海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Suits: Season Two [DVD] [Import]Suits: Season Two [DVD] [Import]
(2013/05/28)
Suits

商品詳細を見る


夜、マイクが家に帰ると、施設にいるはずの祖母のエディスが待っていて驚く。
マイクはエディスとディナーの約束をしていたのだが
忙しくてすっかり忘れていたのだ。

翌日、ハードマンがパートナー会議に出席し、ジェシカはパートナーたちに
ハードマンの復帰を正式に伝える。
ハードマンが挨拶を終えると、早速ジェシカは
プレスコット病院と看護師組合の交渉の案件について始める。
双方ともストは避けたく和解が望みだ。
ハードマンは、プレスコット病院は元々、自分が獲得したクライアントであり
担当を任せてくれとジェシカに言うが、彼女はすでにハーヴィーに任せたと言って断る。
ハードマンはそれを疑い、ハーヴィーに資料を見せるよう言うが
ハーヴィーが断ったため、後でハーヴィーのオフィスに行くと言う。

実は、ハードマンの疑いは正しく、ハーヴィーは何も聞いておらず
ジェシカに話をあわせただけだった。
ジェシカのオフィスで彼女は、ハーヴィーに名誉挽回のチャンスを与えたのだと言う。

ハーヴィーは、祖母が泊まって寝不足気味のマイクに
プレスコット病院と看護師組合の交渉の資料を、レイチェルからもらって来るよう指示する。
レイチェルと別れたばかりのマイクは焦る。
それからハーヴィーはマイクが持っている、簡単な無料弁護の案件を4つ出すよう言う。

レイチェルは、自分のところへ、何故かドナが資料を取りに来たことを訝しく思い
マイクがビビッていること察する。

ハーヴィーは先手を打って、ハードマンに資料を持って行く。
そして人が変わったという証拠に、無料弁護の案件をしろとハーヴィーはハードマンに迫る。
ハードマンはハーヴィーに証明する必要はないと言い
2人は事務所でのお互いの立場を巡って言い争う。

5人目の担当となったハーヴィーは、看護師組合代表のネルに和解金額を提示する。
いささか強引だが、病院が倒産すれば元も功もなく、ここらで潮時だと。
だがネルは昨日、病院の新しい銀行口座に入金があったことを知っていて
提示額に不満だった。
しかしその口座の金はロボット外科手術の発展のための寄付金を集めた資金であり
法的に看護師の人件費アップに使うのは無理だった。
マイクが説明してもネルは納得がいかず、交渉は決裂する。
この後は、看護師たちのストライキ突入となり
ネルはストライキ用の基金を使って病院に対抗するつもりだ。

オフィスでルイスがハードマンからもらった最新型の口述用レコーダーを活用していると
怒り気味のジェシカが、アソシエイト調査の結果が出たと言って入って来る。
事務所が職場環境で下から2番目となり、ハーバードが
学内でのリクルートを断ってきたのだ。
それを聞いたルイスは怒り心頭で「任せてください。」と言ってオフィスを出て行く。

ドナは失恋したレイチェルを心配して、飲みに行こうと誘う。

ハーヴィーは看護師組合に対して、ストの差し止め命令を出すとマイクに言う。
だが過去の労働争議の資料を見ても、差し止め命令は絶対無理だとマイクは反対し
一時的停止命令にしたほうが無難だとハーヴィーに言う。
しかしストが延期になるだけでは意味がなく、必要なのは差し止め命令だった。
ハーヴィーはマイクを残して、裁判所へ向かう。

ルイスはアソシエイトたちを集めて、ロースクールから視察を呼んだと伝える。
自分の指導の下、アソシエイトたちがいかに楽しく働いているか見てもらうのだ。

ハーヴィーが裁判所へ到着すると、すでにハードマンが来ていた。
ハーヴィーは訝しがるが、ハードマンは事務所の代表として来ただけだと言う。
審問開始まであと約5分という時、判事はハードマンの申し立てへの決定を出す。
それは一時的停止命令だった。
ハーヴィーは怒りで顔が強張る。

++++++++++++++++++++++++++++++++

 
ハードマンの挨拶。
なんとなく嫌味っぽい。
ジェシカのティーセットとか涙を誘う話をして
ハードマンて本当に心を入れ替えたのかも?とか思っちゃうところ。
でも挨拶を聞けば、自分がナンバー2なのは不満見え見え。

マイクは無料弁護をしているんだね。
経験にもなるし、人を助けたいって気持ちのあらわれ。

ドナとレイチェルの友人関係も面白いな。
飲みに行くとなるとハーヴィーのカード?(笑)
嘘か本当かわからないけれど、ドナを秘書にするために
いろいろドナのルールが決められているのかも。

