海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
久しぶりの更新。

前の更新(第23話)からずいぶんと話は進むのよね。
まずさらに10年が過ぎて
全体としては16年が経ったところからがこのドラマの本番だった!

16歳になったチュイは母親思いの優しい少年に育ったけれど
ルペの足を手術しなきゃならなくて、お金に困ったチュイは
悪友に誘われるまま、アラルコン邸に忍び込んじゃう。
でも見つかってマリナは思わずチュイを庇うけれど
チュイは警察に捕まってしまう。
マリナは自分の息子と同じ年のチュイに感じるものがあって
彼を少年院に行かせないよう告訴の取り消しをリカルドに頼むけれど
リカルドは貧乏で無学な少年はまた犯罪を犯すと
チュイを少年院に送ろうとする。

一方、チュイが優しい少年だと信じるマリナは
入院中のルペからチュイが養子だと聞いて、もしや息子かも?と思う。
拘留されているチュイの洋服を取りにルペの家に行ったマリナは
そこで息子が誘拐されていた時に着ていたベビー服を発見して
チュイが自分の息子だと悟る。

で、ここからがゴタゴタの始まり。
ルペには自分が実母でチュイを捨てたのではなく
誘拐されたのだと信じてもらえたマリナだったけれど
チュイに言うのは、信頼関係を築いてからと思ったマリナ。
リカルドにも、チュイを教育してから会わせようと思うのね。
何せリカルドは告訴こそ取り下げたもののチュイを敵視しているしってことで。
チュイが不憫でならないマリナは豪華なマンションを買って
チュイとルペを住まわせ、家庭教師をつける。
でもそのために、マリナはリカルドから結婚記念日祝いでプレゼントされた
大切なネックレスを売ることに。

マリナがチュイに愛していると電話をしているのを聞いた
娘のパティはてっきりマリナに愛人がいるのだと勘違い。
姑のアルベルタも一緒になって、マリナの愛人がチュイだと思い込み
事態はどんどん悪くなっていく。

ルペはルペでマリナにチュイを取られてしまうかもと不安になり
マンションから夜逃げ同然で自宅へ戻り身を隠す。

なんとかパティにはチュイが行方不明だった息子だと納得してもらえたものの
アルベルタはマリナにひどい言葉を浴びせ続ける。
パティはチュイへの愛に気がつく。
けれどパティは、チュイが兄と思いチュイを諦めようとする。
そこへ実母のロサルバ登場でロサルバの妹が真実をパティに告白
パティは自分が養女だと気がつき、これまたパティは嘘をつかれたと反発して
家出して大変だった。
でもフリオとサラに誘拐されそうになって
両親への愛に気がつき、利発な可愛いパティに戻る

リカルドもマリナに愛人がいると思い込み、それがチュイだと誤解。
いよいよもう隠せないとなってマリナはリカルドにチュイは息子だと
告白するけれど、すでに遅し。
リカルドはチュイがマリナの愛人だと信じて疑わない状態に。
リカルドのマリナへの批難は耳を塞ぎたくなるほどドロドロ状態。
ルペはルペで息子を奪われたくないため、リカルドにチュイが
マリナの愛人だと認めちゃうし。

そしてさらにゴタゴタを作る人物たちが登場。
フェデリコとベロニカとロサルバの3人。
マリナとリカルドがゴタゴタになっていく間に
アラルコン海運が倒産の危機になり
エリアスが呼び寄せたのが切れもののフェデリコ。
アル中になってしまったダニエルを事故で亡くし傷心のラウラが
修道女になってしまったため、秘書の後任として
ロサルバが雇われていたため苦々しくも再会。
ロサルバはフェデリコへの憎しみのためパティがフェデリコの娘だと隠す。

アラルコン海運を救うには多額な借金をしなければならなくて
フェデリコは恩師であるベロニカの叔父に頼む。
フェデリコとベロニカも久々に再会するけれど、ここでも火花はパチパチ。
ベロニカは自分が相続するお金が減ってしまうことを恐れ
叔父に借金の話の権限を全部自分に委任させる。
そして叔父を殺して、アカプルコへ。
彼女の狙いは、ハンサムなリカルドだった。

