海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2007.03.09/ 17:52(Fri)
ついに最終回。これが終わり!?と思うような結末。
衝撃的な結末を脚本家が狙ったのなら、大当たり。

町の人々はズーラの傭兵によって集められ、
海へ突き落とされていった。
ジェシーの友達、ブレットの母親もだ。
空からは嵐と共にオレンジ色の光が雨のように降り注ぐ。

ラッセルは妊婦を診ているマリエルを置いて
ラーキンと子供たちを捜しに行く。
ルイスとデイヴは空軍に軍隊をよこすよう電話。

保安官は車を動かすと、倉庫の側に停車。
ラッセルと合流しズーラの傭兵と銃撃戦を繰り広げる。
だがほどなく空軍が混合種たちを制圧した。

保安官は長く事情聴取された後、ズーラの行方を追う。
ルイスはジェシーたち子供たちを車に乗せ家に送る。
デイヴとラーキンも車に乗り込むが
そこへブレットと見知らぬ男が銃で2人を脅し
保安官に仕返ししようと車に乗り込む。

マリエルの元に戻ったラッセルは
妊婦の命を見捨てられないというマリエルに根負けし
彼女らが水を望むため海へ連れて行く。

そして事態は思わぬ方向へと進んでいく。

最初は淡々と事態の行方を鑑賞。
ズーラたち傭兵に海に突き落とされていく人々、
空からは大量のエイリアン。
どうやったってエイリアンを“退治”なんて無理だよねぇって。
と思ったら早い時点で空軍が事態を制圧し、
保安官がズーラを仕留め
一応、エイリアンの侵略は止まった。
被害は絶大だったけれど。
気になるのはブレットの行動。
保安官は確かに人間を守った。
その保安官が殺されてしまうのか?といや~な気持ちの展開。
 
後味としては悪い。
混合種が妊娠したあたりから
ラーキンの妊娠とどう対比させるのだろうって
考えていた。ラーキンの妊娠は意味があったんだなって。
最後はこうきたか~って感じ。

でも描きたかったのはこういうことかなってのは
なんとなくわかる。

マリエルはエイリアンの見かけは人とは違うが
必ずしも悪いエイリアンだとは限らない、
だから生まれてくるエイリアンたちを殺してはならないと
ラッセルを説得。
今までも脅威と感じて先走る行動が、悲惨な結果を生む。
人間も脅威と感じて混合種のルイスを襲った。
自分は今でも人間で母親だと思っているマリエルが言うと
納得する部分。
実際、何人かの混合種は悪くなっていない。

一方、保安官曰く、ズーラは多数派になりたかっただけと言う。
ズーラも結局、自分がエイリアンであるというより
進化した人間だと思っていたと思う。
人間より優れている自分たちが街を支配すべきと考えていた。
それが侵略行為。

共存か侵略か。人間からみるのと混合種からの視点と
違うよね。
ただすでに大勢の人々が混合種になってしまった今
人間は共存する道を選ばなければならないだろうね。
その時、混合種から生まれたエイリアン?は
支配を選ぶだろうか。

最後、保安官の涙と決意。
ラッセルがその現実を受け入れられるだろうか?
そしてお腹の子供はどうなるの?とそこらへんがきになったまま
終わってしまった。
関連記事
スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。