海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Chuck: The Complete Fifth Season [DVD] [Import]Chuck: The Complete Fifth Season [DVD] [Import]
(2012/05/08)
Zachary Levi、Yvonne Strahovski 他

商品詳細を見る


ついにこのドラマも最終回。

2週間後。
自家用機の中で、クインはインターセクトの欠陥部分を直せる
“キー”の3つあるパーツの1つを入手するため
元フルクラムのエドガーと秘密裏に接触する。
残りの2つのうち1つはヴォロコフから
リングの元メンバーのレニーに渡っているのがわかっている。
クインはエドガーからキーを買い交渉成立するが
そこへ飛行機に忍び込んでいたサラが復讐に現れ、クインとサラが争そうが
劣勢になったサラが爆弾で飛行機のドアを爆破する。
サラは飛行機外へ放り出されないようイスに捕まるが失敗し
途中で壁に頭を打ち気を失ったまま空の中へ放り出され、海へ真っ直ぐ落ちていく。

サラが去り、やる気を失くしベッドから起きようとしないチャックに
エリーたちは、サラを取り戻しに行けとハッパをかける。
もう一度、サラに恋に落ちさせればいいのだと。
エリーたちの励ましが効いて、チャックもやっとその気になる。

ケイシーは将軍からクイン抹殺指令を受ける。
将軍が望むのは5年前の最強のスパイだったケイシーだ。

元気の出たチャックはエリー、デボン、モーガン相手に
サラを救出した後の作戦を考える。
エリーはチャックに自分らしくと言い
モーガンはサラに魔法のキスをすれば元に戻ると提案する。
でも、まずはサラを見つけることが先決だ。
バイ・モアに出勤したチャックは、レスターとジェフに相談する。
レスターとジェフはネットを使い、あちこちのオタク仲間たちからの情報を集め
サラは、なんとバイ・モアに来ていることがわかる。

バイ・モアの受付でベルを鳴らそうか迷うサラ。
再会したチャックに“キー”の事を話しキャッスルを使わせて欲しいと頼む。
サラはレニーを捜していた。
チャックは早速、得意のハッキングで、レニーの居所を捜し
ベルリンにいることを突き止める。
クインもきっとそこにいるはずだ。
サラはクインを見つけて殺し永遠に姿を消すつもりだった。
チャックとモーガンもベルリンにサラと同行する。

ベルリン。
車の中で待機中のチャックとモーガン。
サラからデザートイーグルを渡されていたチャックだが
サラが恋したのは、銃を撃たないチャックだと
モーガンはどんなピンチでも銃を撃つなとチャックに言う。
レニーがバーに現れ、サラがチャックを呼びに来る。
チャックは、バーがサラと初デートした店に似ていたため
サラの記憶を取り戻すチャンスとばかりに初デートの話をし始める。
しかし何の記憶もないサラは困惑する。
一方、ケイシーもクインを追ってヘリでバーへ向かっていた。

クインはレニーに指示し、何度か店を移す。
そして最後に指定したのは、かつてカムフラージュでサラが働いていた
ホットドッグ店のベルリン支店だった。
チャックは最初、何も言わなかったが、サラが勝手に
コップを所定の位置に片し始めるのを見て希望を持つ。
そこへクインが現れる…。

クインを捕まえることに失敗したチャックたちだったが
メアリーが現れ、最後の“キー”のパーツの在り処のヒントを教える。
エリーはインターセクトについてのメアリーの話を聞き
“キー”で改良すればサラの人格の復元が可能だと思いつく。

++++++++++++++++++++++++++++++++

 
先週は「トップ・オブ・ザ・レイク」まとめるのに精一杯で
「CHUCK」まで手が届かずだった。
最後まで観終わっちゃうと、シーズン最初のうちのデッカーで
ドタバタしていた時代が懐かしくなっちゃう。
あの頃をもう一度観たいって欲求が沸々としてきちゃう。

チャックとの5年間の記憶を失くしてしまったサラ。
チャックと愛し合っていたのは本当だったとわかったものの
チャックの前から姿を消してしまった。
しかしクインを見つけたく、再びチャックの協力を求め現れる。
こんな状態にしたクインに復讐を果たしたら
サラはチャックの前から永遠に姿を消すつもりだ。

