海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
デクスター シーズン3 コンプリートBOX [DVD]デクスター シーズン3 コンプリートBOX [DVD]
(2009/11/27)
ジェニファー・カーペンタージュリー・ベンツ

商品詳細を見る


感謝祭前日。
アーサーの家を張り込むデクスター。
今日デクスターが目にしたのは幸せな家族の風景ではなく
アーサーの息子に対する横暴な姿だった。

ジョーナが家を飛び出し車に乗って出かけるのを見た
デクスターは、ジョーナの後を追う。
ただの親子喧嘩だと思っていたデクスターだが
ジョーナがバッドを振り回し、車のフロントガラスを割るのを見て
ただならぬ事態に気がつく。
デクスターがジョーナに声をかけると、張り詰めていたジョーナは
アーサーが自分や家族を虐待していると
デクスターに一気に吐き出すように打ち明ける。
ジョーナを心配したデクスターは
午後1時からの感謝祭に出席することにする。

署でデクスターはデボラはから
自分を撃ったのがトリニティではないと聞かされ驚く。
デボラは事件の指揮を取り、事件に没頭していたが
デクスターは感謝祭に来る様にと説得する。

家ではリタや子供たちが感謝祭の飾りつけ。
デクスターは特大サイズの七面鳥と向き合いながら
リタに明日は仕事で数時間だけ留守にすると告げる。

デボラはデクスターの可愛い子供たちのビデオに根負けし
マスカを誘って感謝祭に出席することにする。

クリスティンは感謝祭をクインと過ごしたがるが
クインは逃げ腰だ。

感謝祭の朝、アーサーはクリスティンが書いた
撲殺犯の記事を読む。

デクスターはエリオットに七面鳥を任せ
アーサーの家に出かける。

デボラとクインが署でトリニティのことを話し合っていると
クリスティンが現れる。
クインは観念してクリスティンと食事をすることに。
クリスティンはデボラへ慰めの言葉をかける。

DNAの一斉採取のおかげで、10年以上前のエンジェルが担当した
事件の犯人が捕まる。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
アーサーを殺害するはずが、アーサーの命を助けたデクスター。
アーサーの家族を見張っていると、どこの家庭でもありそうな
親子喧嘩の風景を目にする。
でもトロフィーを壊すなんて、ちょっといきすぎ。
男のヒステリーって感じ。
息子のジョーナは家を飛び出して
バッドで車のフロントガラスを直撃。
ここへ来て、アーサーの理想的な家族の姿は幻だったと気がつく!

デクスターもびっくりなジョーナの態度。
聞けばアーサーって虐待オヤジだった。
ここからアーサーの嫌な部分がどんどん出てくるわけだけれど
ジョーナの指を折るなんて!
しかもジョーナは痛みで叫ばないよう自分で口を押さえるところが悲しい。
母親の笑顔も仮面、娘にいたってはそら怖ろしい性格になっちゃったみたい。

この状態を見て同情したのがデクスター。
自分の家の感謝祭もあるのに、ジョーナが心配で
自分の正体がばれそうになる緊急事態にも
帰れずにいたものね。

食事前に、家族が感謝の気持ちを順番に言うのが伝統で
誰もアーサーに感謝しない。
そのことを不満に言うアーサーについにジョーナが切れて
修羅場へと発展。
ジョーナの首をしめるアーサーを辞めさせようと
なんとデクスターは自分のベルトをアーサーの首にかけ
キッチンに引きずりこんでドアを閉めると、今度は包丁を手にアーサーを襲う。
ここらへん、激情にかられたデクスターの行動で
感情に支配されないで淡々と計画を練っていたデクスターとは大違い。
包丁を持つデクスターの姿に家族が悲鳴をあげ
デクスターは逃げ帰るけれど、これはかなり厳しい状態。
唯一、偽名を使っていたから、カイルがマイアミの鑑識課の
デクスターとばれてないのが救い。

この状態に昔は自分もリタを隠れ蓑にしていたこと
将来はアーサーと同じになるのではないかと葛藤する。

そして帰れば、家族はデクスターに感謝してくれている。
これこそ幸せな家族(リタがエリオットにキスしたのがきにかかるけれど)
デクスターが悩む未来像なんて、想像できないほど。
アーサーとは対照的な家庭の風景。

リタとエリオットのキスを見ちゃったマスカ。
友人としてデクスターのことを心配するところがいいな。
それにしても子供たちがリタにマスカと話すなと
言われているなんて(苦笑)

デボラが死んでいくランディの目を見つめていたと
クリスティンが話したことに、デボラは疑問を覚える。
なんで知っているの?って。
クインの資料を盗みみたのかも?と。
そして衝撃のラストは今回もあった。
なんとクリスティンは…。

エンジェルとマリアは昔の事件の被害者の夫が
植物状態なのを知って、いろいろ思い
愛を再確認。
関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: DEXTER
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。