海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
カルフォルニア州チュラヴィスタ。
約18時間前女子学生2人(リンジーとケイティ)が行方不明となり、警察と捜索隊で2人を捜していたが、5時間前、顔と手を潰された若い女性の惨殺死体が発見される。
あまりの惨い殺された方に地元警察はBAUの出動を要請し、ロッシたちBAUチームが事件を調査することになる。

捜索隊には女子学生の両親たちも含まれていたが、彼らはまだ遺体を見ていなかった。殺された状況から見て両親に遺体を確認させるのは惨すぎるからだ。
しかし心配している親に事実を隠すのは限界に来ていた。

JJとモーガンは女子学生たちの両親に会い、行方不明となった状況を聞く。
ケイティの両親が食事に出かけ、リンジーの父親のジャックがリンジーたちを映画館へ送った。終わった頃、ジャックはリンジーたちを迎えに行ったが出てこなく、映画館の中にもいなかった。ジャックが従業員に聞くと、リンジーたちは映画の途中でタバコを吸うため外へ出て、そのまま戻ってこなかった。

ケイティの両親は被害者が自分の娘かリンジーか知りたがるが、それはわからずモーガンたちには答えられない。ジャックはBAUに否定的な態度を取る。
ジャックの親友パットは、ジャックの妻が数年前に死亡し、ジャックとリンジーが2人暮らしだったと教える。ジャックは精神安定剤のような薬を飲んでいた。

プレンティスは遺体の状況から死因は絞殺だと推測する。何層にも重なる殴った痕と切り傷、これらは長時間に及ぶ拷問の痕だ。
リードは首にバックルの痕を見つける。凶器はベルトだった。
ホッチは地元警察の刑事に手と顔が潰さされていたのは、犯人が被害者を知っていたからだと教える。それに身元確認に時間がかかれば、犯人が逃げる時間が作れる、そうロッシは分析する。
しかしまだどちらかの1人は生きているはず。殺害場所と生きている女子学生が誰か早急に調べる必要がある。

ガルシアはケイティの両親にかかってきた最後のケイティのメッセージを分析する。
それにはケイティかリンジーの声で死ぬ最後の瞬間の声が入っていた。
両親に聞かせれば誰かわかるはず。だがそれは酷だ。
しかしDNA検査を待っていては、生存者の命が危ない。
そう判断したロッシは皆の反対にあうが両親にその声を聞かせることにする。

両親に鑑定を待つ方法もあると説明するJJ。その間、記者会見を行うことを勧める。
だがパットは記者会見は親の反応を見たいだけと、暗にジャックをBAUが疑っているとほのめかす。
結局、携帯のメッセージを聞くことに決まり、ケイティの父親とジャックが聞くと…。
その声はケイティだった。

ケイティは長時間の拷問で大声で泣き叫んだはず。だが誰もそれを聞いていない。犯行は人気のないところでされたと思われる。

ホッチとプレンティスは映画館でプロファイリング。
2人がタバコを吸いに外へ出た時、少年たちにナンパされた可能性がある。
しかし無理やりだったら人目につくはず。犯人は顔見知りかもしれない。

ロッシ、リード、モーガンはジャックの家へ行き調べる。
しかしリンジーの部屋の中にはティーンエージャーらしくなく、不自然なものを感じる。
リードにガルシアから連絡が入り、ケイティがブログでジャックの悪口を言っている映像があると知らされる。そしてガルシアによると、ケイティがリンジーの過去を語るが、それはある小説の主人公とまったく同じだった。
リードはジャックのパソコンを探るが、スパイウェアで履歴が毎日削除されていた。
そして家の中も不自然、、携帯のリンジーの声も落ち着いて訓練されている感じがすることから、性的虐待の可能性をロッシが示すと、ジャックは怒り暴れ出す。
それを止めようとするパット。しかしパットの背中に銃が隠されているのを見たロッシたちは思わず銃を構える。
パットは連邦保安官で、ジャックとリンジーの証人保護プログラムの監督役だった。


 
スパナチュで黄色い目の悪魔だったFredric Lehneが登場。しかもなんとなーく怪しげな態度。
おまけにWATじゃ小児性愛者だったし、性的虐待もあり?なので
ああ、彼が犯人か!?娘たちを誘拐して惨殺したのかと疑ってしまった。
しかしタネを明かせば、ジャックは証人保護プログラムで過去を変えた殺し屋。
妻は自分の身代りで交通事故死。
娘のことを守ってくれと言われて自首したという過去を持つ。

