海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
モンタナ州、グレートフォールズで14ヶ月の間に、女性が3人行方不明になる事件が発生する。女性の共通点は白人でブルネットということだ。地元警察により大掛かりな捜索が行なわれたが、3人共、死亡したと推定している。
そしてまた新たな被害者が出る。今朝、アンジェラ・ミラーは夫と息子とスーパーへ行ったが、先に店を出た後、行方不明となったのだ。
その40分後、ハイウェイパトロールがアンジェラの車を発見し、運転手を捕まえようとしたが、運転手は手榴弾で警官を巻き添えにして死亡した。車にアンジェラの遺体はなかった。
ホッチは犯人発見まで拉致から40分という短い時間だったため、アンジェラが生存していると考える。

チームはグレートフォールズへ。
飛行機の中でロッシは、犯人が手榴弾を使い死亡したことについて、人の記憶に残る死に方を選んだんだと言う。なるべく多くの警官を巻き添えにしたく機会を待ったのだと。
グレートフォールズは一途な人が多い土地柄だ。武器を好み政府を敵視する者が多い。ミリシアという民間武装組織があり、メンバーには軍隊経験者が少なくない。問題を起こして除隊した者たちもいる。
ジェニファーはガルシアに犯人の歯型は軍隊から調べるよう連絡する。

ホッチとプレンティスは保安官に会う。
ジェニファーはミリシアの広報担当へ電話で連絡するが、FBIと名乗ると切られてしまう。

ガルシアが犯人の身元を割り出す。犯人はフランシス・ゴーリング。42歳。陸軍にいたが素行不良ですぐ除隊になっている。政府のデーターでも調べたが、彼はミリシアの好戦的なメンバーだった。町外れの隔離された施設が最後の住所だ。妻ダイアンとは別居状態だった。

リードはロッシとゴーリングの家に行く。
鍵のかかった木の箱から、ダイアンと2人で写った写真と何本かのビデオを発見する。

地元の署に戻りビデオを確認する、リードとロッシとプレンティス。
それはゴーリングのマニフェストだった。「王国を建設し、軍備を整え守りを固め、自分の意のままに仕える女を側に置く。」ゴーリングはそう言っていた。

ダイアンが署に来る。
プレンティスがダイアンから話を聞きだそうとするが、自分に酷いことをしミリシアから追放して以来、ゴーリングとは会っていないと言うだけだ。
しかし、ゴーリングが王国を建設した場所がどこか聞き出す。それはデボラの親が亡くなったときにゴーリングが取り上げた9エーカーの土地だった。

場所を聞き出し現場に向かったホッチとロッシ、モーガンは、アンジェラの遺体を発見する。彼女の身体には銃弾が撃ちこまれていたが、まだ生温かかった。殺害されて間もないということだ。ゴーリングには共犯がいたのだ。

以下ネタバレ感想。





 
残酷な犯人は冒頭で自殺。
誘拐されたアンジェラを探さなければという展開。しかしゴーリングには共犯者がいて、アンジェラは殺されてしまう。

この土地ではミリシアという元軍人たちの民間武装組織が支配している。彼らは政府に反抗的で、政府と言ったとたんに敵視されてしまう始末。思うように調査がすすまない。

でも彼らの扱い方はロッシがよく心得ている。
ゴーリングの家に行ったときも、リードだけだと先に進めなかった。それにモーガンを酒場へやったのも理由があったから。
これって経験。ホッチにはまだ経験不足かもね。

共犯者はなんとゴーリングを愛しているゲイだった。
彼になりたくて顔の傷までつけちゃう。ゴーリングは異常者だった。共犯者はゴーリングに洗脳されて駄目人間と自分を思っていた。彼もまた被害者なのかも。ゴーリングがしていた拷問には興味がなく、愛する人と同じ事をすれば、愛する人が側にいるような感じがする…ってなっちゃったのか。

ロッシは彼を撃ち殺すことに決めていた。生かしておけない。こういうタイプの犯人が更生できないと思っているからか。
だがホッチは共犯者を生きたまま捕まえようとしていた。説得にも熱がこもる。
実はロッシは被害者を巻き添えにしてもかまわないと思っていた。昔も経験したことだ。それが正しかったと思っている。だから今回も躊躇しない。
銃を使って決着をつけるか、躊躇してもっと被害者をだすか。

ロッシをプロファイリングしたリードたち。
しかし彼をプロファイルするには経験不足かもしれない。かなり複雑そうだもの。


関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: その他のドラマ
編集[管理者用] Trackback(1) Comment(2) 
 
Comment
 

交渉人のスナイパーさんが異常な犯人だったり、4400のショーン弟が真似っこ後継者だったりでしたが(爆)、スパナチュのボビーおっちゃんは、普通に(悪者じゃない(笑))保安官でホッとしました^_^;
ロッシの過去への拘り、モーガン兄さんあたりがシツコク迫ってくれそうですかねー。
TBしました♪

NAME:BIBI | 2009.02.22(日) 20:17 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

>BIBIさん♪

TBありがとうございました♪

交渉人のスナイパーさん、交渉人でしか良い人役観たことないかも(爆)
後継者ってショーン弟でしたっけ?わからなかったーー。
ボビー、保安官役似あってました。

モーガン、ずいぶんロッシにこだわっちゃったんですねー。
お金があろうと、仕事にやりがいがあれば復帰とも思うけれど、こういうプロファイラーは
どうせなら戻りたくない職業なのかな…。

ロッシの単独な行動が面白くなってきました。

NAME:ぽっこ | 2009.02.23(月) 12:12 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback

 

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クリミナル・マインド3 第7話 地上の王国

モンタナの山間部を走るハイウェーで盗難車として追ってくるパトカーとカーチェイスの末、やっと車を停めたと思ったら、警官らが近付いてき...
Drama Blog【2009/02/22 20:08】

 

 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。