今回は病院と看護師組合の交渉話を巡りながら
ハードマンとハーヴィー&ジェシカの激しい攻防戦が描かれている。
元々病院はハードマンの獲得したクライアントだったけれど
ジェシカは彼に担当させる気はなくハーヴィーに。
前回、ジェシカの信頼を裏切った形のハーヴィーにジェシカはチャンスを与えるつもり。

看護師組合代表は人件費アップに寄付金を使えと要求するけれど
法的に無理で決裂してついにストライキへ。
ストライキを先延ばしではなくやめさせたいハーヴィーは
差し止め命令を裁判所で認めて欲しいけれど
なんとハードマンが先回りして一時的停止命令を取ってしまった。

力関係についてハードマンとハーヴィーは言い争い。
設立パートナーのハードマンのほうが立場は上だと思うけれど
トップのジェシカの下についているハーヴィーは黙っていない。
で雑魚だなんだとハーヴィーは言われる羽目に。
むかつくハードマンオヤジ!

ハーヴィーは強気な組合代表に和解交渉の前の低い金額に戻すと伝えて
ストを続ければ、どんどん金額を減らすと脅すのだけれど
マイクにしたら、相手に同情しちゃうところ。
おまけに組合代表から、看護師たちがサービス残業しなければ
マイクの祖母のような人たちが薬を飲めず死んでしまうとの実情を聞いて
すっかり気持ちは看護師たち側。
ハーヴィーのほうは病院が潰れてしまったら元も功もなく
看護師たちも失業してしまうとの考えがあって行動していて
それはそれでハーヴィーの考える公平さや優しさだと思うのだけれど。

アソシエイトをいじめるのが趣味なルイス。
調査で職場環境はおかげで?他の事務所に比べて下から2番目。
その結果にハーバードがリクルートするなって言って来た。
ハーバード卒しか入れない事務所なのに。
ルイスは怒ってハーバードから視察を呼んで
楽しい職場だとアピールしろとアソシエイトたちに命令。
嘘をつけってことですか?とアソシエイトが言うのに笑えた。

視察に来たのはルイスの女版シーラ!
ルイスがみんなに大々的に紹介したのは、この人の前では嘘付けって作戦だよね。
その後、シーラが調査すると、アソシエイトたちはルイスに不満だった。
そりゃそうだろうって結果だけれど、不満の理由は
ルイスが仕事をアソシエイトに押し付けて仕事してないから…だって。
けれどルイスは驚くことに?仕事にプライド持っていたんだよねー。
アソシエイトからそう見られているのが大ショックだった。
昔は2日連続で徹夜で残業して、今のアソシエイトたちより苦労していた。
今だってアソシエイトたちが帰った後、彼らの仕事をチェックして残業している。
見えないところで結構仕事していたのだね~!
それをわかっているのは…ライバルのハーヴィー。
いつもはルイスをバカにするだけのハーヴィーなのに
このことについての2人の会話は戦場で共に戦っている仲間って感じで良かったなぁ。
ハーヴィーの「君はスゴイ。」部分を録音していおいて何度も嬉しそうに聞くルイス。
彼から言われたからこそ、すごい嬉しかったんだろうなぁ。

ハードマンはマイクの優秀さに気がつく。
ハードマンはマイクに組合代表と裏口で交渉するよう持ちかける。
でネルたち側の言い分を聞きいれた交渉成立する方法を考える。
でもハーヴィーはハードマンが変わってなく、マイクに嘘をついて利用したと怒る。

マイクにしたらハードマンがそんなに悪い人には思えない。
ハードマンはガンだった妻との思い出を持ち出すしね。
徹夜で仕事一緒にしたら、益々ハードマンに情がわくだろうなぁ。

組合代表の気持ちはわかるけれど、ハーヴィーのほうが勝った。
サービス残業の部分がマイクの同情を引き
結局そのサービス残業で解雇通告できるとハーヴィーが気づいたという皮肉さ。
マイクは自分を信じた組合代表に恨まれてしまって辛く
ハーヴィーが病院と組合にとって一番いいと思った解決策は
実はハードマンに勝ちたかっただけだと疑ってしまう。
このお互いの気持ちのズレがね…。

レイチェルは出会い系サイトの紹介文をどう書くか悩んでいる。
なかなか自分のこととか、わからないものね。
ところがレイチェルのいいところを一番知っているのはマイクだった。
レイチェルも涙ぐんじゃう。
こんなに自分のことを見てくれている人ってなかなかいないよね。


関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: SUITS
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。