海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Person of Interest: Complete Second Season [Blu-ray] [Import]Person of Interest: Complete Second Season [Blu-ray] [Import]
(2013/09/03)
Person of Interest

商品詳細を見る


嵐で暴風警報が発令され悪天候の中、シネマ・ヴィレッジで映画を観た
ジョンとフィンチ&ベアー。
ショーンからその後、連絡はなかったが、フィンチがそれより今気がかりなのは
マシーンから、この3日もの間、何の連絡も入らないことだ。
フィンチはカーラがアップロードしたウィルスが、国防総省のシステムから
マシーンに拡散したのではと心配していた。
カーラの雇い主の真の目的が何か、今は答えを待つしかなかった。

と、そこへ近くの公衆電話が鳴り、マシーンから暗号がフィンチに伝えられる。
しかし不可解なことにマシーンが伝えたのは、一度に6人の人物で
国中に散らばっていた。
彼らに共通するものはなく、3人は行方不明で2人は追跡不可能
ただ一人、ブルックリンの古美術商ジャック・ロリンズだけは
まだ失踪していなく、ジョンはジャックに会いに行く。

応答がなく店兼住まいのロリンズの家に侵入したジョン。
住まいに人の気配は全くなかったが、誰かが侵入し
ゴミの中の宿泊明細書を見つけ出した形跡があった。
宿泊明細書によればロリンズは、オーウェン島の貸別荘に泊まることになっていて
それを裏付けるようにロリンズのカードから交通費と宿泊代が
この24時間のうちに引き落とされているのをフィンチが調べた。
急いで街を出たロリンズを誰かが追っているようだ。
ジョンは嵐を承知の上で、オーウェン島の貸別荘へと向かう。

フィンチに頼まれ、ロリンズ以外の5人を調べていたカーターは
モス捜査官の協力で彼らのファイルを手に入れるが、どれも事件性がなく薄いものだった。
最初に失踪したのは7年前にフランスから留学しに来て失踪した大学生だった。
カーターはファイルが注釈だらけの丁寧な報告書であることに気がつく。
担当者はモス捜査官によれば、サイバー犯罪や個人情報の窃盗などを扱う
デスクワーク専門のアラン・フェイヒー特別捜査官だった。

カル・ビーチャーに不安を感じるカーターは、モス捜査官に彼の事を尋ねるが
かなりの悪人らしく近づかないほうがいいと忠告される。

カーターはフェイヒー特別捜査官が何かをつかんでいると思い連絡し
ファイルより5つの事件に共通して失踪者の家に写真が一枚もなくなっていることや
新情報を尋ねるが、受付を通してくれと言われ、電話を切られる。

ジョンがオーウェン島の貸別荘に到着した頃
カーターから写真のことを聞いたフィンチはベアーを連れ
停電中のロリンズの家を調べていた。
そして地下を調べていたフィンチは焼け残された歯を見つける。

一方ジョンは、貸別荘でフェイヒー特別捜査官と鉢合わせする。
ジョンは連邦保安局のジェニンズと偽る。
フェイヒーはロリンズの手掛かりがかなりあったのに
本部がほったらかしなことに業を煮やして、一人でロリンズを探しに来たのだった。
ロリンズはさっきまでいた形跡があり
ジョンはフェイヒー特別捜査官の申し出で彼の車に乗り
地元警察に協力を頼みに行く。

フィンチはカーターをロリンズの家に行かせ、歯を採取させる。
マシーンが伝えた6人の失踪者は連続殺人犯の被害者だった。
犯人は彼らを殺して被害者になりすましていたのだ。

オーウェン島の地元警察署では島民の避難で忙しく
署長は本島に出向き副署長のシュミットだけが残っていただった。
停電で固定電話は使えず携帯電話も緊急無線も使えない状態だった。
フィンチと連絡がつかないジョンだったが、フェイヒー特別捜査官から
ロリンズになりすました連続殺人犯がいると教えられ
孤立したオーウェン島でジョンはフェイヒー捜査官と共に
犯人を捜すことになる。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 
ジョンとフィンチで映画鑑賞なんてするんだ。それも嵐の時に。
ここにベアーが介助犬として一緒なところが重要(笑)
この図ってのほほんとしていいよね。
こんなことができるのはマシーンから連絡がないから
仕事がなくて…ってことらしいけれど。

マシーンの調子が悪いらしい。
原因はカーラ?
また出始めてきているルートの存在もいやーな感じ。
そこへマシーンが伝えてきたのは一気に6人。
あちこちに住んでいて失踪中か追跡不能で、彼らが被害者なのか
加害者なのか不明。
マシーンが壊れちゃったのかとも思えた今回のターゲット。
ところが唯一失踪していないロリンズを調べていくうちに
なんとその6人を殺して彼らになりすまして生きてきた連続殺人犯の存在が浮上する。
ロリンズもすでに殺されていたんだよね。

カーターがモス捜査官の協力で得たファイルにはフェイヒー特別捜査官の名前が。
丁寧に報告書が書かれていて、きっとデスクワーク専門の彼ながらも
何か怪しいと疑って調べていた様子。
でもカーターが電話したら冷たくあしらわれちゃった。
ところがそれが刺激になったのか、自ら調べる為にオーウェン島の貸別荘に現れる。
ジョンは連邦保安局の保安官のふりしてフェイヒーと協力関係を結ぶ。

嵐でフィンチと連絡つかず。
ロリンズが殺されていること、連続殺人犯がロリンズになりすましていることは
フェイヒーから聞いたジョン。
犯人の顔に関しては写真が一枚もないし、フィンチもジョンもわからない。
でもジョンが心配なフィンチは危険を犯して、嵐の中、自分で水上飛行機を操縦して
オーウェン島に到着。
島に残された数人の中の誰が犯人か、持ってきた道具で嘘発見器を作って
調べることに。

まぁ普通に考えて女性は除外。
なりすます被害者は男性だし、女が男に成りすますのはかなり難しいだろうし。
昔からの島民も除外。
新参者とかが怪しいけれど、この手の限られた空間での犯人探しの定番として
実はってパターンで一番怪しいのがフェイヒーでしょ(笑)
島にいた人達は目くらましてき存在。
ところがこのフェイヒー捜査官役は「ブラザーズ&シスターズ」の
優しくて可愛いスコッティ役Luke Macfarlane
そうなっちゃうと、彼が絶対怪しいと思っても
他の人が犯人って思いたくなっちゃって(汗)
最後まで頑張って信じてたけれど…。

犯人、今度はフィンチになりすまそうとするけれど
もしまがりなりにもそんな事態になったとしても
なりすました後が大変だろうなぁ。
さすがに頭脳まではなりすませないものね。

ライオネルいなかったなー。
ビーチャーはその名前だけだと怪しいけれど(OZ観ている人なら・笑)
真剣にカーターのこと好きそうだし、疑いが晴れるってオチになる?

ショーンはこれから期待できそう?
味方についたら心強いけれど、ルートは彼女させえも騙したしなぁ。
強敵だよなぁ。
ショーン役は「リーガルに恋して」「Life」のSarah Shahi
そう言えばリーガルに恋しての続き観たいと思っていたけれど
シーズン2で打ち切りなのかぁ、残念。

関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: その他のドラマ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。