海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
ドールハウス DVDコレクターズBOXドールハウス DVDコレクターズBOX
(2010/09/02)
TVドラマ

商品詳細を見る


キャロラインは違法秘密組織である“ドールハウス”と
5年契約を結ぶことを余儀なくされる。
キャロラインが善意として行ったことが事態を悪くし
“ドールハウス”の管理人・オリヴィアが事態の収拾を
つけるのが約束だ。
キャロラインは記憶を消され“ドールハウス”のアクティブ
“エコー”として生まれ変わる。

夜の街をバイクで競争する2人、エコーとマット。
途中転んだエコーは負け、優勝したのはマットだ。
到着先はマットの誕生日を祝う会場だった。
マットと楽しいひと時を過ごし、ネックレスを贈られるエコー。
だが幸せな瞬間は続かず、彼女はふと何かを思うと
夜ふけの通りに出て行きボイドの待つ車に乗り込む。
“処置の時間”だったからだ。

“処置”がすんだらパーティーに戻れるのか
デートを楽しげに話すエコーも“処置”を受けると
全てを忘れてしまう。
エコーはマットの依頼で“理想の恋人”の人格を
刷り込まれていたのだった。
仕事が終わればまた白紙のエコーに戻る。
クライアントの夢を叶えるのが“ドールハウス”の仕事だ。

メキシコの要人ガブリエル・クレステホの娘デビーナが誘拐される事件が起きる。
警察を信じていないガブリエルの望みは、要求された500万ドルは工面できるので
円滑に取引し娘を救うことだ。
そのために機械のように完璧な“交渉人”が欲しいと
オリヴィアに依頼する。
ガブリエルは大切な客だったためオリヴィアは仕事を請け負うが
同時にガブリエルにアクティブにはここを秘密にしてくれと頼む。

交渉人の人格を刷り込まれたエコーは“ミス・ペン”となる。
任務はあくまで金と娘を無事交換することで
犯人逮捕ではない。
ボイドはエコーを守り、問題が起きたらエコーを
引き揚げさせるのが役目だ。
ガブリエルは美人なミス・ペンは相手を落ち着かなくさせ
適任ではないと顔を曇らせるが
ミス・ペンの有能さにガブリエルは彼女に従うことにする。

FBI捜査官のポール・バラードは“ドールハウス”の存在を信じて
14ヶ月間の間、調査を続行しているがなかなか実態に近づけない。
しかも上司は“ドールハウス”の存在を信じていなく
ポールの強行な捜査への反発は大きかった。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
トゥルー・コーリングのEliza Dushkuが主演。
人形に人格を刷り込んで…ってどこかで読んだので
人間じゃないんだって思っていたら、人形はわけありの人間たちだった。

そう思うと第1回目を観る限り、エコーがひたすら哀れに見えちゃって。

まだキャロラインがどういう事件を起こしてエコーになることを
選んだのかってわかっていないけれど
設定として「ニキータ」を思い出しちゃう。

思わぬ殺人をしてしまって、強制的に女スパイに仕立て上げられた
ニキータ。
違いは、ニキータは自分の立場を苦しんだけれど
キャロラインは記憶が消去され、自分の立場もわかっていなく
苦しみも悩みもないところ。
時折、ふと疑問に思うことがあっても、なんとなく夢見心地。
5年たって本当に任務を解約してもらえるのか。

ニキータにはマイケルがいたけれど
恋愛関係にはならなそうながらも、エコーを見守る役目がボイド。
彼は優しそうで唯一信頼できそう。

他にはエコーに記憶を刷り込むトファーや先生と呼ばれるサンダースが
いるけれど、エコーにしていること考えたら
明らかに仲間とは思えないし。
そうそう医者のサンダースはエンジェルのイリリア役のAmy Acker。
なんだか意地悪そうに見えちゃったけれど?

配役で言えばオリヴィアの補佐的なドミニクはReed Diamondで
ジャーニーマンやらドラマのゲスト出演も多いし
結構、最近目にすることが増えた。

今回は近視とか喘息持ちの弱点もありつつ
交渉人としては完璧なはずだったエコー。
ところが複数の人物から人格を混ぜて刷り込まれたために
思わぬところで、刷り込まれた人物の悲惨な記憶まで経験する羽目に。
そこらへんから最後の結末までは見ものだったけれど。

でもやっぱり、本人の人格じゃなくて別人になったエコーを
どう見るかで楽しむか哀れむかの境目ができるんじゃないのかな。
あとはエコーの前のキャロライン本人の謎解きで引きつけられるか。

私としてはエコーは被害者にしかまだ見えてないけれど
最後のシーンの意味は知りたいなって思う。

プリズン・ブレイク(へクター役)やザ・シールドでの犯罪者役
クローザーでも変な役だったし
そんな印象的が強いガブリエル役の俳優さん
こういう真面目な役に驚いている。
関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: dollhouse
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。