海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
結婚式が近づき、招待客のリストを作成しようと
リタに言われたデクスター。
頭に浮かぶのはデボラだけだ。
デクスターはリタに、デクスターの友達とその同伴者が
出席するか聞いてくるよう言われる。

デクスターはホスピスに移るカミラに付き添う。
カミラは写真好きだった夫ジーンが遺した写真を
デクスターに渡す。
そして葬式の計画表を渡し、“その時”が来たら
親戚に連絡するようにとデクスターに頼む。

デクスターが署へ行くと、ミゲルが来ていた。
ラモンが警察を辞職する条件で、彼を引き取りに来たのだ。
ラモンは不満だったが、妻子のため警察バッジを返上する。
ストレスでイライラするミゲルは帰り際
デクスターをゴルフの練習に誘う。

皮剥ぎ犯の有力な情報は得られなかったが
犯人はフリーボに金を貸した人物で
捜査状況を把握していると考えられた。
エンジェルはアントンを囮にして犯人をおびき寄せることにする。
しかしアントンには内緒ということに反発したデボラは
アントンに会い、囮捜査のことを伝え逃げるよう説得する。

ウェンデルの母親に呼び出され、デボラとクインは
母親に会いに行く。

大学総代のリサ・モートンが殺害される。
犯人は現場に血のついた靴下でつけた跡を残していった。
しかも血は状況から犯人の血だった。
マスカはそれを見て、犯人がアルバート・チャンだと見抜く。
チャンは6ヶ月前に老女の家に不法侵入していて
その時も靴下だった。
老女は面通しで別の男を犯人だと選び、チャンは罪を逃れていた。

血液のDNAはチャンのものと判明し、それをデクスターは
ゴルフの練習をしながらミゲルに伝える。
するとイラつくミゲルはチャンを2人で退治しようと言い出す。
そしてミゲルはチャンだけでなく、彼を野放しにした病原の元である
弁護士のエレンも殺そうと熱弁をふるう。
しかしデクスターの掟ではエレンは人殺しではなく
殺しの対象とはならない。
ミゲルは「広い心を持て。」とデクスターを説得する。

カミラは余命が一ヶ月延びて悲観にくれる。
苦しむ期間が一ヶ月増えたからだ。
思い余ったカミラはデクスターに自分を安楽死させてくれと頼み込む。

 
ミゲルは真の友達か…と夢にまで見てしまうデクスター。
デクスターにしてみれば、ビックリなことだけれど
友達であって欲しいという願いからみたい。
デクスターだって親友が欲しいんだと思う。
ハリーはデクスターの殺人行為を嫌悪したけれど
ミゲルは、死体を切断し血だらけのデクスターでも認めてくれるって
期待している。

エレンが言っていたミゲルの真の姿。
正義の熱血漢ってわけじゃなかったみたい。
法を守る立場なのに、正義ってことで法を捻じ曲げて
いろんなことしてたみたい。
そこへデクスターと知り合い…。
ミゲルにも好都合だったのかもね。

そんなミゲルの目障りな存在なのはエレン。
彼女が犯罪者を弁護して、野放しにしているのが
ミゲルの勘にさわっていて、もう気持ちが限界だった。
デクスターという処刑人の登場で、抑えていた気持ちが
解き放たれちゃったせいかも。
それで今度はエレンを殺そうとミゲルは言い出し
デクスターは掟とは違うけれど、友情のためと
エレン殺害も止むを得ないとまでえ考える。

一方カミラは、余命が延びてしまったことでパニック状態。
みじめな姿のまま、苦しみが続くのが耐えられない。
そこで親友のデクスターに安楽死をさせてくれと頼む。
カミラはデクスターの兄が冷凍庫キラーだと知っていたが黙っていてくれた。

ミゲルとカミラ、それぞれの親友の頼み。
カミラの頼みは聞くけれど、ミゲルの頼みは拒否。
デクスターならではの境界線。
それでもカミラには心を痛める。
カミラを殺したのは今までと違う、慈悲の心からだった。

エレンの殺害を拒否したデクスターに浴びせた
ミゲルの罵声はひどいものだった~~。
やっぱりミゲルは危険な人物。
だいたいエレン殺害はミゲル自身の問題。
彼女が犯人逮捕に協力したと聞くと、すーっと気持ちもおさまり
デクスターに謝罪するミゲルだったけれど
この先もこんな感じかもね。
感情の起伏が激しいし、妻に当たるし
彼と組んでいると、デクスター危ないかも。
それなのに結婚式の介添人を頼んじゃうなんてね。

クイン。
彼が皮剥ぎ犯とか疑っちゃうこともしばしば。
しかし犯人が警察にいるなんていうのも、なんかなぁ。
まあ、犯人は剪定士かも~って展開になったわけだけれど
じゃあ、なんで捜査状況知っているの?って謎も残る。

アマドがデボラに近づいたのにはわけがあった。
デボラ、またもや身の危険にさらせれちゃうのかな。
アントンとはいい感じで似合っているし応援したいけれど
しかし職業柄はまずいよね。


関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: DEXTER
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。