海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
序盤、生ぬるい展開だったけれど
だんだんと本領発揮ってところかな。

前回のアップからのあらすじ。

ギジェルモの海運会社に就職して
リカルドとは職場でも会える環境になったマリナだが
既婚者のリカルドとキスしたことで罪悪感を持ち
リカルドと距離を置こうと考える。
そんなマリナにパパロテがプロポーズ。
それを見たリカルドは激しい嫉妬を覚える。

アドリアナは覆面の男に誘拐されるが、男が何者か知らぬまま
男と関係を持ち、のちにそれがフリオだと知る。
フリオとアドリアナはマリナを陥れるため
アルベルタから盗んだ宝石をラサラを使ってマリナの部屋に置かせ
マリナが盗んで持っていたと見せかけようとする。
また逃亡犯のフリオはアラルコン邸の地下室に身を潜め
マリナを精神的に追い詰めようと画策する。

かくしてアラルコン邸の地下室に身を潜めたフリオ。
知っているのはマリナに悪意を持つ使用人のラサラとヘルトルディスだけ。
早速ラサラはアドリアナの命令どおり、マリナの部屋に
盗まれた宝石があったとアルベルタに報告、アルベルタは激怒し
夕食中のマリナやギジェルモたちへマリナは盗人だと罵る。
ほくそ笑むアドリアナ。
しかしアドリアナとアルベルタ以外はマリナを信用し
特にギジェルモは誰の仕業か気がついていた。
家を出て行くというマリナにギジェルモは
マリナが実の姪であるとついに打ち明け、認知する手続きをすると告げる。
それからギジェルモはラサラを書斎に呼び出し
誰の仕業か言わせようとするが、ラサラはアドリアナを庇い
アラコルン邸から出て行くことになる。

アドリアナと離れたくないラサラは、彼女が自分の実の娘だと
アドリアナに告白する。
ラサラはアドリアナの父親と関係を持ち妊娠したが騙され
本妻が死産したため、アドリアナの父親はラサラの娘・アドリアナを
妻に内緒で死産した子供と取り替えたのだった。
それを聞いたアドリアナは自分が使用人の娘だと信じるのが
耐えられなく取り乱す。
ラサラはギジェルモにアドリアナの母親だと伝え
追い出さないでくれと頼むが、アドリアナがラサラを追い出す。
それを見たギジェルモは非情なアドリアナに家を出て行くよう申し渡す。

家を追い出されることに我慢がならない興奮状態のアドリアナは
銃を持ち出しギジェルモとリカルドに銃口を向ける。
しかしそれも失敗して、アドリアナは車で逃げ去っていく。
逃げながらアラコルン一家への激しい憎しみを抱くアドリアナ。
だがアドリアナは事故を起こし、危篤状態となる。

病院にかけつけたリカルドに、アドリアナは
自分のしてきた悪事を全てを打ち明ける。
フリオが生きていること以外は。
しかしそれは後悔や悔いからではなく、悔しさからだった。
アドリアナはマリナとリカルドを呪いながら死んで行く。
フリオはアドリアナの死を知り、地下室を出て行く。

喪が明けると愛を誓い合ったマリナとリカルドは
エリアスとマティルデの2人と一緒に挙式する。

幸せな結婚生活、のはずだったが
新婚旅行から帰ってきて土産を地元に持っていったマリナを
リカルドとマリナの結婚に反対するアルベルタが探偵を雇い
見張っていた。
マリナはパパロテと再会。
パパロテはマリナへの想いが断ち切れずに
マリナに無理やりキスをする。
その様子を探偵が写真に撮りアルベルタに報告。
アルベルタは待ってましたとばかりにリカルドに写真を見せる。
ショックを受けたリカルドはマリナの説明も聞かずに家を出て行く。
もう二度と家には帰らないつもりだった。
マリナは激しいストレスからめまいを起こし倒れる。
病院で診てもらったマリナは妊娠していることを知る。

マリナが妊娠していると知ったアドリアナは
リカルドを国外へ連れ出し、マリナの妊娠をリカルドが知らないように隠す。

一方

そしてここからが第14話。

リカルドはスペインのマドリードでアルベルタと暮らし始める。
フリオに気があるヘルトルディスはフリオと連絡を取って
マリナの近況を報告していた。
フリオはマリナの出産間際まで戻らないとヘルトルディスに伝える。

マリナはもうリカルドが二度と帰ってこないと思い落ち込む。

メキシコシティー。
ロサルバはアカプルコへ行く決心をする。

5ヵ月後。
マリナのお腹は大きくなったが、リカルドからは連絡が一切なかった。
それはアルベルタが画策して、リカルドへ嘘を言って連絡させないからだが
マリナはリカルドがいないまま出産することに不安が募る。
しかし、リカルド自身の意思がないのに無理矢理に行方を捜しても
マリナの子供が自分の子ではないと疑うだけだと、マリナは思っていた。

ギジェルモもリカルドとアルベルタがマドリードにいることだけで
彼らの行方を知らなかった。
実はアルベルタはエリアスにだけ連絡をつけて送金してもらっていたが
エリアスにも嘘を吹き込み、リカルドとは連絡がつかないようにしていた。

