海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Glee: The Music, Vol. 1Glee: The Music, Vol. 1
(2009/12/15)
Glee Cast

商品詳細を見る


メンバーは増えたものの、レイチェルが抜けたグリー部。
クインがレイチェルの代役を務めるが
クインはまだまだフォローが必要な状態。
誰もがレイチェルなしじゃ大会で勝てないと思っていた。
それはウィルも生徒には言わないが同じこと。
レイチェルのことは悩みの種。

そんなウィルだが、妻のテリと食事に行ったレストランで
元マッキンリー校の24歳のウェイターが、カーメル校でグリー部に残るため
未だに留年し続けていると知り名案が浮かぶ。
それはウィルの初恋の人で、かつてのグリー部の女神であったエイプリルを
高校生に戻すこと。
エイプリルは単位が足りずまだ卒業してなかったのだ。

エイプリルを探し出したウィル。
事情を聞けば高校を中退したエイプリルはブロードウェーを夢見て
恋人とスターを目指すものの夢破れて、今は家もなく
アルコールに手を出す日々。
ウィルの話を聞いたエイプリルはかつての栄光を思い出し
高校に戻ってグリー部に入部する。

フィンは、お腹の子のことを考え、クインを躍らせることを心配。
ウィルはティナに部分的に分担させようとフィンに言う。
母親にも相談できないフィンをウィルは心配する。

ウィルから秘密で事情を聞いていたエマは
進学したければスポーツよりグリー部で成功したほうが
奨学金が受けやすいとフィンにアドバイス。
そのためにも大会で優勝するため
レイチェルを戻ってくるよう説得しては?とこれまたアドバイス。

レイチェルはレイチェルでサンディにこき下ろされ落ち込む。

++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
洋楽オンチなのに、このドラマを観て久しぶりにCDを買った私。
今回のエピの中から、CDには
「Alone」エイプリル&ウィル(オリジナルはHeart)
「Maybe This Time」エイプリル。(キャバレーから)
「Somebody to Love」フィン&レイチェル&メルセデス(オリジナルはクイーン)
の3曲が入っている。
ドラマでは『キャバレー』から「今度こそきっと」も歌われている。
これって調べて知ったので、突っ込まないでね(笑)

「Alone」みたいにしんみりしつつ、サビのかっこいい曲も好きだけれど
やっぱり「Somebody to Love」も良かった。
姉が好きで良くクイーンの曲は聴いていたから。
キャバレーの「今度こそきっと」はレイチェルとエイプリルが
それぞれ歌っているけれど、さすがエイプリルのほうが色気があって
大人の女性ならではの歌だなって思う。

このドラマで言えば、高校生たちにとっては一度しかない青春
この年代にあう歌を歌えばいいんだしね。

物語のほうは、レイチェルの歌の上手さは誰もが認めるところ。
人気のフットボール部でもチアリーダー部でもかなわない。
グリー部では彼女はスターなんだよね。
そのスターが抜けた穴は大きく、クインではとても追いつかない。
おまけにつわりだし(苦笑)
そこでウィルが苦肉の策で連れて来たのがかつてのグリー部のスター・エイプリル。
ウィルの初恋の相手だけれど、今は酒浸りなのが気になるところ。
かなり見た目はみんなから浮いているけれど(苦笑)、さすがに歌は上手。
でもエイプリルはアルコールを手放せず、グリー部にも悪影響を与えちゃう。
公演では酔っ払いながらも成功させるけれど
同時に自分でもこの場所は未来ある若者たちの場所で
自分の場所じゃないって気がつく。
けして悪い女性じゃないんだよね。
乗る列車を間違えちゃっただけ。でもこれから立ち直れるかも。
歌の持つ力ってあなどれないなって思っちゃった。

フィンは奨学金狙い(ってことはクインと子供を働いて養うことを悩んでいる)で
レイチェルに戻ってきて欲しい。
自分に好意を持つレイチェルの気持ちを利用して
後ろめたさを感じながらも、彼女をグリー部に戻そうと計画。
それでもレイチェルとのキスは本当の気持ち。
あんな理由で妊娠すると信じるフィンには大いに苦笑しちゃうけれど
それが若さなのかもねぇ。
本当の父親が別にいると知る日はいつ?
このドラマのいいところはドロドロしなさそうってところ。

レイチェルはフィンの本心を知っちゃったけれど
それでも友情を大切に考えるようになって戻ってくる。
エイプリルに居場所を取られちゃって寂しそうだったし。
みんなの助けでレイチェルは公演に、いきなり本番でステージに立つ。
レイチェル登場の時にウィルがにっこり笑うけれど
その表情がすごく良かった。
だんだんとグリー部もまとまってきたよね。
関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: Glee
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。