海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年03月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最近のコメント

プロフィール

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
今年もマイペースになるかとは思いますが
どうぞ宜しくお願いします♪

我が家のブルーレイですが、お正月にむけて「偽りの太陽」はリタイアし
ためておいた録画分を思い切って消去してしまいました。
他、メディアにダビングするか迷っていたドラマも何本か潔く?あきらめ
おかげで無事「SUITS2」は録画できました~。
あとはいつ観るかなのですが(^▽^;)

お正月はため録画してあったスパドラの「VEGAS」を一気に観ました。
噂のとおり豪華なキャスト共演!
……言い直してもいいでしょうか。
豪華なオヤジ俳優たちの共演でした(笑)
主演はデニス・クエイドとマイケル・チクリス。
デニスはちょっとオジイチャンって感じになってしまったかも。
その他、脇役やゲストにも、あの人、懐かしいーって思うような
オヤジ俳優さんたちがゴロゴロでした。
なんと素晴らしいこと(笑)

時代はベガスにカジノが建ち始めた頃で、カジノホテル“サヴォイ”の支配人として
サヴィーノ(マイケル)が赴任してくるところから始まります。
その頃、何故か保安官の行方がわからず、市長から急遽、保安官代理に任命されたのは
戦争中、憲兵となり優秀な捜査をしたカウボーイのラルフ・ラム(デニス・クエイド)
ラルフは実在の人物だそうです。
正義感溢れるけれど、実直なあまり人間関係がいささか苦手なラルフは
弟のジャクソン(「LIFE ON MARS」のアメリカリメイク版で主役をしたジェイソン・オマラ)と
自分の息子のディクソン(テイラー・ハンドリー)を補佐に任命します。

一方、ベガスのカジノを牛耳ろうという野望を持つマフィアのサヴィーノ。
カジノの利益を上げるため下っ端に目を光らせ、自分の思うカジノを作るためには
邪魔者は消していく非情な男です。
しかしその反面、家族思いであり、時に上司の命令に背いてでも
従業員を守ろうとしたりとするところは
まるで「ザ・シールド」のヴィック・マッキー。
彼なりに良心が咎めるルールが存在していそう。
また「CSI:科学捜査班」でいつも見慣れているベガスが
昔はこんな感じだったのか
サヴィーノや彼の上司の役柄は、キャサリンのお父さんが
こうだったんだろうなぁと思ったりなところで関心したり。

物語では、保安官失踪にサヴィーノが絡んでいてそこから
ラルフとサヴィーノは対立関係になっていきますが
時たま、意外にも助け合う結果となったりとの微妙さが面白いです。
一話ごとに殺人事件が起こり、それをオヤジ兄弟&息子で解決していきますが
はっきり言って事件は、意外な犯人だった!とか推理する部分もあまりなく地味です。
その分、オヤジ兄弟&息子の保安官たちのやり取りが楽しいです。
あとはサヴィーノもマフィアの中の一員であって
うまく上司に立ち回らねば命さえ奪われかねなく
大威張りではいられないところに男の悲哀さを感じます。
彼のカジノでの出来事が事件と共に毎回描かれていきます。

オヤジ俳優ばかりに目がいってしまいますが
女優陣はキャリー=アン・モスがラルフの牧場のお隣さんの検事補役
そして「アルカトラズ」で主演だったサラ・ジョーンズがカジノの会計室長役
また「デクスター」のジェイミー役の女優さんが保安官事務所の秘書?役
で登場しています。

ただこのドラマ、シーズン1の全21話で終わりなんですよね。
ちょっと残念かも。


それからもう一作。
Dlife「ねじれた疑惑」の先行放送も観ました。

11歳のダニーが赤い縄跳びを持って家から出てきて
ブランコで遊ぶ親友のジョーとレイシーに
「やるしかなかった。」「僕を嫌いにならないで。」と彼女たちに訴えます。
なんとダニーは叔母を絞殺したのでした。

少年院に行ったダニーは5年の刑期を終えて故郷に戻り
母親の努力もあって、ジョーとレイシーのいる高校に通うことになりました。
しかしジョーとレイシーの胸中は、失われた子供時代の事を思うと複雑です。
レイシーは今では人気女子高生となりましたが
ジョーは立ち直れないのか友人たちとは孤立しています。

登校したダニーはソシオパス(感情がないサイコパスで人の感情を真似るのがうまい)から
ソシオとあだ名がつけられ、学校のみんなから敬遠されます。
しかし本人は気にしていなく、それよりジョーとレイシーとの仲の修復に励みます。
ところが、やっとジョーとレイシーと打ち解けられるようになったかと思った矢先
同級生がダニーにメールした直後に殺されてしまいます。

主演のダニー役の男の子は、まず大沢樹生さんに似てるなぁと思いました。
どんな感じになってダニーが刑期を終えるのかと思えば
別にグレた様子もなく、「昔のままの僕だよ…」とジョーやレイシーに言い…。
しかしダニーは叔母を殺した動機には一切口をつぐみ
ジョーに聞かれても知れば彼女の命が危険だと言うだけ。
ジョーに絡んだ男子高校生に何かを耳打ちして怖がらせたり
殺された同級生のネックレスが叔母殺害に絡んでいるようですが
最後の展開では、ダニーはやっぱりソシオ(シーズン最初の頃のまるでデクスター)か
違うとしても犯人と疑いたくなってしまうところでした。
それでもダニー以外の真犯人も考えるところで
これまたプリティ・リトルみたいな謎だらけのドラマが始まりそうです。

関連記事
スポンサーサイト
 
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: 感想あれこれ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
 
Comment
 

あけましておめでとうございます

プリティリトルに出ている子とSUITSの男の人付き合っているのですよね。
どちらも名前がわからなくて申し訳ありません。
あと、ヴェロニカの映画予告が公開されました。リンク貼り付けて起きます。
http://www.youtube.com/watch?v=wq1R93UMqlk

やっぱりローガンの顔が好みなので嬉しかったです。見れただけで満足。

NAME:はろ | 2014.01.06(月) 21:10 | URL | [Edit]

 

Re: あけましておめでとうございます

> はろさん、あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

SUITSの…。
知らなかったのでちょっと調べました。
ああ、マイクとスペンサーってことですね!
スペンサー役の女優さんはとても個性的で強い感じがするので
尻にしかれそう?

今、SUITS2を時間がある限り、一気に観続けています。
私はどうしてもオヤジ中心で観てしまうので
今シリーズはEric Closeがいっぱい登場していて
美味しさいっぱいだと気がつきました(笑)
Dlifeだともうちょっと先ですね。

ヴェロニカ予告編観ました。
こうなるとほんと出来たんだなぁって実感します。
みんな、いい大人になってましたね。
ローガンはあんまり変わらないかも。
あとヴェロニカと一時付き合っていた保安官が出てくると
ついふいてしまうのが難です。
コメディで観ちゃったので。
日本でいつ観られるのか楽しみですねー。



NAME:ぽっこ | 2014.01.09(木) 09:55 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。