海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Painkiller Jane 1Painkiller Jane 1
(2007/04)
Joe QuesadaJimmy Palmiotti

商品詳細を見る



列車事故が起き、運転士ら2人が死亡する。
チームは運転士たちの最後の瞬間を映したビデオを入手。
システムは正常で鉄道会社は運転士のミスを疑うが
運転士のハンプトンは優秀な運転士だったと
ハンプトンと知り合いだったジョーが断言する。

ビデオではハンプトンが運転の方法を忘れたのが原因のようだ。
セスによれば部分的健忘症の一種かもしれないが
同じような症状の患者が最近精神科を受診していた。
その患者とは、独自のネットワークを構築したエドガー・ドーソンで
彼を尊敬しているライリーは耳を疑う。
ジェーンとライリーはエドガーに話を聞きに行く。

ライリーはエドガーと夢中になって話すが
構築の核心部分がエドガーには思い出せなくなっていた。
どうしてこうなったのか、誰かと直前に会ったり握手したりも覚えていなかった。

エドガーの記憶がなくなった部分は、線路の切換システムに関する部分だった。
ジェーンは列車の運転士と線路の切換システムの生みの親のエドガーが
立て続けに記憶をなくしたことを指摘する。
アンドレは鉄道会社に恨みを持つ人物の犯行ではないかと推測する。

その頃、ある男が階段の踊り場からホームレスの上に落ちる。
男はホームレスに救急車を呼べと手を握る。
救急車が到着すると、」突然、ホームレスは男の血圧や対処の仕方を
的確に救急隊員に支持する。
ホームレスは意識を失い救急隊員は彼への対応に追われる。
その隙に男は姿を消す。

セスが浮浪者を診察していると、突然浮浪者は、自分をラファティ医師だと自己紹介する。
しかし本物のラファティ医師は、療養施設にいた。
5ヶ月前、彼は得意な大動脈バイパスの手術中に突然、手順を忘れてしまい
そのショックで身を持ち崩していた。

鉄道と医学、なんの接点もなくアンドレは悩む。

ジェーンが自宅にいると、ライリーが入ってくる。
鍵を勝手に開けて入ってきたセスにジェーンは怒る。
ライリーは薬局でヘモグロビンの促進剤を盗む事件があったので
ジェーンに一緒に捜査して欲しいと頼む。
ホームレスに助けられた男も同じ薬が使われていたからだ。
男は病気なのかもしれないとライリーは考えていた。
だがジェーンはライリーの頼みを断る。

セスは一人で捜査に向かうが、記憶を全て盗まれてしまう。



 
なかなかしんみりと来るエピだった。

鉄道の運転士が大事な部分の記憶をなくして列車事故を起こす。
また鉄道の路線切換システムを構築した天才エドガーもその部分だけ記憶をなくす。
チームはニューロの関与を疑うが、最初は鉄道会社にでも恨みがあるのか…だった。
けれど、突然名医に生まれ変わったホームレスが現れ
彼はなんと名医だと自分を自己紹介。
本物の名医から盗まれた記憶がホームレスに埋め込まれていた。
鉄道と医学。この関係にチームは頭を悩ます。

そこでライリーがヒントを見つける。
ホームレスに助けられた男がヘモグロビン促進剤を使っていて
最近起きた薬局の窃盗でもヘモグロビン促進剤が盗まれていたことに目をつけたのだ。

ジェーンに一緒に捜査してくれと頼みに行ったライリーだが
ピッキングで勝手に部屋に入ってくるなんてのは反則。
ジェーンが怒るのも当たり前で、捜査に一緒に行くのは断られてしまった。

ライリーは仕方なく一人で捜査するが、その時、男に記憶を一部だけじゃなくて
ぜーんぶ盗まれてしまう。
可哀想なライリーにジェーンは心がチクチク。
キーボードを触り始めたライリーはさすが、すごい速さで打っていき
やっぱり何者にも彼の才能は盗めなかったと期待してしまうところだったが
それは調子よさすぎ。彼ができるのはゴルフゲームくらいとわかる。

犯人を捜索に向かうアンドレたちにも男がなにやら触り
これじゃあっちもこっちも記憶喪失?と思ったら
逆に記憶を埋め込まれていた。
犯人は自分からチームのアジトに赴き(ライリーの記憶を使って)
チームに列車強盗をすればライリーの記憶を全て返すと約束する。
そのために必要な知識はすでにアンドレたちに埋め込みずみ。
ジェーンは身体を張った仕事に任命。
そりゃなんだとちょっと笑っちゃうけれど
これはすごい痛そう。高圧電流に飛び込まなくてはいけないのだから。
まだジェーンの能力がわからないのに、いつ死ぬかもわからないのに
ライリーのためだとやらされるのは、じゃあジェーンはいいのか!?と
突っ込みたくなるところ。

死ぬほどの痛みを味わうジェーン。
普通なら一度味わって死ぬところだが、不死身ということは何度も死ぬほどの痛みを
味わなきゃいけない。
やれやれ、こりゃ拷問だよね。

今回の犯人はちょっとムードが違かった。
ニューロであるけれど先が長くない年取った男。
自分がこうなる前、美しかった時代をもう一度見たかった。
特殊能力は犯罪かと、犯人とジェーンとの会話や
アンドレの判断にいろいろ考えさせられる。

関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: Painkiller Jane
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。