チャックはサラの記憶が戻らないなら、もう一度、サラに自分に恋をさせる計画。
自分にはそれが出来ると。

クインが追っているのはインターセクトの欠陥を直せる“キー”
ところが“キー”は3つのパーツで出来ていて
2つは、過去にチャックが戦った悪の組織の一員が持っている。
リングって言葉が懐かしいなぁ。
2つめの“キー”のパーツを持っているレニーを追ってベルリンに
チャックはモーガンと共にサラに同行するけれど
銃は使わないってチャックのポリシーで、クインに逃げられてしまった。
せめてのチャックの威嚇射撃は良かったけれど
弾がケイシーのヘリ直撃!…なんてね(笑)
サラのほうは、身についていたことは自然とやっちゃうのかな。
ホットドッグ店での行動。
それを観ちゃうと、サラが元に戻れる可能性がありそうって
希望持てちゃうよね。

将軍に昔の最強のスパイに戻れって言われていたケイシーだったけれど
やっぱり今の自分が好き。
へなちょこになったと言われようともチャックとモーガンとサラが仲間。
…ってことで、ケイシーもチャックたちと行動を共にすることに。
そして最終回にして再び登場のメアリー(銃を見せない約束でしょって
デボンはクララに目隠し。すごーーーい可愛かった)の情報から
残りの“キー”のパーツを持っているのはCIA関係者=将軍だとわかる。
チャックのお父さんが将軍に渡していたんだね~。
それにその“キー”でサラの人格が復元できるって嬉しいニュースも。
エリーにクインが持っているサングラスを取り戻せと言われたチャックも
気合が入っちゃうところだよね。

ところが憎っくきクインのほうが一歩早かった。
自分が“キー”のパーツを持っていたとは気づいてなかった将軍から
パーツをあっと言う間に取っちゃう。
そればかりかクインは将軍に爆弾を仕掛けていた。
場所は軍関係者が集う演奏会の会場パシフィック・ホール。
チャックたちが駆けつけるけれど、将軍がイスから立ち上がれば爆弾が爆発。
しかも音声連動型でもあり、演奏が終わっても爆発してしまう。

爆弾解除とサラを救うのにはクインがいる。
でもその間、演奏が終わらないようにするには…。
そこで出ましたレスターとジェフのジェフスター(爆)
シビアにさせながらも笑わせるところはしっかりと。

ところがクインを追っていったサラは何も知らずクインに復讐を果たす。

あああ…。

それはサラが元に戻る最後の望みがなくなってしまった瞬間だったんだよね。
サングラスは壊れていなかったけれど、爆発解除のための暗号を
クインから聞き出せなくなっちゃって、チャックはインターセクトを自分にダウンロード。
やっぱりチャックはインターセクトと切っても切れないんだね~。
でもインターセクトはひとつだけ。
サラの人格を取り戻すためのインターセクトはなくなってしまった…。

時折、チャックと関係ないところで記憶が出てくるのがせつなさ倍増。

そして全てが終わった。

ケイシーはバーバンスキーの元へ。
ハグが嫌いなケイシーだったのにチャックにロシア式抱擁を。
ケイシーのチャックへの愛が感じられる(涙)
エリーとデボン夫妻もクララを連れてシカゴへ引越し。
モーガンはアレックスとケイシーの家で同棲することに。
モーガンまで去らなくて良かった。

ジェフスターは演奏会にいたドイツのレコード会社の重役からスカウトされる。
しっかりビッグ・マイクにチャックたちの秘密をばらしたけれど
信じてはもらえなかったね~(笑)
こんな機会もうないと思え…ってことでバイ・モアを辞めちゃうんだ。
嬉しいことだけれど彼らのいないバイ・モアなんて…寂しさも感じるなぁ。

そしてサラとチャック。
サラはチャックから彼らの思い出話をいっぱい聞かされて大笑い。
モーガンお勧めの魔法のキスは成功するのかな?
成功して欲しいな。
それにサラはもうチャックに新たに恋し始めているのかも。

ドタバタなコメディだったのに、このせつなさが残る最後だったのは
意外だったけれど、これはこれでとても美しい終わり方だと思った。
愛は強い!

関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: CHUCK
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。