海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
まだアメリカで放送中のドラマ。
スパドラで来年1月に本放送開始。
主演はJames Spader

FBI本部に1人の男が現れ、受付でレイモンド・レディントンと名乗り
ハロルド・クーパー本部長に面会したいと申し入れる。
彼はFBI最重要指名手配犯だった。
ビル内に警報が鳴り響き直ちにレイモンドの身柄は拘束される。

1時間後。ワシントンD.CのFBI特別作戦部に
テロ対策本部長のクーパーが到着し、担当のレスラー捜査官が出迎える。
クーパー本部長はカメラに映し出された隔離されているレイモンドを見て
本人だと確認する。
レイモンドのカバンの中には今までに使った偽名の身分証が多数あった。
レイモンドは話すのを拒んでいたため、彼の要求はわからなかった。
クーパー本部長はレスラー捜査官に、レイモンドの体に
追跡用の発信チップを埋め込めと命令する。

レイモンドは通称“レッド”と呼ばれ、海軍兵学校を首席で24歳で卒業
その後エリートコースを歩んでいたが1990年のクリスマス
妻と娘の元へ帰る途中で姿を消した。
4年間の消息不明後、極秘書類が北京やイスラマバードなど海外で発見され
リーク元はレイモンドで、彼が犯罪者を支援する事業を立ち上げたことがわかった。
周囲の期待を背負った海軍の期待のホープは
国を捨て主義も持たず金に対してのみ忠誠を誓う男
“犯罪のコンシェルジュ”となったのだ。

レイモンドはクーパー本部長が到着したのを察し
彼に自分が来た理由をカメラ越しに話し始める。
過去に世界で起きた大使館襲撃事件や外国人誘拐事件、銀行システム侵入などの
3件の事件は関連し、黒幕は同じランコ・ザマーニだと教え
自分も彼を捜し、FBIとの利害は一致すると言う。

調べるとランコはアメリカで教育を受けたセルビア人で
FBIの情報では6年前に死亡していたが
レイモンドはランコは生きていて、先ほどの航空便でワシントンに降りたと教える。
直ちにFBIが顔認識ソフトや座席の指紋を調べると、レイモンドの言うとおり
ランコは生存し偽名で入国していたことがわかる。

クーパー本部長はレイモンドに情報の間違いを認める。
レイモンドはFBIの情報はそんなものだと言う。
クーパー本部長は交渉はしないと言うが、レイモンドはランコを差し出す前に
今後は指定した相手のみ話すと言う。
その相手とはエリザベス・キーンだった。
しかし誰も彼女の事を知らなかった。

朝、エリザベスは夫のトムとベッドで寝ていたが、愛犬に起こされる。
時間を知り、初出勤日なのに遅刻だとエリザベスは大急ぎで支度を始める。
その間、トムに養子縁組の最終面接が午後1時半からだと
エリザベスは念押しされる。
7分後、家の外に出て、トムに車で職場に送ってもらおうとしていたエリザベスの元に
FBIのヘリコプターや複数の覆面パトカーが家の前に到着し
レスラー捜査官に一緒に来てくれと言われる。

クーパー本部長はエリザベスに面接し、何故、レイモンドが
エリザベスを指名したのか、彼女に尋ねる。
だがエリザベスにも心当たりはなかった。
エリザベスは4年前に入局し、先月アカデミーを卒業したばかりのプロファイラーで
クーパー本部長は彼女に自分を分析してみろと言う。
自己分析をしたエリザベスは、レイモンドが自分を待っていたのだと言う。
何故なら、見当違いだが自分は新人で操れるからだろうと。

エリザベスはクーパー本部長たちと一緒に
レイモンドを拘束してある、元郵便局だった秘密作戦の拠点“郵便局”へと行き
レイモンドと対面する。
レイモンドは何故、平凡な自分を選んだのかと尋ねるエリザベスに
彼女は特別だと答え、一時間以内にランコが
米軍将校ライカーの娘をさらうとの情報を彼女に教える。

