海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Criminal Minds: The Eighth Season [DVD] [Import]Criminal Minds: The Eighth Season [DVD] [Import]
(2013/09/03)
Shemar Moore、Matthew Gray Gubler 他

商品詳細を見る


眠りから目が覚めた黒人の大学生トニー・アンダースは、マスクをつけられ
何故かベッドの上に病院の寝巻き姿で拘束されていることに気がつく。
周囲は手術の機材が置かれている。
不審に思ったトニーは起き上がったが、右足の膝上辺りに点線と共に“ここ”と
書かれているのを目にし恐怖を覚える。
そこへガタンと音がして、手術着姿の男が手術道具が乗ったトレーを押してくる。
手術着姿の男はトニーが起きている事に驚き、トニーを押さえつけると
麻酔を吸わせて意識を失わせる。

数時間後、トニーはTシャツ姿でハッと目が覚める。
しかしそこには手術の機材もなく部屋のベッドの上だった。
チャックアウトの確認の電話が鳴り、トニーはモーテルの一室にいるのだとわかるが
同時に自分の足の異変に気がつく。

リードは公衆電話ボックスにいた。
一度電話をかけ、少しすると折り返し電話がかかってくる。
相手は女性で、女性は、電話の約束は日曜日のはずだと言う。
リードはただちょっとかけてみたんだと言って
2人の会話はリードの頭痛のことに移る。
女性は半年前からリードと電話だけで話しリードの顔も知らなかった。
彼女が知っているのはリードが送ったMRI写真のリードの脳だけだった。

ガルシアはニューメキシコで起きた“右足泥棒”の事件の説明をチームに始める。
今朝、モーテルで発見されたトニーは手術中だが助かりそうだ。
しかし最初の被害者リチャード・ハベルは足の切断中に死亡し
遺体はメキシコのフアレスに捨てられた。
フアレスは麻薬地帯だが、被害者たちにドラッグとの関係はなかった。
トニーの足には点滴の注射痕があり縫われていて、犯人は医者と考えられたが
被害者たちは健康で医者にかかったことはなく
また、病院内で医者1人で手術をするのは不可能だった。
リードはトニーの手術に壊疽を引き起こさないための初歩的な処置や
技術が行われていないことから、これは手術ではなく解体だと言う。

ニューメキシコへ向かう飛行機の中。
ロッシは、犯人が一週間に2人の足を切断するというハイペースな点を訝しがる。
リードは売買が目的ではないかと考えるが、それならば殺してから奪うのが普通だ。
被害者たちは臓器提供に同意しており、ホッチが今
ユーノス(臓器配分ネットワーク)に照合をかけている。
犯人がもし医療関係者ならユーノスを通じて被害者の情報にアクセスできるのだ。

ホッチとブレイクは地元警察へ行き、担当のゴンザレス刑事と会う。
ガルシアの調査では、犯人がユーノスを利用している形跡はなかった。
闇マーケットを追うため、ホッチたちは人体売買で服役中の医者に会いに行く。

モーガンとロッシは病院へ行きトニーから話を聞く。
トニーが覚えているのは大学の校舎から出てきたところまでだった。
ロッシはトニーに目を閉じさせ、彼の記憶の深いところを思い出させる。
トニーによれば、誰かの家のガレージで足を切断されたのだった。

リードとJJはリチャード・ハベルの遺体を見に行く。
リードは、犯人がリチャードは膝の下から切断したのに
トニーは膝の上から切ったことに注目する。
リチャードの足の切断面はきれいで神経と血管の処理も丁寧で手際が良く
犯人には医学的な知識があり、外科医ではないが
技術的な訓練はきちんと受けているはずと考える。
JJは骨にあいた穴が完璧な円なことに気がつく。
ドリルで開けたように見えるが、リードの知っている医療器具ではなかった。

遺体を見てきたリードはミーティングで、犯人は自分のことを科学者だと思っており
被害者を実験しているのだと言う。
最終的な目的は切断ではなく、結合させることだと。
犯人は切り取った足を他の人の足に移植しようとしているのだ。

++++++++++++++++++++++++++++++++

 
シーズン8が始まってすでに第4話。
プレンティスがいなくなって新しいブレイクが入ってきたけれど
どうも彼女に馴染めず。
やっぱり年齢的にもプレンティスと同じくらいの人が良かったなぁとか
だったらシーバー復活させてくれるとかが良かったなぁとか
今は思うけれど、だんだん慣れるのかもね。

こわーいお話だった。
トニーは気づいたら手術されそうになっていて
そしてまた気づいたら足がなくなっていた。
次の被害者は気がついたら手術されそうになっていて
えっ?えっ?と思いながらも手術着姿の医者がいて
何か事故にでもあったっけ?とか考える暇もなく質問には素直に答え
やがて麻酔が覚めると誰のかわからない足が
自分の足にくっついてた!!って。
どう考えたって神経つなげてないし、他人の足が動くとは思えないけれど
狂気の医者はそこらへんは成功すれば時期に動くと考えている。

まぁ医者はエセ医者なのだけれど、神コンプレックス。
サイコパスとは違うらしい。
医者じゃないのに医学の知識はあって、でも壊疽しないよう初歩的な処置は
知らないらしい。
これは死人相手の職業だったから当然なのかもね。
愛する妻のためとはいえ、ここまで狂気に走るのもね~。
妻は治して欲しいとは思っていないのに
夫は自分を全てを受け入れてくれていると妻は思っていたのだろうに
結局は、夫のほうが見た目とか不自由さにこだわってしまった。
愛ゆえにとは言え、こんな凶行を犯した夫を妻はこれから愛していけるのだろうか…。
人を人と認識しないで実験材料にしか思えない人に
本当の愛なんてあるのか疑問だけれど。

犯人役のRay Wiseはもうノリにノッている脇役スターって感じ。
「ツインピークス」以来、ほとんどのドラマのシリーズに1回以上は登場していそう。
役は悪い弁護士役とかで観たことが一番多い気がする。
普通のオジサン役で観たことは少ない。
似合っていたのは「リーパー」の悪魔(爆)

トニー役のArjay Smithは「パーセプション」の
主役の教授の助手役の俳優さん。
このドラマも早く続きが観たい。

リードに関わる謎の女性の登場。
なんだか胡散臭~~い(笑)
電話の向こうのちょっとしたリードの仕草も言い当てちゃうし
終始画面も女性の顔をはっきり映し出さないよう暗いし。
リードにしてみれば、悩んでいた頭痛を治してくれた医者。
「4つの署名」や「シャーロック・ホームズの思い出」から
お互いコナン・ドイルの探偵小説好きなところで好みが一緒なのかな。
リードはしっかり犯人についてアドバイスをもらうほど彼女を信頼している。
(事件の情報を漏らしちゃうぐらいに)
この女性ドクター“彼”に知られるとマズイってすごく気にしているけれど
ストーカーがいるってこと?
でも本当に“彼”なんているのかなぁ。
多重人格ってオチだったら簡単すぎ?

このドクター、ちょっと女優さんについてネタバレ。
まだ誰だか知りたくないって方はスルーして下さい。

ドクター役の女優さんはBeth Riesgrafで
「レバレッジ」のパーカー役で観ている方には御馴染み。

関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: Criminal Minds
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。