そしてまた4ヶ月が過ぎ、マリナは出産間近。
相変わらずリカルドからは連絡がなく
マリナはお腹で動く子供へ愛情をかけられなかった。

ギジェルモは出張していて
落ち込むマリナの笑顔を取り戻そうと考えたラウラは
出産前のパーティーを地元で開こうと計画する。

その頃、フリオはヘルトルディスの協力で
再びアラルコン邸の地下へ忍び込む。

そして出産前祝パーティーの日。
マリナはラウラの家に向かうが、フリオが行動を開始し
覆面をつけたフリオに襲われたマリナは産気づく。
病院に運ばれたマリナの横では、両親が死に生きる気力をなくした
ロサルバがやはり出産を控えて入院していた。
マリナは覆面の男に怯える。
一方アラルコン邸では連絡が取れなくなったマリナを心配していた。

マリナとロサルバは同時に出産する。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 
結婚する=ハッピーエンドだったテレノベラばかりだったので
マリナが結婚するまで、あれよあれよとすんなり進んでいくのが
不思議だった。
アドリアナの死に際の表情は目をカッと開いて
おお~~コワ~~!!と思ったけれど
最大の関門だったアドリアナが死んで、ギジェルモにも祝福され
なーんもマリナとリカルドの仲を引き裂くものがなくなったし
だったら半年後に結婚するまでが大変なのかと思ったら
あっけなく結婚。
ちょっと面食らうというか肩透かし。
150話もあるのに、もう他のドラマだったら終盤みたいな展開。

でも、そうか、これからが本番だったのだー!
結婚したと思ったら、アルベルタが探偵を雇って撮った写真。
パパロテ、なんでこういう時にキスしちゃうのよ~!って
怒ってみたものの仕方ない、じゃないとドラマに波乱ってものがなくなっちゃうし。
さすがに今までみたいにリカルドはマリナを信じなかった。
頼みの綱のギジェルモも出張でいなかったし…。

でもね、言い訳ぐらい聞いてもいいでしょう!
なーんも聞かないでマリナを批難して、家を出て行っちゃうリカルド。
苦笑なのは、マリナの家だからって「出て行け」とは言えないところ…。
マリナは浮気女だった!!と誤解して、一人で飲んだくれて
母親の言われるまま国外へ行っちゃうなんて
だからあなたはお坊ちゃんなのよーーー!!
アドリアナに裏切られたトラウマなのはわかっても
一度も話し合うこともせず逃げ出しちゃうんだものね、プンプン!

アルベルタの企みよりも、リカルドにむかついちゃう。

失意のマリナは赤ちゃんへ愛情を持てず
毎日落ち込むばかり。
元気でじゃじゃ馬だったマリナはどこへいっちゃったの?
リカルドがいなくてもギジェルモやラウラや温かい人達に囲まれているのだから
赤ちゃんを一人で育ててやるわってぐらいの
元気を持って欲しかった。

一方のロサルバなんて、男に捨てられたうえに
お金もなく、両親が死に自分が両親を苦しめたことを後悔。
マリナはそれに比べたらずっと幸せ。

ただ、妊娠したあたりからこの2人って絡みだしそうとは思ったけれど
病院で隣のベッドで、なんて、もしや子供を入れ替えられちゃうの?と
心配しちゃった。
でもロサルバは娘だし、マリナは息子だし、そういうふうには
ならなさそう。

マリナが赤ちゃんを一瞬でも見れば、愛情が湧き出てくると信じたいな。

こんなにマリナが心細いっていうのにリカルドは離婚を考え始めている?
なんで連絡くれないんだ…じゃなくて電話しろ!って言いたい。
お互い待ってばかりじゃ先に進まない。

フリオは地下室を出たあたりから登場しなくなる?と心配だったけれど
しっかり戻ってきたわけね。
覆面して車を運転したら、目だってしょうがないと思うのに(苦笑)
車で運転している人って走っているときとか歩行者は気にもとめないけれど
前で運転している人とか車が止まった時には、さすがに気がつくよね。

それにしてもヘルトルディスに迫られて、タジタジなフリオは笑える。





関連記事
スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
 
Comment
 

No title

この辺からこのドラマが始まったといっても過言でなほど、引っ張ります。
でも病院の医者も、警察もみんなみんなバカすぎてありえないことの連続!
マリナはかわいそうだけど、赤ちゃんがいるんだし・・・あぁイライラの連続ですよね。
こんなときにギジェルモいないし!!
でもでも楽しいでしょ?!
マリナのファッションやメイクも楽しみの一つでした。

NAME:びち | 2010.01.23(土) 14:33 | URL | [Edit]

 

Re: No title

>びちさん♪

気がつきましたよ~~。どうもラテンドラマにしたら
すがすがしすぎてたし(爆)、あちゃ、やっぱりこうきたか~って!
警察がマリナを見つけられないのって不思議ですね。
車を捜索したらわかるはず!!
病院も警察に連絡もせず、精神科医のほうがとんでもない
抜けた診断しているし。

今はマリナの赤ちゃんが心配です。
ディアナだったら誘拐されてもあっと言う間に戻ってきたけれど…。

あんまり楽しすぎて、金曜日の分は土日ないから寂しいので
HDDに残しておいて時折見返してます。
他のドラマが溜まってきてしまいました(汗)

マリナのファッション素敵ですよね。
せっかく可愛いのを着ているのに
早く笑顔に戻って欲しいです。
下手するとリカルドに再会しないうちに
次のリカルドと再会?
ハラハラ・ドキドキ+怒ってます(爆)

NAME:ぽっこ | 2010.01.24(日) 21:53 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。