アラルコン海運はベロニカの策略でお金が手に入らず倒産。
フェデリコはベロニカを批難するが
マリナに思いを寄せ始めていたフェデリコに
ベロニカが悪魔の囁き。
「マリナとリカルドの仲を裂いて、お互いマリナとリカルどを手に入れよう」と。

修道女の制服を手に入れたベロニカはラウラの振りをして
リカルドにマリナは死産だったがみんなの気を引くために
息子が誘拐されたと嘘を言ったのだと吹き込む。
そしてチュイの出生証明書を盗む。
リカルドはチュイが愛人だとばれるのを恐れてマリナが盗んだのだと批難。
マリナは唯一の証拠がなくなってしまって動揺する。

悪魔のようなベロニカの行動を唯一知っていたルシアは
その出生証明書を盗み出してマリナたちに渡そうとするけれど
フェデリコが気がついてしまって失敗してしまう。
ルシアの裏切りを許せないベロニカは
ルシアに麻薬を打って、ラウラにルシアは正気でないと信じ込ませる。

そんな時、パティが再生不良性貧血だと判明する。
しかも余命はわずか。
それを知ったロサルバは、それまで抑えていた自分の感情を爆発させ
自分が実母だと主張し、海外での治療を強く希望する。
しかしパティの体力を考えると危険だと考えるアラルコン家。
ロサルバはそんなマリナたちを、パティへの愛情がないからだと批難。
ロサルバを愛するギジェルモはロサルバとマリアたちへの
板ばさみ状態になる。

マリナの信頼を得たいフェデリコは、自分の子供だということにして
チュイをまず高校に復学させる。
職を失ったリカルドはパティのためにも教師になるが
そこにはチュイの姿が。
リカルドはチュイに冷たく当たる。

アルベルタはマリナとルペの話を盗み聞きして
チュイが孫だと気がつく。
アルベルタは涙ながらにマリナに謝罪し改心する。

リカルドはベロニカの策略にまったく気がつかずついに浮気。
しかしチュイには憎しみを持ちつつも、時間が経つにつれ庇いもする。
パティがマリナとリカルドを繋ぎとめている邪魔者だと思うベロニカは
パティに余命が少ないことを教え、さらにパティがみんなの人生の
お荷物になっていると吹き込む。

2人の仲が悪いのがパティに悪影響を及ぼしていると知ったリカルドは
マリナとやり直そうと思うが、ベロニカの口紅のついたハンカチを
見たマリナはショックを受け、フェデリコと結婚するとリカルドに言う。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
ここまでいろんなことあった。
サラとフリオが付き合いだしていたのは驚くけれど
似たもの同士だものね。
マリナがチュイを豪華マンションに住まわせた頃は
この2人がマリナとリカルドを悩ませていた。
パティが養女だという秘密をネタに脅迫
あげくはパティを誘拐。

でもこの時の一番のイライラは、脅迫されて大金をせびられることじゃなくて
マリナがチュイを息子だとリカルドに告げないこと。
息子だとわかれば、いくら自宅に忍び込んだ泥棒にしか見えないリカルドだって
愛するでしょう。
息子が見つかったのに実の父親であるリカルドだけには
教えてないなんて、リカルドが哀れに感じた。

誤解が誤解を生んで、チュイが愛人ってことになっちゃったマリナ。
自業自得だったけれど、チュラがリカルドの前でチュイはマリナの愛人って
言った時は、テレビの前で「ひどい!!」って叫んじゃった。
父と息子を憎しみ合わせちゃうわけでしょ。
ルペのためって言ったって、もっと違うこと言って欲しかった。

おかげでリカルドは飲めない酒をガバ飲み、ベロニカの甘い誘惑(毒グモの誘惑だわ!)に
ひっかかっちゃう。
一人疎外されていたリカルドには同情するけれど
弟や叔父、娘、実母までが、チュイはリカルドの息子だと言っているのに
それでも信じないのには腹がたつ。
病院から退院したマリナが息子を誘拐されたと言っても信じてなかったし
マリナへの信頼がないのかって。
信頼がなくて愛は成り立たないと思うけれど。