娘たちを誘拐した犯人は、かつて自分を雇っていたギャングか?となる。
彼にぴったりくっついて、これまた怪しかったパット。
彼にしてみれば大事な証人であるジャックは大切だが、リンジーがどうなろうとジャックの過去が招いたこととあまり親身になっていない。嫌な奴。

調べていくと、犯人はジャックの過去とは無関係で、リンジーたちの同級生が関わっていると判明する。
今回はここから先が衝撃的。

娘を殺されたケイティの父親。ジャックと知り合って6年、ジャックを疑うものの、彼が今回の犯人ではなく、過去には何かくらーい過去があると気がつく。父親としての気持ちは一緒ってことで、その過去のジャックと同じことができるかと、ジャックにある願いをする。

犯人も酒とドラッグでケイティを殺してしまったものの(そして仲間の一人)、どうしていいかわからない。リンジーは人質状態になっている。
しかし彼らは誘拐する相手を間違えた。
怒りに燃えるジャック。それはかつて非情な殺し屋だった男。
その彼が犯人を追いつめるシーンまではわかるよね。
そして犯人との対面。
リードは必死に彼を殺すなと説得。
しかし脇ではリンジーが犯人を殺せと父をせっついている。
友達が殺され悔しいのはわかるけど、父親のことを考えたら言えないはずだと思うけれど。

これで犯人を射殺してしまったら、リンジーの精神上良くない。
死んだ母親は娘をそうしたくはなかったはずだとリードは説得。
そうだ、そうだと思うところ。

しかしジャックのした決断は…。

これってケイティの父親を思ってのこと?でも娘の願いを聞いてあげたかったって
気持ちのほうが強そうに思える。
たしかに2人の絆は強まったみたい。
ジャックの望んでいたのはそういうことだったのかな。

リンジーにこの先とても恐ろしいものを感じてしまった。


関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: Criminal Minds
編集[管理者用] Trackback(1) Comment(4) 
 
Comment
 

もう、なんたって黄色い目の悪魔ですもの、単純に普通の父親じゃないですよね、第一印象から~(爆)。
こうゆう時に、なぜか単身で向うことになるのだなぁ・・・な、リード君の身がやけに心配デシタ。ジャックに容赦なく撃たれて頭吹き飛んでましたよね犯人・・・呆然として口開いてるリード君、大丈夫かしら。
ロッシ似と言えば、たしかにそう見えなくもないリンジー。どこかCSI:NYの今はなきエイデンにも似てませんでした?こんな強烈なゲスト出演での父娘共演ってのもスゴイですよね。

NAME:BIBI | 2009.03.27(金) 17:42 | URL | [Edit]

 

証人保護プログラムを受けている殺し屋、さすがに怒ったら本物でした。
リード君の説得は彼なりに頑張ったのに。殺し屋にはかないませんでしたね。
あちこちのドラマで観る若者の犯罪。なんとかならないのかな・・・

NAME:Garoto | 2009.03.29(日) 12:44 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

>BIBIさん♪

登場で、あっ!黄色い目の悪魔!って、この俳優さん登場すると、すぐ反応してしまいます(笑)
まさしく怪しい~~、何かあるぞって疑い眼(爆)

リード君、ホッチたちに電話で伝えるけれど、内心、心細かったでしょうね。
そんな感じに見えちゃうし、頼りないなぁ、大丈夫かなぁとハラハラ。
説得は上手だったと思うけれど、悪魔の父親(笑)、リード君の説得じゃ心動きませんでした。
これはトラウマになりそうですよねぇ。

エイデン…そうそう、そんな感じでもありました。
父娘共演ってことにそもそも驚きました!

NAME:ぽっこ | 2009.03.29(日) 16:17 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

>がろとさん♪

あの薬どこまで効き目があるのかわかりませんが
やろうと思ったらすごい、迫力満点の殺し屋に逆戻りしてしまいました。
犯人が逆襲にあうのはスカッともしますが
命乞いする犯人に対して殺してと要求する娘が怖くなりました。
リード君の言葉より娘の言葉のほうが耳に届いちゃいました。

若者犯罪、残虐になっていくばかりです…。
思いやりとかなくなっちゃったんですかねぇ。

NAME:ぽっこ | 2009.03.29(日) 16:29 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback

 

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クリミナル・マインド3 第12話 父の過去、娘の秘密

カリフォルニア州のチュラヴィスタで女子高校生ケイティとリンジーの二人が映画館から失踪したあと、そのうちの一人が遺体となって発見され...
Drama Blog【2009/03/27 17:36】

 

 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。