海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Saving Grace: Season 2 (4pc) (Ws Dub Sub Ac3) [DVD] [Import]Saving Grace: Season 2 (4pc) (Ws Dub Sub Ac3) [DVD] [Import]
(2009/06/16)
不明

商品詳細を見る


LifeからCRIMEに移って、タイトルは
「女捜査官グレイス~天使の保護観察中」となったけれど
まぁ、「セービング・グレイス(Saving Grace)」でいいかなぁと。
ただ単にカテゴリ直すのが面倒なだけなんだけれど(汗)
金曜日に楽しみに録画したのに、天候で受信状態悪くて
(Nip/Tuckも駄目だった…)
ブツブツ切れた状態。慌てて再放送調べたら
今、放送している!それもこれを逃したら再放送なし!!
慌てて、リアルで観てしまった。
それでも若干、内容が欠けた部分があって悔しい。

シーズン1のフィナーレで、幼少の頃、なんと教会のマーフィ神父に
性的虐待を受けていたことがわかったグレイス。
オヤジ天使のアールはその神父の担当でもあった。


そしてシーズン2開始。

仕事を欠勤したグレイスは、親友のレッタとオープンテラスで会う。
レッタはグレイスに、死んだと思っていたマーフィ神父が
生きている事を伝えた(シーズン1)が、その後、グレイスが三日の間
姿を消した理由を聞きたがっていた。
と、グレイスは怪しい男がいることを刑事の勘で察知。
男が車に乗り込もうとした男性を銃で脅し、殴ったのを見たグレイスは
咄嗟に男を追い詰めようとする。
だが男は発砲し、レストランの店員が撃たれ、グレイスと銃撃戦となる。
グレイスは男を追いかけるが男を見失ってしまう。
そこへ通報を受け警察が到着。警察犬ライリーがその鋭い鼻で男を
勢い良く追いかけ始める。
追い詰められた男は、逃げようと橋から飛び降りたが
その高さは高く、自殺行為だった。
男を追いかけ飛び降りたラーリーもまた大怪我を負ってしまう。
それを見たグレイスはライリーに深く責任を感じる。

FBIの最重要指名手配犯だとわかった犯人は死亡し、ライリーは重体だった。
だが幸いな事に事件に巻き込まれた怪我人の怪我は軽くすんだ。
市長や署長は大喜びで、仲間もグレイスの大手柄を喜ぶ。
マスコミもグレイスは英雄だともてはやすが
当のグレイスは本当の英雄はライリーだと
ライリーの回復を願うよう呼びかける。

グレイスの活躍を祝う仲間たちだったが
グレイスに正式な内部調査が入ることになる。
街中での発砲、一般市民が負傷なうえに
酪酊状態での公務執行が問題だった。
グレイスは飲酒していないと否定するが
グレイスがバーでテキーラを飲んでいたという目撃者がいた。
グレイスは謹慎処分となり、血液のサンプルを提出することになる。

家に帰ったグレイスは、絨毯に巻いてあったものを転がす。
出てきたのは縛られた上、口にテープを貼られたマーフィ神父だった。
マーフィ神父をソファに座らせたグレイスは
昔の写真をマーフィ神父に見せる。
マーフィ神父は2人を再会させたのは神の思し召しで
アールを使って2人を導いたのだと言う。
グレイスはビニールシートを床に敷き
真ん中に椅子を置くとマーフィ神父を座らせる。
グレイスはアールを待って行動を起こす気でいた…。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
今回もせつなかった!せつなすぎる!

グレイスもマーフィ神父が死んでいたと思っていた時は
怒りのやり場がなくて納めていた気持ちも
生きているとわかってついに爆発。
それは目に見えるような爆発の仕方じゃなくて
あくまでマーフィ神父とアールに対しての爆発。
グレイスにしてみれば、マーフィ神父を知っていて
彼が自分に何をしたのかも全部知っていたアールが
そんなことは露ほども言わず(ヒントだけ与えていたけれど)
自分に接していたのが許せないんだろうなぁ。
神の僕の神父なのに性的虐待までしていても
罰も与えない…それも頭にきちゃうところだよね。

で、ついに自分でマーフィ神父を罰しようと行動。
血が飛び散った時のためにとビニールシートを敷きつめ計画的。
でも、この計画的な行動ってグレイスの性格に似合わなくて
敷き詰めている姿ってどことなく可愛かった。
アールが来たら行動開始ってわけだったけれど。

マーフィ神父は改心したらしく、グレイスに罪を犯させたくないから
自殺すると言い出す。
彼が改心したと思うと複雑だが、グレイスにその言葉は届かない。
彼女のこれまで苦しんできた人生を思うと無理もないって思っちゃうところ。
でも、これを乗り越えないと彼女の心は永遠に救われないよね。
乗り越えるためには彼を“許す”こと。
だからアールも2人を再会させたのだろうけれど。

その後、許すことはできなくても、グレイスは押し留まった。
自分が殺人をした後の現実?を夢で見てしまったから。
グレイスはマーフィ神父を連行して、自分が彼に何をされたのかを
供述する。

グレイスを気遣う仲間たち。
このシーンがまた涙のはずなのに、映像ブツブツ切れ。
聞きたい台詞ってところになると画面が真っ暗。
こりゃ誰か狙っていいシーンだけ放送カットさせてないか?って
疑っちゃうほどな、バッドタイミングの連続。

どんなに自堕落なグレイスでも、仲間たちからは愛されているんだよね。
その証拠に酒好きなグレイスがバーで飲んでないって言えば
みんな疑うことなく信じてくれて、目撃者のほうを疑ってくれ調べてくれる。

でも仲間たちがそんなに気遣ってくれても
熱心なクリスチャンの母親はマーフィ神父が小児性愛者だと聞いても
グレイスが何をされたのかは娘から聞けない…じゃなくてあえて聞かないんだよね。
信じていた神父に娘が性的虐待をされたって真実を聞きたくない。
信じたくない。
知ってしまえば、どんなに自分が駄目な母親だったかと
悟ってしまうのが怖いのかもね。
これも涙…。さっきの涙とは違った涙だった。

マーフィ神父が殺されて犯人がわかるけれど
性的虐待の連鎖が起こってしまった。
グレイスはマーフィ神父が死んだことが嬉しそうだったけれど
犯人に対しては、また心が傷ついてしまったのではないかな。

いろいろ初回から考えさせられたけれど
ライリーが助かって良かった。
関連記事
スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。