ベロニカ。
すごい、同じ女優さんが演じているけれど、まさに別人。
ベロニカとラウラ、ラウラに化けたベロニカって演じ分けているが
特にラウラに化けたベロニカとラウラの微妙な違いがこれまたいい。
目の輝きが違う。
そしてお色気ムンムンなベロニカ。
登場するときに片腕をあげ、顎をちょんと突き出して
いかにもいい女でしょって登場するのだけれど
胸がぷるんぷるん(笑)
ここまでくるとハハ~とひれ伏しそうだわ(爆)
あの手この手を使ってくる悪の女王。
サラやアンドリアナなんて序の口。

それに比べ小悪党なフェデリコ。
フェデリコを見ていると誠実な部分と悪党的な部分とが共存している。
ベロニカを軽蔑しつつも、マリナを手に入れるために協力。
チュイには親身になるし実の娘とは知らないパティを心配。
何よりマリナを愛していて苦しむのを見たくないと思っているし。
ただしマリナがリカルドを憎むのを見ると笑顔が。
ここらへん、ちょっと笑い方が意地悪かも。
でもフェデリコ好きだな。
良くも悪くも辛いマリナの支えになっているしね。
ロサルバとのことはひどいとは思ったけれど
年月が人を変えた?

ロサルバ。
フェデリコと暮らしていたときのロサルバって
自信なさそうで尽くすタイプだったけれど
娘が病気と知ってからのロサルバは激しい!
元々綺麗な女優さんだなって思っていたけれど
ギジェルモとくっつくなんて許せないわ(笑)
ギジェルモを半ば利用してる感じがするし。
パティが心配なのはわかるけれど、感情の持っていきかたが
激しすぎてね…。
今まで育ててきたアラルコン家を批難するのは行きすぎ。

最近はネタバレ嫌いの私でも先が気になっちゃって
先を読んだり邦題確認したり。
じゃないと落ち着かなくて(爆)
やっと半分。
まだまだいろんなことがあるみたいだー。

関連記事
スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
 
Comment
 

No title

ぽっこさん、こんにちは。
仕事から帰って晩ごはんを食べながらマリナの録画を見るのが毎日の楽しみです(笑)
最近フリオの出番が激減して寂しいです…。

マリナには本当にイライラさせられっぱなしでした。
リカルドに自分を信じてと言うけれど、マリナこそリカルドのこと全然信じてないですよね。信じてたら正直に言うはずですもん^^;
今はまだ時期じゃない…とか言いながら、結局最悪の時期に打ち明けることになっちゃったし(苦笑)
しかもまた同じことを繰り返してるのがすごい!!!(@@)
アルベルタだって過去から学んで正直になろうとしてるというのに…。
フェデリコは最終的にどっちにキャラが定まるのかわからないですね。チュイとパティを大切に思ってるのも本気みたいだし。

ベロニカとラウラ、ほんと同じ女優さん?って思うくらい演じ分けてますよね~。サルヴァドール→ペドロの演技の変化を思い出してしまいました。
胸もお尻も見事ですが、サラの方が綺麗だったな~(笑)
ロサルバはもううっとうしくて仕方ありません。
(女優さんはめちゃくちゃ美人ですよね)
毎度あんなケンカ腰じゃアラルコン家の人に嫌がられるのも無理ないですよ~^^;

NAME:Ayano | 2010.04.16(金) 23:01 | URL | [Edit]

 

Re: No title

>Ayanoさん、こんばんは♪

フリオ、一時、大人しかったけれど
今日の展開だと、またこれから活躍しそうですね。

マリナとリカルドの愛は深いって皆が言うけれど
信じあってないなぁって感じます。
チュイの事は、何故隠さなければならないのかって
しかもフリオに脅されてお金まで払わなければならないのかって
疑問だったし腹立たしくもありました。

そしてまだチュイに息子だと言う時期じゃないとかで
今度はロサルバに脅されているし…。

アルベルタの改心は嬉しかったけれど
リカルドとチュイ可愛さでこの先どうなるのか不安です。

ベロニカは顔というより、お色気ムンムンなタイプですよね。
サラは似ている女優さんがいる気がして
登場した時から、馴染んだ顔に思えました。綺麗な女優さんだなって
私も思います。

ロサルバの激しさにはうんざりです。
あの性格になったのはフェデリコのせいかも?
なんで私の(笑)ギジェルモ叔父さんが好きになるのか
わかりません!

NAME:ぽっこ | 2010.04.20(火) 23:11 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。