海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Chuck: The Complete Fifth Season [DVD] [Import]Chuck: The Complete Fifth Season [DVD] [Import]
(2012/05/08)
Zachary Levi、Yvonne Strahovski 他

商品詳細を見る


チャックを助けようとしてクインの罠にはまったサラとケイシー。
敵に囲まれ、絶体絶命となったサラは、クインに渡すはずの
欠陥のあるインターセクトをダウンロードしてしまう…。

東京。
クインに拉致されたチャックは、東海道新幹線に乗せられる。
クインは技術者たちを使い、何としてでも欠陥を直し
自分にダウンロードするつもりだ。
すでにインターセクトはサラたちから奪い、基地に運んでいる。
クインは、サラとケイシーが死んだとチャックに伝える。

その頃、サラとケイシーは新幹線の貨物室に運ばれていた
ハイテク棺からそれぞれ脱出。
サラがインターセクトを使いこなし、絶体絶命の危機を乗り切り
クインの手下になりすまして偽報告し、ここまでたどり着いた。
チャックには、インターセクトのことは時期を見て話すつもりだ
それに新幹線を降りたら抑制するつもりでいると、サラはケイシーに言う。
ケイシーは、モーガンが記憶をなくしたこともあり、サラを心配する。
しかしサラは、モーガンが記憶をなくすまで1ヵ月あったと言ってはぐらかす。

キャッスルでは、インターセクトによる重篤な副作用からサラを守るため
エリーとデボンはモーガンを使って、前頭葉と側頭葉を調べていた。
アレックスは嫌がるモーガンを見守る。

個室で拘束されていたチャックは見張りの隙をついて逃げようとするが失敗
そこへサラが天井の排気口から現れ、すごい格闘技を使ってチャックを助ける。
しかし新幹線は発車してしまい、貨物室でドアを開けようと
コンピューター回線をいじっていたケイシーは悪戦苦闘していた。
チャックとサラは貨物室でケイシーと合流し、チャックがケイシーに代わって
回線をいじろうとしたところでクインが銃を持って現れる。
サラはインターセクトの武術にアクセスし
クインをハイテク棺に閉じ込める。

サラは配置図が蘇った時に知った、床下の排気管を使って
逃げる方法をケイシーに教えるが、危険すぎてサラなら逃げられても
ケイシーとチャックには無理だった。
そこでチャックはサラがインターセクトになったのだと気づき
サラもついに告白する。

次の停車駅まで1時間半。
クインの見張りをケイシーに任せ、サラは説明を求めるチャックと
観光客を装って個室に入る。

エリーとデボンは何故、モーガンが1ヶ月後に記憶をなくしはじめたのか
モーガンの話を元にインターセクトを使った数に比例して
脳が劣化していくのだと推測する。
アレックスはモーガンのため、ピザ味のクラッカーを
バイ・モアに買いに行く。

サラは、エリーがモーガンのようにならないよう対策を考えているから
心配ないとチャックを納得させる。
チャックはインターセクトの能力でスーパー・スパイになったサラが
インターセクトを手放せるのかも心配だったが
引退してチャックと家庭を築くのだと、サラの決意は揺るぎないものだった。

バイ・モアに予防接種サービスだと名乗る男女2人が現れる。
ビッグ・マイクは自分に許可を取らないモーガンに苛立つ。
と、ビッグ・マイクはレスターが店の新製品の電子レンジに
アボガドを入れるのを見て、“大人になれ”と注意する。
ジェフにも注意されるレスターだが聞く気はない。
それよりジェフとレスターは、雪や別のバイ・モアの夢を2人一緒に見た事に
記憶を消されたみたいだと感じていた。
しかしレスターは怖がりそれ以上考えたくなかった。
そこへ予防接種サービスの男女にアレックスが銃を突きつけられ
連れて行かれるのをジェフとレスターが目撃する。

アレックスが拉致されたのは、ハイテク棺に入っている
クインが持っていた携帯電話で部下に指示を出したせいだった。
ケイシーはクインにアレックスの命を奪うと脅され
仕方なくクインの指示に従う。
しかしクインの隙をついて、チャックにモーガンへ
アレックスを助けるようメールを送るよう指示する。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 
前回の終わりから、いきなり日本。
そして東海道新幹線が舞台。
今回はツッコミどころ満載(笑)

