海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
ディアナ~禁断の罠 DVD-BOX シーズン3ディアナ~禁断の罠 DVD-BOX シーズン3
(2008/12/26)
ソンヤ・スミス、

商品詳細を見る


残り11話。あっと言う間!

前回まで。
アレハンドロがマキシミリアノだと周囲にも徐々に知れわたるが
イグナシオだけは気がつかない。
皆が皆知っているのに、不思議(笑)
連絡をつけようとディエゴはしてたみたいだけれど
結局イグナシオなんてどうでもいいんだよね(爆)

イグナシオはオクタビアとの結婚を控えていたが
ガビオタとディアナの策略で罠にはめられようとしていた。
さすがに医師免許のときがあるからイグナシオも警戒。
それでもディアナの魅力には気持ちが揺れる。

マキシミリアノはディアナの心を取り戻したい一心。
まずフィオナの妊娠が本物か、彼女を許すという条件でカミーラに調べさせ
マルフィルには彼女を愛することを条件に
イグナシオとディエゴの放火の証拠を見つけるよう強要する。
しかしマキシミリアノにしてみれば、彼女たちへつけた条件は嘘で
今度は自分が利用してやろうと考えている。

ディアナは相変わらず、マキシミリアノに心を閉ざすけれど
心配したジョランダが他の女性にマキシミリアノを
奪われてしまうと忠告する。
そのジョランダはパコと急接近。
アレハンドロが自分の夫だと知ったマルフィルは
再びディアナに、マキシミリアノとヨリを戻すなと脅かしに行くが
ディアナはマキシミリアノとは終わったと言い
ライバルは別にいるとマルフィルに言う。
ストレスが溜まったのかディアナはめまいを覚える。

その後フィオナの偽装妊娠はカミーラの調査で嘘だとマキシミリアノは知る。
だがすでに遅し。
その頃にはフィオナは、嫉妬に燃えたマルフィルとディエゴによって
工事現場で生き埋めにされてしまっていた。
(生き埋めシーンは人形だとバレバレだったなぁ)
ディエゴはマスクをネタにマルフィルに脅されてフィオナ殺しの片棒を担いだが
このまま脅され続けるのは目に見えていて
マルフィルも殺そうと企むが失敗。
マルフィルに逃げられてしまう。

マルフィルはディアナとマキシミリアノが別れたものの
それでもマキシミリアノの愛が取り戻せないと知り
ついにマキシミリアノとの離婚を決意する。
そのことが許せないディエゴはイラザバル家へ行き
再びマルフィルを殺そうとするがラリやジョランダたちが
気がついて止める。

パコの家に居候していたフィオナが帰ってこないことを心配したパコが
警察に捜索願を出して、警察はマルフィルを調べ始める。

銀行強盗をしたパンチョは警備員との銃撃戦で足に大怪我を負う。
ちょうど銀行に来ていて、犯人がパンチョだと気がついたカラメロは
怪我をしたパンチョを心配。
彼の隠れ家に行くが、パンチョは足を切断するかもしれないほど
傷は悪化していた。
弾は取り出したものの、カラメロはディアナに助けを求める。
ディアナはカラメロの気持ちと怪我人だからと警察にも通報せず
パンチョの治療を始める。

パンチョはディアナが治療をしたことで、共犯と疑われるだろうと
今度はそのことでフェドラを脅迫し、高飛びするための飛行機を
手配するよう言う。
フェドラは仕方なくパンチョに会うが、その様子を
キケが雇った探偵が調べて写真を撮っていた。

シャロンはラリと急接近。
ガビオタへの憎しみも増していく。

シャロンとキケの行動についに我慢ができなくなったガビは
ガビオタにキケの暴力やシャロンとキケの浮気のことを打ち明ける。

そして今回。

フィオナが偽装妊娠だったこと、マルフィルと離婚が成立しそうだと
なってもディアナはマキシミリアノを拒否し
ついにディアナを失ったと悟ったマキシミリアノは失意の中
慰めを求めてマルセラにプロポーズ。
マルセラはマキシミリアノを愛していたが
ディアナの気持ちを確かめたくてディアナに会いに行く。
ディアナの返事次第ではマキシミリアノの元から去るつもりだ。

