海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Game of Thrones: The Complete Second Season [Blu-ray] [Import]Game of Thrones: The Complete Second Season [Blu-ray] [Import]
(2013/02/19)
Peter Dinklage、Lena Headey 他

商品詳細を見る


ウェスタロスを統治していたロバート・バラシオン王が死に
鉄の玉座を巡って5人の王たちの壮絶な覇権争いが始まる。
5人の王たちとはバラシオン家のロバートの息子ジョフリー
ロバートの弟であるスタニス、レイ二―とスターク家のロブ
そしてターガリエン家のデナーリスだ。

王都。
ジョフリーの命名日の祝いの騎士同士の死を懸けた格闘試合で
酔って登場した騎士に腹を立てたジョフリーは
無理やり彼に大量のワインを飲ませる罰を与える。
父親の処刑以来、ジョフリーの言うことに黙って従ってきたサンサも
見かねて意見をする。
ジョフリーはサンサの口答えに怒りを表すが
ジョフリーの家臣“ハウンド”も命名日に人を殺すのは不吉だと言う
サンサに味方し、ジョフリーも折れる。
そこへティリオンが戦場から戻って来る。

サーセイたちが集まり小評議会が開かれる。
七王国じゅうの学匠(メイスター)たちの報告を検討した結果
大陸の長い夏が終わったと宣言され、いよいよ冬の到来だ。
長い夏の後には長い冬がくると言われているが
小麦の蓄えもあり5年の冬は越せてもそれ以上は厳しい。
それに王都には戦火を逃れた難民たちで一杯で、住居の確保が先決だ。
サーセイは王都の守人(シティ・ウォッチ)の指揮官に
難民を王都に入れないよう命令する。
ティリオンが合流し、サーセイにタイウィンに代わり
自分が甥のジョフリーの王の手となったと伝えると彼女は激しく動揺する。

ティリオンが王の手となったのは、息子によってネッドが処刑されるのを
サーセイが傍観し、結果、北部を敵に回したからだ。
ティリオンは人質のアリアが逃げたと聞き、サーセイに嫌味を言う。

スターク家。
ブランは城主となって、民の聞きたくない話をも聞き城を守っていた。
再び夢を見るようになっていたブランは、家来におんぶさせ
オシャを伴って、森の中を散歩に行く。
空には赤い彗星が現れ、人々はロブが南で勝利を収める前兆と言っているが
オシャは赤い彗星が示すのはただ一つ、ドラゴンだと言う。

その頃、海の向こうの大陸では、まだ小さいドラゴンを肩に乗せたデナーリスが
残った民を引き連れ広大な平地を“果て”を信じて歩きさ迷っていた。
と、ドロゴの最初の贈り物の馬が倒れ死んでしまう。
民に食べ物もない過酷な状況に陥らせてしまったことにデナーリスは心を痛める。
しかし南や西に行けば敵がいて、ドラゴンを奪われてしまう。
デナーリスは頼りにする家臣のラカーロたちに馬で
東や南東等を偵察に行かせる。

ジョンたち冥夜の守人は森の中のクラスターが統治する女性ばかりの町に到着する。
ここまで6つの村を通ったが誰もいなかった。
クラスターによれば野人たちは北のマンス・レイダーの元へ行った。
クラスターにとって町の女性たちは娘であり妻だった。
クラスターは冥夜の守人たちに食事を与え泊めてくれるが
妻に手を出せば手を失うと彼らを脅す。
ジョンは女性の一人と見つめってしまい、総帥から叱られる。

スタニスの王国。
家来のほとんどが、古来より信仰する七神ではなく
光の王(ロード・オブ・ライト)を崇めていた。
ジョフリーや他の子がサーセイとジェイミーの不義の子だと
知っていたスタニスは、自ら王となる権利を主張するとの書を
七王国じゅうに送る。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

 
やっぱり面白い!
鉄の玉座を巡って、5人の王が争そう。

新しく登場してきたのはロバート王の弟たちのスタニスとレイ二ー。
スタニスはいわば新興宗教にはまっちゃっていて
女司祭が彼を操りそう。
心配した家臣の一人が自分の死を持って女司祭を毒で暗殺しようとするけれど
女司祭は毒を飲んでも平気。
彼女はやっぱり魔女?
レイニーはまだこれから。

今、鉄の玉座にいるジョフリーは残酷で血も涙もない暴君。
サンサはハウンドの忠告どおりジョフリーにたてつかず
自分の立場を守っている。
兄たちが助けに来てくれるまで、憎い相手と一緒にいても
自分の命を守らなければね。

ティリオンが帰ってきたけれど、サンサに対する思いやりの態度は立派。
それでもラニスター家としては、彼女はロブと交渉する時に
必要となる人質としても見ている。
アリアもそうだったけれど、彼女は逃げてしまい
サーセイは弟に皮肉を言われても何も言い返せない。

ネッドが命が危なくても守った秘密は今となると
なんのことはなく、結局、ロバート王の弟スタニスも気づいていた。
彼が死んでしまったのが悔しいな。
スタニスが七王国じゅうに書を送れば、もうサーセイも隠し立てもできないと思うけれど。
驚くことにジョフリー自身も自分の出生に気づいてる様子?
どんどん暴君になっていくジョフリーに手を焼いているサーセイ。
あれじゃ母親であろうが殺されそう。
そうなったら自業自得だけれど。
早く憎たらしいジョフリーが王の座から失墜するところが観たい。

けれど最後の?悪あがきでサーセイは王の落とし子たちを抹殺し始めた。
いやぁ~、それにしても多いこと多いこと(汗)
あの子供たちが一斉に権利を主張したら、やっぱり一番年上の男の子が
一番権利があるってことでしょ。
ただ一人生き残ったのはジェンドリー。
彼はナイツ・ウォッチに入ろうと壁に向かった(アリアも一緒にだよね)
ナイツ・ウォッチに入っちゃえば、もうサーセイも手出しができない。
でも逆に、彼が名乗ればスタニスとレイ二ーは権利を失うはずだけれど
ナイツ・ウォッチに入っちゃうと、もう抜けられず王としての資格も
なくなっちゃうんじゃない?

そしてデナーリス。
彼女の優しさや責任感を見るとロブの他では彼女を応援したくなる。
それにしても小さくてまだ可愛げのあるドラゴンは肉食だけれど何を食べるの?
人だったりして(汗)
ドラゴンもいるし、彼女はそのうち覇権争いで強敵になるのは確実。

ロブは父親の復讐もあり、ラニスター家を負かす勢い。
シオンがロブの味方だけれど、彼の立場ってスターク家の捕虜なんだよね。
ネッドが素晴らしい人だったからシオンはロブたちに愛情を感じているけれど
シオンの父親は別なはず。
船を手に入れるためシオンは父親を説得するつもり。

一方ジョンのいるナイツ・ウォッチの動向からも目が離せない。

次回も楽しみ♪

関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: その他のドラマ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。