海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
秘密情報部 トーチウッド DVD-BOX秘密情報部 トーチウッド DVD-BOX
(2008/06/04)
ジョン・バローマンイヴ・マイルズ

商品詳細を見る


夜の田舎道を走る一台の車。
運転する女性エリー・ジョンソンは、父親からの電話を受けた後
前方に倒れている人らしきものを確認し
運転を止めて様子を見に行くが、何者かに襲われる。

ジャックたちはイアントも連れて全員で
エリーを含めこの5ヵ月間に17人が行方不明になっている事件を
調査しにエリーが消えた付近へ来る。
17人が行方不明になったのは、ジャックたちのいる場所から
半径30キロ地点で、死体はまだ見つかっていない。
行方不明者たちに共通するものはなく
まさに急に消えたという感じだった。

ジャックは携帯の電波からエリーが消えた地点で
キャンプをすることに決める。
オーエンは渋々だったがテントを張り始めたところを
誰かが見張っていた…。

そうとは知らないグウェンは“最後のキスはいつだったか”の
告白ゲームをしようと言い出す。
トシはオーエンと答え、オーエンはグウェンと、と告白。
トシはグウェンにヤキモチをやき嫌味を言い始める。
次にジャックは人類以外の生物とキスをしたと匂わせ、グウェンを驚かせる。
そしてイアント…。リサとが最後だったと言い
皆は重々しい雰囲気に…。

その雰囲気に耐えられなくなったオーエンは
焚き火を拾いに行くと言いグウェンがついて行く。
2人はキスのことで言い合いになるが、やがて2人の唇は接近し…
だがそこでグウェンが人影に気がつく。
グウェンとオーエンは人影を追うが見つけたのは布にかけられた
無残な死体だった。

事の次第に、ジャックとトシ、イアントも駆けつける。
オーエンの所見では、死体はエリーのものではなく男性のものだった。
何故、遺体を置いていったのか…、イアントは警告だと推測する。
遺体の状況から、ウィービルの犯行でもなさそうだった。

と、そこで車のエンジンの音がする。
自分たちの車だと、はっと気がついたメンバーは
慌ててテントの場所まで戻るが
車に乗った謎の人物はテントを壊して、車ごと逃げていってしまう。
ジャックは遺体は囮だったのだと気がつく。

イアントが情報端末で車の位置を調べると
約5キロ地点で車は置き去りにされたらしかった。
グウェンは地図で西にある小さな村を発見。
周囲には他に何もなく、罠の可能性を考えながらも
ジャックたちは歩いて村へ向かう。

一時間後、村に着いたジャックたち。
トシとイアントは車の探知信号を追う。
ジャックとグウェンとオーエンは酒場を調べに行くが
酒場に人影はなく、村人の姿も見当たらなかった。
グウェンは酒場の裏のドアを抜け、他の部屋を調べるが
そこに血まみれの死体が横たわっているのを発見し
その惨さに思わず吐き気がこみ上げてしまう。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
いやいや、今回はSFじゃなくて、ホラーでしょう!
時空の裂け目が関係しているとは思えなかったけれど
10年ごとってところに、いろいろと考えなくちゃいけない?
伝統行事の発端はエイリアンが関係していたのかもとか…。

エイリアンが犯人なほうがましかもね。
同じ人間が何故こんなことができるのか?って
グウェンは動機を知りたがっていたけれど
小さい村で昔から行われていたこと
つまり住人には小さい時からの伝統行事で
深く考えたことはなかったのかも。
それもそら怖ろしいけれどねぇぇぇ。

さすがのトーチウッドのメンバーも
エイリアン相手の時より大苦戦。
サイバーウーマンの怖さとはまた違った怖さだったなぁ。
このドラマって、先週の妖精の話にしたって展開が辛口。

何せイアントとリサのことがあったし。
イアントはリサのことを根に持っている。
愛する人だったし、気持ちの整理なんてそんなに簡単には
つかないだろうしね、仕方ないとは思うけれど
それでも彼は心を殺して必死に仕事を続けている。
でもチームにとってイアントの存在は忘れがちそう。
グウェンの告白ゲームは確かに配慮が足らなかった。
しかもイアントはいつも最後。
誰が自分を守ってくれるんだってイアントが心配するのも納得。
でもそれとは逆に今回はイアントに命を預けても大丈夫なのかな?って
一瞬、疑っちゃった。
トシを捨て身で庇ったところでホッとはしたけれど。

トシはオーエンが好きだった。
ヤドリギの下で…ってかなり意味があること。
でもオーエンにはトシのことは過去のことで
今はグウェンに気がある。
今回のハード任務でグウェンはだいぶ人生観が変わっちゃったようで
ジャックじゃなくてオーエンを選ぶけれど
婚約者とは別れなさそうな気もする。
オーエンとは心の痛みを分かち合う相手。
仕事の秘密を知らない婚約者には理解してもらうのは到底無理だものね。
でもオーエンは女たらしだし、平和には暮らせなさそう。
婚約者に対する裏切りに、グウェンの心は苦しく痛むだろうな。
関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: TORCHWOOD
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。