海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
今回の事件は銀行強盗を追うもの。すっかり面白くなってきた。

銀行強盗  16件
容疑者   2名
平均盗難額 2700ドル
武器使用  0件

銀行強盗は一度成功すると習慣になり、同じ日時や変装、武器など何度も繰り返しパターン化する。
チャーリーはそのパターンを方程式におりこみ、方程式から次の犯行現場を予測する。ドンたちは犯人たちを張り込む。

かなり自信ありげなチャーリーだったが、思いも寄らぬ事態が起きる。
2人だと思っていた犯人たちの人数は増え、ドンたちと銃撃戦となる。
車を爆破し、その隙に逃げる彼らはまるで軍人のようだ。
この銃撃戦で多数の死傷者がでてしまう。
それをニュースで知ったチャーリーは責任を重く感じ、自分の殻にこもってしまう。

天才数学学者のチャーリーが殻にこもるというのは、けして解けないP-NP問題を延々と解き続けること。
母親がガンだと知ったチャーリーは、やっぱりこのP-NP問題を解き続け、母親の死に目にも会わなかった。
前回、母親の死に目に何故チャーリーは会えなかったのかなって疑問
だったけれど、今回でその疑問は解決。
愛する母親が死ぬという事実や悲しみに直面した時、心の行き場は人それぞれだと思う。

さらにドンとチャーリーのあまり親しくなさそうな関係も何故なのか
わかる。
天才ゆえに4歳の時にはもうそういう天才児を扱うクラスへ。
両親もチャーリーにつきっきりでドンはどんなに寂しかったろう。
チャーリーとドンが同時に高校を卒業し、ドンとチャーリーとの
対抗意識が生まれていた。
ちょっとぎくしゃくに見える親子・兄弟関係はそんなところから始まっていたらしい。

「行動は予測できても操ることはできない。」ラリーの忠告。

であれば、常に犯人の一歩先を予測していかねばならないよね。

「観察する行為は相手にも影響を与える」ハイゼンベルクの言葉
捜査されていると知った犯人はどう行動を取るか
その先はドンのお手柄。
関連記事
スポンサーサイト
 
Category: NUMBERS
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。