昇進と引き換えに審査官に血をくれと頼まれ承諾する。
昇進したティムは同僚たちに威圧的になる。
しかし麻薬テストでティムに陽性反応が出てしまう。

マーカスは同級生が上級生たちに虐められているのを見て
見逃せないと立ち向かう。
フィリップは学校に入った監査のため
そんなマーカスを使って校内をパトロールさせる。

第6話「コードネーム・ポーティス」
今日は午後からは親権裁判の審問が行われる。
ティムが負けると確信するマーカスは早々荷物をまとめ
法廷で会おうと言って家を出て行く。
マーカスに愚鈍と言われショックなティムは
一緒にいたクリスに、両親と音信普通なのはお前が大人になれないからだと
キツク当ってしまう。

見習い期間が終わり、今日が最終試験だ。
審査官からは毎年行われている新人とCIAの各1人ずつを交換し訓練する候補として
ティムに声がかかる。

裁判はティムの劣勢かと思われたが、そこへ助っ人として
実は弁護士資格を持つクリスが現れる。

ティムはケイトリンについに愛の告白をしようとするが
チベットで潜入に失敗し20ヶ月間捕まっていたケイトリンの元婚約者が現れ…。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 
ざっと登場人物をあげると
元妻ジュディス。すごい辛らつ。麻薬中毒問題があるが
離婚を切り出したのはジュディスのほうから。
フィリップはマーカスの学校の校長であり、ジュディスの恋人。
ティムになんとなく懐いている?
クリスは元同僚で唯一、ティムがスパイになったと知る人物。
電器店でお客がきても商品の悪口言ってお客を帰しちゃうひどい店員。
いろいろと問題オトコではあるけれど、ティムには親友なのかも。
MI5の審査官。最初の試験の担当官でもあったけれど
何故かティムを気に入っていて優秀だと思っている。
スパイに法律はないって主義で、邪魔者は消せとか
ちょっと危ない倫理観の持ち主。

そしていわゆるクソガキなマーカスがとっても可愛い♪
彼のキャラがなかったら観なかったかも。
難しい言葉を並べて、毅然とした態度、大人も顔負けなのに
口の周りを汚して彼女に注意されたり
時折、お茶目な部分が子供らしくて、そのギャップが母性本能くすぐる。

「成績」の回で、この成績までこんな数字に!?って傷つくマーカス。
しかもティムが校長であるフィリップに楯突いたからマーカスは停職処分。
さすがにティムもマーカスにやりすぎたなって反省して言葉に出すけれど
ここがマーカスの駆け引きなんだよね(笑)
ハッキングを認めないティムが謝罪すれば、それはハッキングを認めたこと。
結局、可哀想なマーカスを演じてティムにもう父兄面談は行かないって言わせて
マーカスは勝利なんだもん(笑)

「読書会」の回。
とんでもないよね、秘密の賭博クラブなんて。
そんなことを露程も疑わないティムは読書クラブに入りたくて
本の朗読会へ参加して、ケイトリンでさえ寝ちゃう朗読に聞き入って頑張っちゃう。
動機が純粋なだけに同情しちゃうよ。
一方、賭博クラブは母親の家で行われていてフィリップが気がついてしまう。
そりゃまずいのもあるけれど、ここで珍しくマーカスは情にほだされてしまう。
何故ならフィリップが母親に寝室から追い出され落ち込んでいたから。
フィリップをプラチナ会員にさせるけれど
彼が原因で収益が出ないとメンバーたちに言われて…その後がね(笑)
フィリップの望みを叶えるものの、賭博クラブは良くないと
マーカスの彼女も考えていたんだよね。
で、彼女の知恵も大したもの。
マーカスからもらったペンダントをわざと賭けに使ったから
マーカスは自ら負けてペンダントを彼女の元に残した。
あんなに生意気でも彼女への気持ちは本物なんだなぁってホロってしちゃう。
それにしてもティムには内緒でしっかりクリスがディーラーになっているのが笑えた。

「血液」の回。
マーカスって悪巧みだけじゃなくて正義感もあるんだなぁって見直しちゃった回。
でもやっぱり親子なんだよねぇ。
与えられた地位をきっちりこなそうとする。
ティムの場合、今まで下だったから、上に立って偉そうにするのが
止まんなくなっちゃったんだろうな(笑)
でもそのしっぺ返しが可哀想だった。
やたらにティムを気に入っているハチャメチャな審査官が
麻薬テストに引っかからないようティムの血液と交換したせいで
ティムは拒絶したストーカー・ポーラの仕返しにあい
マーカスの前で麻薬中毒者の告白をしなくちゃならなくなった。
失望したマーカスの顔がね…グサリくるのよね。

「ポーティス」の回。
裁判に突然クリスが現れ、最初あまりにビックリでわからなかった。
弁護士資格持ってるのね~。
ティムにキツイこと言われて、やる気になったけれど
こんなにカッコいいんだ!
裁判官もティムに味方してたし。

ティムはケイトリンへの愛の告白をしよう!とやっと立ち上がる。
そこへ恋のライバル出現。
婚約者で、潜入中に捕まって死んだと思われていたのに
20ヶ月して生還したスパイ。
ケイトリンもティムを好きだったけれど、ティムの態度があれじゃ…。

とりあえず期限付きだけれどマーカスはティムがみることに。
ティムが「よく帰ってきた」と言えば
マーカスは「僕もそう思えればね。」と。
でもそのあとのニヤリは、前よりちょっとだけティムとの仲が
改善されたってことかな。

シーズン2も第1話観たけれど面白かった。
フィリップ役の俳優さんが代わって
みんなあれ?ってドラマの中で態度示すのだけれど
髪型が変わって違く見えるんだよって設定(笑)

ティム役の俳優さんてどこかで観たなと思ったら
「ケース・センシティブ」のいかついサイモン役だった。

関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: その他のドラマ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。