++++++++++++++++++++++++++++++

 
犯罪コンシェルジュが主役というアイデアがちょっと変わってていい感じ。

レイモンドはエリートで海軍のホープだったのに妻子を捨て、行方をくらまし
その後、犯罪者支援の事業を起こしたことがわかりFBIの最重要指名手配犯となった。
何故か突然出頭したレイモンドは、これも何故か
エリザベス・キーン捜査官だけに情報を話すと言う。

エリザベスは4年前に入局するものの、アカデミーを卒業したばかりの
新人プロファイラーで夫のトムと2人暮らし。
今日は初日だった。
自己分析によれば同僚には敬語を使われており
嫌な女”と思われていることがわかっており
自力で育ちナルシスト的側面があり1人を好むタイプだ。
犯罪者の思考を理解したい欲求がある。
“子供を持てば過去が変わる”と幻想を捨てきれないでいる。
今日は養子縁組の面接日でもあった。
自分が新人で操りやすいから選んだのかも…それならレイモンドは見当違いをしている。

ところがレイモンドと対面してみると、どうやらレイモンドは彼女を
昔から知っていそう。
メークを変えたとか、ボルティモアに帰らないのかとか私的なことを尋ねる。
はは~~ん。
そうかレイモンドってエリザベスの父親なんだなってピンとくる。
エリザベスもだんだんレイモンドが父親と気づいていく。

レイモンドによれば彼も捜しているランコが入国し
FBIと利害が一致するのだと言う。
ランコは1時間後に将校の娘を誘拐する計画があり
彼の望むのは36時間以内の国外脱出で遅れれば子供が死ぬと
そこまでレイモンドは情報を持っていた。
何故知っているのかと言うと彼を入国させたのはレイモンドだからだった。

犯罪者は嘘つき、だがエリザベスは彼にチャンスを与えられると
レイモンドは言う。
お互い、いろいろなことを乗り越えてきたと。
ここらへんが彼の戻って来た理由なんだろうな。
娘へ償う気持ちと改心?する気持ち。
でも何故今なんだろう?って思うと、トムのせい?
ラブラブな夫婦だと思っていたのにトムには裏の顔があったんだもんね。
レイモンドがトムを襲わせるって事は
トムがエリザベスに危害をくわえそうだったから?
あんなに優しそうなトムなのに、信じたくない展開だった。

エリザベスは将校の娘を守ろうとするけれど
娘はさらわれてしまう。
レイモンドが捜査協力を申し出て、FBIの捜査資料から
関係ある物ない物をはじき出していく。
ここあたりはレイモンドの知識や人脈のおかげで彼の見せ場でもあるな。
そして一番の真相部分はエリザベスにプロファイリングさせ…。

レイモンドは掴みどころがない男。
彼にとってのいわゆる武器は、彼がこれまで犯罪に関わってきたことで得た情報。
それをどこまでエリザベスに教えるかと言ったら
ギリギリの線でだよね。
エリザベスとの駆け引きが面白そう。

レイモンドはFBIでも掴み切れてない犯罪者たちの情報が載った
ブラッグリストを所持、この情報を明かすことで自分への免責を求める。
レイモンドぐらい頭が良ければ、逃げるの簡単そうだけれど。
実際、今回だって逃げるチャンスがあったのに逃げなかったところがミソだったなぁ。
娘の側にいたいんだろうなって思ったら甘いのかな?

レイモンド役James Spaderは昔美しかったのに
すっかりすごみのあるオヤジに変化した感じ。
大物の貫禄十分。
レスラー捜査官役のDiego Klattenhoffは最近だと
「HOMELAND」のマイク役が印象深い。
クーパー本部長役のHarry Lennixは「ドールハウス」のボイド役だった。

レスラー捜査官はまだしも、クーパー本部長は頼りなく思える(汗)

来年の本放送が待ち遠しいな♪

関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: その他のドラマ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。