かなり怪しい新幹線だった(爆)
遺体を収納した箱(ハイテクな葬儀用品らしい)の送付先が
「大阪のファミリーの葬儀場」って名前で笑える。
大阪ファミリー葬儀場もしくは大阪の家族が経営している葬儀場なのか…。
他にも「使用中の車両」とか
変なボタン装置とか。
つい最近、グリーン車ではないけれど私も乗ったばかりだけれど
あんなのないよー(笑)
アナウンスも何気に変だったよね。

セットってのはバレバレだったな。
というか視聴者にも隠してなさそう。
外の景色もまさに映像はめこんであったし。
残念なのはもっと景色いいのにね~。
ただ、海外ドラマにありがちの日本=着物とか
コテコテっぽいジャパンイメージの物はなかったのは感心。
PCとかゲームとかサングラス(メガネ)とか、バイ・モア行かなくても
日本なら身近にいっぱいある…ってところで
メガネは苦笑だけれど日本のイメージって違くなったなって思う。

不思議だったのは何でスターウォーズみたいな、オープニングのクレジットの出し方?
線路が背景で謎ではあったけれど、マンネリ打破みたいで
それはそれで良かったけれど。

ハイテク棺から脱出したサラとケイシー。
酸素マスクしてたけれどクインはなしで大丈夫なの?

とにかくチャックは東海道新幹線で拉致。
クインはハイテク棺に閉じ込めたものの、携帯電話を取り上げなかったせいで
部下にアレックスを拉致するよう指示出されちゃった。
しかもクインが制限時間内に電話をしなければ
アレックスの命を奪う指令となっている。

その間、チャックとサラは2人の愛を確認。
理想の家、赤ん坊抱えたチャックとサラ、そして飼い犬が理想で
サラはその絵を描く。
インターセクトはきっとエリーがいい対策を考えてくれるだろうし
サラは新幹線を降りてしまえばインターセクトを使う気もないと
2人は明るい未来を思い描く。

ところがサラは、チャック救出のために使いすぎてしまったんだよね。
モーガンどころの回数じゃなくて、すでに記憶が失われつつある。
それにサラが使いたくなくても勝手にフラッシュしちゃうし。
エリーから送られてきた抑制プログラムが完全に送信される前に
回線が切断されてしまった。
チャックが回線をつなぎに行けば、それはクインの策略で
おとなしくしてなきゃいけないサラだったのに
チャックを助けようとクインと戦かおうとした結果
これも罠だったんだろうなぁ~、クインに拉致されてしまった…。

キャッスルで実験されていたモーガンは、チャックからのメールで
アレックスがいないことに気づいて、さあ大変。
ケイシーの指示で彼の車から武器を取り出しデボンと武装して
アレックスが拉致されている車に向かうけれど、敵に勘付かれて
モーガンたちも拉致されちゃった。

ここで残る味方はジェフとレスター!
2人は自分たちの希望で記憶を消したものの、やっぱり腑に落ちないと思うと
また失くした記憶を突き止めようとしちゃう繰り返し。
さすがにレスターは怖いと思って突き止めたくなくなったみたいだけれど。
アレックス拉致を見ちゃって、敵が誰なのかも知らないまま
拉致された車のガソリンに砂糖を入れて、結果チャックたちを助けている。
モーガン拉致でついにケイシーはレスターたちに助けを求める。

ケイシーは小さい銃を使えと言ったけれど
ケイシーの武器コレクション見ちゃったら、我慢できるはずがないよね。
ジェフも最近、昔のジュフさを取り戻している気がする。
こういう時には彼らの突飛さが助けとなるんだよね~~。

レスターたちの活躍でアレックスは無事救出されたけれど、可哀想なサラ。
クインにインターセクト操作されちゃって、今までのことや
チャックのこと忘れちゃった。
そしてクインから出されたサラへの指令はチャック暗殺。
大事な絵のことだけは忘れてないといいけれど(悲)

あとチャックも残り2話。
ハッピーエンドが待っているはずと思いつつも
目が離せない展開になってきたなぁ。

関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: CHUCK
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。