海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Castle: Complete First Season (3pc) [DVD] [Import]Castle: Complete First Season (3pc) [DVD] [Import]
(2009/09/22)
Nathan FillionStana Katic

商品詳細を見る


FOXの新番組。
推理小説家と女刑事がコンビを組んで
事件を解決していくミステリー。
すでに先行放送で、この第一話は放送済み。

推理小説家リック・キャッスルの
人気シリーズ、待望の最新作「嵐(ストーム)の終わり」の出版発表会。
キャッスルは今回の結末でなんと主人公ストームを死なせ
シリーズを終了させてしまう。
出版者でもある元妻ジーナは、金の卵である人気シリーズを
終わらせたキャッスルに文句を言う。
何せ次回作の締め切りは9週間前だったのに
まだキャッスルが手をつけてないからだ。
3週間以内に仕上げなければ、前払い金を返してもらうと
ジーナはキャッスルに言い渡す。

その頃、刑事のケイト・ベケットは
24歳のアリソン・ティスデールが殺害された現場に到着。
遺体の目にはヒマワリの花、そして身体はバラの花びらで覆われていた。
大学院生でソーシャルワーカーもしているアリソンの部屋は
リッチで、それはティスデール財閥の娘だからだとわかる。
アリソンの胸には小さな口径の銃弾が2発撃ちこまれていた。
アリソンの美しく花で覆われた遺体を見たケイトは
キャッスルの小説と同じだと気がつく。

キャッスルはジーナに入れ知恵したのは同居する
自分の母親のマーサだとマーサに詰め寄る。
しかしマーサはそ知らぬ顔。彼女にとって大事なのは
パーティーで素敵な紳士を射止めることだ。

キャッスルが15歳の娘のアレクシスに
ストームを殺したのは冒険したかったからだと話していると
ケイトが殺人事件について質問したいと現れる。

署に連れて行かれたキャッスル。
ケイトが調べるとキャッスルの経歴は治安紊乱に逮捕務執行妨害
警察の馬を全裸で盗んだなど華やか。
しかし何故か起訴を免れている。
それは市長がキャッスルのファンなためだった。
ケイトはアリソンのこと、小額専門の弁護士フィスクのことを
知っているかとキャッスルに尋ねる。
フィスクは2週間前に殺されていたが、やはりその現場は
キャッスルの小説と酷似していた。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
主役のキャッスルはデス妻の産婦人科医アダム役のNathan Fillion
キャッスルは人気推理小説家だが、ネタにマンネリを感じちゃったようで
金の卵だった人気シリーズの主人公ストームを抹殺しちゃう。
人生は冒険しなきゃと言いつつ、次の小説を書き始めるわけでもなく
今は競馬のほうに興味がありそう。いわゆるスランプ?

そんな時にキャッスルの小説と酷似した現場の殺人事件が発生。
何故、キャッスルの小説と結びついたかと言えば
NY市警で事件の担当のケイトがキャッスルの小説の大ファンだったから。

変化を求めるキャッスルは運良く?、アリソン殺害事件並びに
フィスク殺害事件の容疑者になりケイトと知り合う。
ケイトはキャッスルの大ファンとは隠していて
クールな態度でキャッスルに接する。
キャッスルと言えば、軽いノリ。
女性にはモテモテだし、ケイトにも口説き文句。
でもキザではないんだよねぇ。

どうやら犯人はキャッスルの偏執的なファンじゃないかって話になるけれど
ここで面白いのは、キャッスル曰く“傑作じゃない”2冊を選んで
犯人が犯行に及んだかとキャッスルが訝しがるところ。
原作者なりの視点は見事だけれど、自分でも傑作じゃないってわかっているのが笑える。
キャッスルは事件に興味を持って、いっぱいあるコネを使って
調査協力することに。

このキャッスルのコネはお見事。
過去にも全裸で警察の馬を盗んだとかあっても
ファンの市長のはからいで起訴されなかったほど。
だからキャッスルのコネを使えば、一週間かかるラボの検査も
ちょちょいのチョイ(笑)
自慢げにコネを使ったら嫌な男だけれど
キャッスルの場合、そこらへん何でもないことのように自然。

そうやって時にお邪魔虫になりながらも
推理小説家としての着眼点と知識を使って、ケイトと捜査を進めていく。
まっ、ちょっとトボけた感じがいいってキャラのキャッスル。

キャッスルを取り巻く女性陣のキャラがまたいい。
元妻でありながらキャッスルの出版を引き受けるジーナには
ズバズバ嫌味を言われる。
同居しているキャッスルの母親はマイペース。
自分の歳を認識していないようで、人前で「お母さん」と呼ばれるのが嫌。
キャッスルは同居を後悔している。
そして娘のアレクシス。
キャッスルが頼りない父親だからか(娘に酒勧めちゃうし)すごく大人。
ちゃんとキャッスルの相談相手になれちゃうし、真面目でとってもいい娘。

キャッスルってこの女性たちに頭が上がらないのもうなづける(笑)
普段は駄目男なところが可愛い。

ケイトが刑事になった理由をキャッスルがある程度見抜くけれど
そういうところも含めて
キャッスルとの凸凹コンビが楽しく見られそうなドラマだなぁと思う。
関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: CASTLE
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。