海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
秘密情報部 トーチウッド DVD-BOX秘密情報部 トーチウッド DVD-BOX
(2008/06/04)
ジョン・バローマンイヴ・マイルズ

商品詳細を見る


今週から吹替え版で視聴。
俳優・女優さんのイメージが変わるかなと思ったら
すんなりとけこめちゃった。

イアントはチームが外出中、今夜のピザを注文。
そこへ訪れてきたのが谷崎博士。
イアントが谷崎博士の才能を見込んで呼び寄せたのだった。
イアントは谷崎博士を使われていないことになっている地下室へ連れて行き
装置につながれたサイバーウーマンを見せる。
谷崎博士は生き残っていたサイバーウーマンに驚きを隠せない。
イアントはサイバーウーマンにキスをすると
“リサ”だと紹介する。

リサはトーチウッド1の職員でイアントの恋人だった。
サイバーマンはカナリーワフの戦いの終盤に
すみやかに兵士を増やさねばならなく
脳の移植ではなく、人間の身体のアップグレードを始めた。
リサはサイバーマンに捕まりアップグレードされている途中だったが
施設が焼け落ちたため、彼女は生身の身体を残したままの未完了の状態で
イアントが救出した。
サイバー化装置をリサのアップグレードされた知識で
生命維持装置に改造し、リサは辛い痛みを抱えたまま生きていた。
谷崎博士ならリサを人間に戻し、痛みから解放させてくれるかもと
イアントとリサは期待して彼に助けを求めたのだった。

しかしリサのことはジャックたちチームには秘密だ。
サイバーマンの恐ろしさは計り知れず
リサや設備のことは理解してもらえないとイアントは思っていて
ずっと地下にリサを隠してきた。

谷崎博士はまず手始めに、上の階へ行き
人工呼吸器なしでリサが呼吸できるように試みるがリスクも大きいと説明する。
「愛するものを救うためには、時として失う覚悟も必要だよ。」
心配するイアントに谷崎博士はこう助言する。
イアントが心配する中、試みは失敗に思われたが成功し
リサは自発呼吸ができるようになる。

そこへチームが戻ってきたため、慌ててイアントは形跡を片づけ
その間に谷崎博士はリサを抱えながら、地下室へ戻る。
だがそこでリサは様子が変わり、谷崎博士をサイバー化し始める。
サイバー化には電力がかかり、基地が停電しそうになったため
慌ててイアントが地下室へ行くと、谷崎博士はサイバー化に失敗して
死んでいた。
呆然とするイアント。
リサの精神がサイバー化されていると気がつくが
それでも愛するリサを信じたく、もう二度とリサが同じことをしない約束で
イアントは谷崎博士の遺体を隠す。

だがリサは自分をアップグレードし始め、脅威となる。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
日本で放送したドクター・フー最大の敵、サイバーマンが登場。
たぶんドクター・フーをご覧になってない方が見たら
サイバーウーマンって変な格好と苦笑するかもしれないが
こうなる経緯はとても怖ろしいもので
ドクター・フーの時もどう決着がつくのか怖いなんてものじゃなかった。

そのサイバーマンたちがパラレルワールドから侵入して
トーチウッド1を壊滅させていたとは。
しかも生き残った一人はイアントの愛する恋人・リサ。
アップグレードしきれずに生身の部分が残されてしまったため
激痛にも悩まされながら、いつか人間に戻るのを望んでいた。
そして谷崎博士の登場。
リサを自発呼吸できるようにしたが、かえってアップグレードを促進させて
しまった様子。
それまでイアントと疎通していた人間の感情が欠落してしまった。
谷崎博士をサイバー化させようとて失敗。
グロテスクな死体となった谷崎博士。
イアントは責任を感じつつ、それでもリサに人間の心がまだ残っていると
信じたがっている、その気持ちがせつない。

でもこうなってしまってリサの暴走は止まらない。
チームもサイバーウーマンばかりかサイバー化マシンが残っているとわかって
青ざめる。それほど危険な物なんだよねぇ。

グウェンも危機一髪で、ジャックたちはサイバーウーマン抹殺に動く。
しかしイアントはリサを失うことが耐えられない。
人間の力じゃ倒せなく、ついにジャックは上で飛んでいる恐竜に
リサを襲わせるが、リサは人間に戻っていて泣いている。
生身の部分もあるのに恐竜に食わせようとするジャックを恨むイアント。

まさにこの時はね~。メンバーたちは生きるか死ぬかの瀬戸際までいき
どうにかリサをやっつけちゃえ!って思いで手に汗握って見てたけれど
リサってまだ人間に戻れるんだって思うと、急にヒヤリとするものが。
恐竜に食わせるって残酷すぎという思いと、生かしておいたら人類が危ないって
気持ちとのぶつかりあい。
ジャックを恨むって言うイアントの言葉が辛いし。

でもこれで後味悪くてもリサのことは決着したと思いきや
彼女はまだ生きていた。
そこでエピガイに書いておいたピザの注文が大事になってくる。
ピザを配達に来た女性がリサに襲われ…。

ほんと残酷でやるせない話。
反面、危険だからと排除するのが本当の解決なのかって悩む部分も。
谷崎博士の「愛するものを救うためには、時として失う覚悟も必要だよ。」 が
思い浮かぶ。
確かにリサは人間部分が残っていたが、機械の冷酷さのほうが上だ。
人間らしさを失った時点でリサは死んでしまったと考えるほうが
後味悪い結末だったと苦しむより楽かもしれない。
関連記事
スポンサーサイト
Category: TORCHWOOD
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。