海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
スターゲイト コンティニュアム ザ・ムービー [DVD]スターゲイト コンティニュアム ザ・ムービー [DVD]
(2008/08/29)
リチャード・ディーン・アンダーソンマイケル・シャンクス

商品詳細を見る


Richard Dean Andersonも出演していて
私にはこちらのほうが面白かったかも。
やっぱり『オーライ』より、スターゲイトって言えば『ゴアウルド』って
思ってしまうから。
懐かしのゴアウルドの面々も登場するし
かつてのスターゲイトが蘇った気持ちで嬉しい。
そして故Don S. Davisのハモンド将軍の姿が再び見られたことも。

SG-1チームはバールの処刑に立ち会うべく、トクラの惑星に旅立つ。
トクラでは先にバールの引渡しに行ったジャック・オニール将軍が到着していた。
2000年もの間、悪行三昧してきたバールの罪状のリストは
長く読み上げるのだけで、相当の時間を要した。

罪状の読み上げも終わり、バールは処刑台に現れる。
ダニエルはバーラと喋っていたが
ふと横を見るとバーラの姿は消えていて、ダニエルは訝しがる。
が、バールの処刑は最後の言葉を述べるところまで進む。

するとバールはオニール将軍やSG-1チームに向かって
不敵な笑みを浮かべ、ティルクを親衛隊長にできなくて残念だと言い出す。
ケテッシュ(バーラ)を探すが、彼女は席をはずしていた。
バールは自分がクローンかも知れないと言い出す。
ミッチェルは全てのクローンを退治してきて
目の前のバールが最後だと信じていたが
バールはオリジナルとクローンの違いは、追跡装置が外せるか不可能かの
違いだと言う。
バールはオリジナルが特別なプランを用意していると嘯く。
バールは自分の身に死が迫るとセーフティシステムのスイッチが
入ることになっていると言い出す。
そしてそのスイッチは既に入っていると。
オニール将軍とティルクはバールが嘘を言っていると詰め寄るが
バールは時間により処刑台に乗せられる。

1939年の大西洋を航海する船。
船には中身の不明な積荷が乗せられていた。
そこへ時空を超えてバールが兵士を引連れスターゲイトより現れる。
兵士たちは船員を殺して船を制圧する。

現在。
いよいよ処刑執行の時間となる。
トイレに行ったと思っていたバーラの姿が見えず
さすがに心配になってきたダニエルたち。
と、喋っていたティルクの姿が突然消えてしまう。
そして今度はトクラの姿も次々と消えて行き
その事態をオニール将軍はバールのせいだと気がつき
バールに掴みかかるが、逆にバールに注射を打たれ
命尽きてしまう。

再び1939年。
船で目的を果たしたバールは再びスターゲイトで去る。
一人生き残った船長は負傷しながらも、爆弾を外に投げ出す。

再び現在。
人ばかりか建物も消え始め、カーターとミッチェルとダニエルは
スターゲイトで地球へ戻ろうとダイアルするが
何故かスターゲイトの先は、凍りつく船の倉庫の中だった。
ミッチェルはカーターを頼りにするが、カーターもこの事態に
呆然となっていた。
ダニエルはこの船が第二次大戦直前、スターゲイトを運んでいたアキレス号だと
気がつく。
このままでは凍傷となり、ついには凍死してしまう。
スターゲイトにはダイアルがなく使えない。
ミッチェルは危険を覚悟でドアを爆破させることにする。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
しぶとく生き残っていたバール。わりとハンサムだし、なんとなーく憎めないところも
あったりで、バールの登場するエピは好きだった。
そのバールもクローンをいっぱい作って逃げ延びていたけれど
ミッチェルがそのたくさんのクローンを殺して、やっと最後の一人で。
オリジナルバールの処刑(処刑といってもゴアウルドを抽出するというもの)に
こぎつけたが、敵もさるもの、セーフティシステムのスイッチが入り
1939年のアキレス号で、スターゲイトを搬送する船を阻止し
その後の歴史を歪めてしまった。
その結果、スターゲイト計画はなかったものとなって
バーラやティルクは姿を消してしまった。

時空が歪められて歴史が変わった世界で
カーターたちが時空を元に戻すということは、今の世界の人々の存在を危うくし
大統領やハモンド将軍、ランドリー将軍から思わぬ反対にあってしまう。
カーターとダニエルとミッチェルは別々に連絡を取らない約束で
この世界で住むことを許可される。
そして一年後、バールが地球に姿を現すが
バールの妻はケティシュ、親衛隊長にはティルクがなっていた。
バールはケティシュの不満をよそに、元の世界での失敗を踏まえ
地球への侵略は、攻撃的には責めず、寛大なところをみせて
付け入ろうと企んでいた。
だがバールが地球に詳しいことにケティシュは疑いを持つ…という展開。

パラレルワールドとはちょっと違うけれど、歴史が変わったため
微妙にこの世界にいるカーターたちの立場も変わる。
バーラはケティシュのままでバリバリの悪女になっているし
ティルクはバールに忠実な僕となっていた。

どうやって時空を元に戻すのか、最後までハラハラドキドキ。
スターゲイトの面白さは、これ以上ない絶体絶命の状態まで陥らせて
予想もつかない方法で危機を乗り越えるところ。
「真実のアーク」のオーライとレプリケーター責めも
これ以上どう持ちこたえるのかって心配しちゃったけれど
こちらはこちらで、なすすべもなく、歪んだ時間の流れにのるしかない
もどかしさがたまらない。
ダニエルの片足は切断されちゃうし、元の世界に戻っても
めでたし、めでたし、じゃ終われないし。
そう危ぶんでいたらやっぱり、物語は思わぬ流れで解決する。


ここから大ネタバレ。(観終わった後のほうが良いです)

バールの装置を使い、過去へ一人生き残ったミッチェルは旅立つ。
だが磁場の関係で、1929年にしか戻れなかった。
結局、歴史を戻すため、10年の月日を費やしたってことだね。

ミッチェルの活躍で戻れた世界で、再び彼らに会えたことがどんなに嬉しいことか。
ミッチェルの活躍すら、今のミッチェルは知らないわけだよね。
ロッカーの写真には船長だったミッチェルの祖父とミッチェル自身の写真が
飾られていた。
本物のミッチェルがその後、どうやって生きていったのかは謎。
彼が船の歴史を戻した後、正しい世界に戻ったって事は
ティルクたちみたいにスーッと消えちゃったのかな。
あの写真を撮影しているところを見ると、しばらくは存在していたようだしね。



関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: StarGate SG-1
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。