海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Body of Proof: The Complete Third Season [DVD] [Import]Body of Proof: The Complete Third Season [DVD] [Import]
(2013/06/18)
Body of Proof

商品詳細を見る


十代の少女が、無料診療所にふらつきながら駆け込んでくる。
ダンテ医師はメタンフェタミンの過剰摂取の可能性を考え治療を開始するが
少女はラテン語を叫びながら、口から血をダンテ医師に吐きかける。
少女が激しく暴れたためダンテ医師の指示で看護師が拘束するが
それでも少女は暴れ、自分の腕を折り、最後は息を引き取る。

病院の通報で警察が出動し、トミーはダンテ医師から話を聞く。
ダンテ医師は少女の幻覚様行動と心停止から
おそらくメタンフェタミンの過剰摂取が原因だろうと言う。
ドラッグの過剰摂取で自分の腕を折ることまでするだろうかと
トミーは訝しがるがダンテ医師は反応は個人差があると言う。
少女は初めて来た患者で、駐車場に捨てられていたようで身元は不明だった。

到着したミーガンは、患者の自傷行為を防げなかったダンテ医師を批難する。
ダンテ医師は、経営はギリギリで、少女が運ばれて来た時はすでに遅く
精一杯やったとミーガンに言う。

ダンテ医師が去った後、ミーガンは動揺している黒人の女性看護師に気づき声をかける。
すると彼女は、ラテン語が少し理解できたため
少女が「お前たちは死ぬ。」と叫んでいたこと
さらに少女が運ばれたとたん急に周囲が寒くなりゾッとしたことをミーガンに話す。
しかし迷信を全く信じないミーガンは、看護師の話に聞く耳を持たなかった。

検視局に戻ったミーガン。
カーティスとイーサンが少女の死に悪魔的なものを感じていると知ったミーガンは
2人にメタンフェタミンの過剰摂取が少女の死因で間違いないと断言する。
少女の皮膚には赤斑があり、目は充血していて、ますますミーガンは
ドラッグ依存症の症状だと確信するが、カーティスとイーサンは
自分の腕を追った少女に、ドラッグだけでは説明がつかないと意見を譲らなかった。

そこへトミーから少女の指紋から、高校3年生で17歳のレベッカ・バンクスと
判明したと連絡がミーガンに入る。
レベッカにはメタンフェタミン所持で逮捕歴があった。

ミーガンは検死解剖カーティスとイーサンに任せ、トミーとレベッカの両親に報告に行く。
バンクス一家は両親のケイレブとローラ、娘のレベッカ、チェルシー、ハンナの3姉妹の
計5人で古い屋敷に住んでいた。
レベッカの死を聞き、チェルシーは激しく泣き部屋を出て行く。
ハンナもその後を追って部屋を出て行く。
ケイレブは娘の死に方を聞いて、罪深き娘の死に納得した様子だった。
レベッカが依存症になり、罪が家族に広がる前に切り離すため
2ヶ月前に家を追い出したのだと言う。
その後、一度だけ2週間前に帰りたいとレベッカから電話があったが
ケイレブは縁を切ったと言って突っぱねていた。
ミーガンは娘を見捨てたケイレブを軽蔑する。
トミーはドラッグ検査の結果を後から連絡すると言って帰ろうとするが
ケイレブは、レベッカを死に追いやったのはドラッグではなく悪魔だと断言する。

カーティスたちの調べで、レベッカの直接の死因は心筋梗塞だとわかる。
しかし心筋梗塞を引き起こした原因は不明なままだ。
と、遺体を見たイーサンは青ざめる。

イーサンからレベッカの遺体に異変があったと聞き
バンクス家をトミーと出たばかりのミーガンは検死局に戻る。
レベッカの身体にはあちこちに十字架の痕が現れていた。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 
まさにホラーと科学で夏向きな内容だったなぁ。

十代の少女が無料クリニックに入ってくる。
顔には紅斑があり様子がおかしい。
ドラッグの過剰摂取かと思われたけれど、だんだん様子がエクソシスト!
ラテン語を叫んで血を吐き、拘束したものの暴れ方が激しくて自分の腕を折るほど。
看護師なんて、彼女が運ばれて来たとたんに周囲が急に冷えたなんて言うし。

でも神様もスーパーナチュラルも信じないミーガンは
ドラッグの過剰摂取が原因だと言ってとりあわない。
カーティスやイーサンは悪霊が原因だと騒いでいるけれど。

少女の身元が判明して少女がドラッグ依存症だったことがわかるけれど
ミーガンたちが会いに行った両親は狂信者的。
レベッカを罪深き娘と呼び、死んだのは悪魔の仕業だと父親は信じている。
この父親ケイレブを「ホワイトカラー」のピーター役Tim Dekayが演じている。
ピーターならもっと理解ある父親になっていただろうけれど
ケイレブは罪から家族を守ろうと閉鎖的な生活を送っている。
なんでもケイレブのお祖父さんは娘たちに悪魔が憑いたと思って
ハンマーで叩き殺しちゃったとか。
そっちの話のほうがもっと怖かった気がする。

ミーガンはケイレブを目の敵にして彼が犯人だと決め付けている。
娘を見放すし、狂信的だしミーガンから見たら理解できないレベルのケイレブ。
しかしなんとレベッカからドラッグが検出されない。
それでもカビまで疑って科学的に死因の原因を証明しようとするミーガン。

でついにチェルシーにまで症状が出始めちゃって…。

血か何かで病原体でもレベッカからチェルシーに感染しちゃったのかな?と思った。
それにしても、レベッカよりさらにチェルシーのエクソシストぶりがすごい!
映画のエクソシストを彷彿とさせるあの姿。
あれ見ちゃうとドラッグが原因とは思えないよ~~~。
でも検死ドラマだし、非科学的な理由にはならないよね…。
一瞬なっても良さそうだと思ったけれど(苦笑)

結局、中国で作った薬だったとは…。
すごいなぁ、どんな薬製造しているんだろ…。
いくら幻覚とか凶暴性とか出ちゃうとしたってあのエクソシストぶりはないでしょ。
狂信的な父親を持って悪魔とか小さい時から聞かされていたから
幻覚もそういう系統に走っちゃうのかなぁ。

でも全てを科学で解決して終わらせないのがドラマだよね。
チェルシーがエクソシストしている時に話したのは
ミーガンの小さい時に父親が言った言葉。
父親がチェルシーに憑依したってこと?
昔の思い出話は温かいお話なはずなのに
チェルシーの口から言葉が出てくると、怖くてとてもじゃないけれど
父親の愛を感じられないんだけれど(汗)

確かお父さん自殺らしかったしね。
天国行けてないのかなぁ(汗)

関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: その他のドラマ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。