ガビから真実を聞き怒ったガビオタはキケを屋敷から追い出す。
勿論キケはガビに大激怒。
そしてガビはシャロンにも家を追い出すと宣戦布告する。
シャロンは絶対にラリと結婚してガビを苦しめてやると脅す。

キケは写真をロドリゴのオフィスに届けるが、ロドリゴは留守だった。
その後、ロドリゴは事務所に戻り、写真を開けようとしたが
そこへガビオタが尋ねてくる。
ガビオタはシャロンのことをロドリゴに話すつもりでいたが
ロドリゴの気持ちを傷つけるのを恐れて話せなかった。
その後、ガビオタはディアナに胸の内を打ち明ける。

マルセラはディアナにマキシミリアノとやり直すなら
自分は身を引くと言う。
だがディアナはマルセラにマキシミリアノとの結婚を勧める。
マルセラが帰った後、ディアナは悲観にくれる。

自分の真実を父親に言われてしまうと心配したシャロンだったが
ガビオタがまだ真実を話してないことに強気になり
ガビオタがパンチョと浮気をしているのをばらしたくなければ
自分のことも黙っていろとガビオタに取引を申し出る。
だがガビオタは取引を拒む。

ジョランダはしばらくレネから手紙が来ないことで
レネがドイツで新しい恋を見つけたのだと考える。
ジョランダはレネに別れの手紙を書くが
尋ねてきたパコに早まるなと慰められる。

マルフィルとの離婚が成立したマキシミリアノは
翌日、マルセラと結婚式を挙げる。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

まずはガビがキケとシャロンの真実をガビオタに打ち明けたことで
キケが追い出され、ストレス発散。
キケが殴ろうとしても、怯むことなく立ち向かうガビには拍手。
もっと早くしていればラリと今頃幸せだったのにね。

ディアナはマキシミリアノに心を閉ざし中。
マキシミリアノを許すも許さないも、もっと時間が欲しいよね。
焦るマキシミリアノはしつこくディアナの前に現れ謝罪するけれど
今は逆効果でしかない。
それで反省しておとなしくしていればいいのに
なんと、ディアナと別れ傷ついた心を慰めてもらおうとマルセラに
プロポーズ。
何を考えているんだか…。自己中なんだもん、マキシミリアノって。
自分さえよければ相手が不幸になってもいいのか。
ここでマルセラがマルフィルなみの悪女だったら
感じないのかもしれないけれど
マルセラってとっても誠実な女性。
今までのマキシミリアノに群がっていた悪女たちとは大違い。
そんな女性を手に入れたのに、結婚式直後にディアナに会いに行くなんて
はぁ、まったくなぁ。

なんだかラリを思い出しちゃう。
ピラールを忘れたくてガビと勢いで結婚しちゃったラリ。
マキシミリアノの相談にはまともな事を言うのに
自分の事となると、やっぱり愛する人より悪女を信じちゃうラリ。
ガビを信じたほうがいいのにね。
シャロンなんかと結婚しちゃったら地獄じゃ!
まっ、ちょっと(ちょびっと)はシャロンを疑ったラリだけれど
でもどう見たらシャロンって天使のような純粋な女の子って見える??
あの笑顔はガビじゃないけどチャッキー(爆)

パンチョの脅迫ってネタとしては苦しいと思うけれど
娘可愛さでガビオタも受け入れちゃうのかなぁ。
その様子を写真で撮影して、浮気証拠写真だ!って
ロドリゴに渡されちゃったガビオタ。
怒ったロドリゴはガビオタをペテン師呼ばわりして激怒。
ロドリゴって公平で好きだったのに、一気に好印象撃沈。
自分で理想の娘像作り上げてない?って思う。
ガビオタもおろおろしないでシャロンのこと言っちゃえばいいのに。
それができないところがガビオタの優しさなのかもね。
シャロンどうのじゃなくてロドリゴを守りたい気持ち。

パコはジョランダといい雰囲気になってきちゃって
ガビオタがロドリゴと離婚?ってなって
最後はパコと幸せに…ってわけにも
いかないの??

さてさて、マルフィルがマルセラの存在を知り
今度はマルセラが危ないかも~?な次回突入なのかな。
関連記事
スポンサーサイト
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。