海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Fall: BBC TV Series One [DVD] [Import]Fall: BBC TV Series One [DVD] [Import]
(2013/06/18)
Fall

商品詳細を見る


スパドラで始まったイギリスの犯罪サスペンスドラマ。
シーズン1は全5話。
主演は「Xファイル」のスカリー役で有名なGillian Andreson

金曜の夜。ロンドン警視庁の警視ステラ・ギブソンに
北アイルランドのベルファストで起きた殺人事件の記事を参考に見るよう
彼女のSNSに連絡が入る。
アドレス先をクリックすると、“ベルファストの殺人鬼”に殺された
アリス・モンローの遺体が家族の元に返されたという記事が載っていた。
犯人はまだ捕まっていなかった。

その頃、ベルファストのある家に黒ずくめの男が侵入する。
男は懐中電灯で周囲を照らしながら2階へ上がり、一部屋ずつ確認すると
洗面所でマスクを脱ぎ鏡にデジタルカメラを向け、自分を映す。
その後、再び家を調べ始め、棚の上に飾ってあった写真立てを手にする。
写真には家の主である黒髪の美しい女性が写っていた。
机の果物皿に置いてあったミカンを食べくつろいだ男は
壁にかけてある鍵を見つける。

その写真の人物サラ・ケイはベーコン&デイ法律事務所で働く弁護士で
週末の夜、同僚と食事を楽しんでいたが
仕事の電話が入り、ワインを2杯だけ飲んで帰宅する。
何も知らないケイは風呂に入ろうと洋服を脱ぎながら寝室に入るが
明かりをつけると、ベッドに下着が置いてあるのに気がついて愕然とする。

通報を受け、フェリントン巡査と彼女の相棒が向かうが
ケイの家の周囲には誰も居なく侵入の形跡もなかった。
フェリントン巡査たちはケイから話を聞くが、彼女と親密な誰かのいたずらとも考えられた。
ケイが確認すると引き出しから下着が何枚か盗まれていたが
心配したロフトにも異常はなく、ケイに顧客から電話が再びかかったこともあり
ケイはフェリントン巡査たちを引きとらせる。
フェリントン巡査は、家族か友人の家に行くよう勧め、鍵を交換するよう注意し帰る。
翌朝、ケイは机に残されたミカンの皮を見て再び恐怖を覚える。

ケイの家から自宅に帰った男=ポール・スペクターを幼い息子が起きて待っていた。
怖くて目が覚めたら父親がいなく心細かったのだ。
ポールは息子に「もう置いていかない。」と約束し
病院で夜勤中の母親サリー・アンには、自分が出かけたことは
内緒だと言い聞かせ寝かしつける。
その後、ポールは寝ている、やはりまだ幼い娘の部屋へと行き
天井に持っていた黒いバックパックを隠す。
それから娘の掛け布団を直すと、娘の頬にキスをする。

空港に到着したステラを北アイルランド警察の警視長ジム・バーンズが
防弾車で出迎える。
バーンズは“ベルファストの殺人鬼”の捜査が難航しており
捜査の見直しのためステラを呼び寄せたのだ。
バーンズの望みは、被害者アリスの元義父が警察監視機関の議長であることから
監査に邪魔されず捜査を進展させることだ。
バーンズは優秀なギャレット・ブリンクをステラの部下に配置させる。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 
北アイルランドのベルフォストの警察監視機関の議長で法律家
連合派議員でもあるモンローの息子の元嫁アリスが何者かにベッドの上で
ポーズを取らされた状態で殺害される。
死因は絞殺で、手に握力がないためか、拷問なのか
何度も首を絞められていたことがわかる。
しかし捜査は難航してしまい、捜査の見直しのため
警視長のバーンズにロンドン警視庁のステラ・ギブソン警視が呼ばれる。

バーンズの心配はモンローの息子に火の粉が及ばないかどうか。
そして結局は自分の立場が悪くならないかってことみたい。
ステラが過去のフィオナ・ギャラガー殺害事件とアリスの事件が関連がありそうだと
推測したのに、バーンズはあくまで別個の事件でアリスの事件を追えって命令する。
ステラを呼んだのに、信用しなくてどうするの?とイラッ。

ステラはクール!
歳のわりにお肌がきれいなんで見とれちゃった。
帰り際、見かけたイケメン巡査部長をいきなりナンパ。
それなのに肉食系でもガツガツしたところはなし。
怖いものなしなのかなってタイプに見えたけれど
バーンズに強く言えない、遠慮しているふうに思える。
なんとなく何かありそうな2人の雰囲気。
でも何考えているのかわからないタイプでもあるなぁ。

犯人のポールは家族を亡くした人の心理カウンセラー。
人の死の痛みを知っていてのカウンセリングじゃないの?
でもきっとそんなの何も感じてないんだろうなぁ。
未熟児の世話をする看護師の妻がいて夜の生活もできていて
幼い娘と息子を可愛がる父親。
ところが狙った獲物をストーキングしてリサーチ。
娘の寝室の天井に隠してあるノートには妄想だらけの書き込みでびっしり。
身体は鍛えているし、顔もイケメン。
証拠を残さないよう、頭の中で計画を順序だててしっかりしつくしている。

フィオナとアリス、ケイと見比べていくと、共通するのはみんな黒髪だよね。
第2話のネタバレになるけれど、ポールはケイの髪の毛を戦利品として持ち帰るし。
黒髪に執着しているって感じ。

夫の正体を知らずに暮らす奥さんが哀れだなぁ。
娘は薄々父親のことを感じているのかな。
悪夢で泣くし、精神的に問題が起きている様子。
ポールが娘に話す内容って本人もわからないまま
実は、虐待かもって思っちゃった。

ステラがどうポールを犯人だと見つけていくのを観ていくドラマ。
第2話になると、「グッド・ワイフ」のカリンダ役Archie Panjabiが
法医学者役で登場してくる。
今度は子供2人いるママさん役で、ストレートな役回りそう(笑)

関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: その他のドラマ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。