海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Prisoner (2009) (3pc) (Ecoa) [DVD] [Import]Prisoner (2009) (3pc) (Ecoa) [DVD] [Import]
(2010/03/23)
James CaviezelHayley Atwell

商品詳細を見る


オリジナルを観てないんだなぁ。
オリジナルは1960年代に日本でも放送されていて
今回のリメイク版はオリジナルを新解釈した内容だそう。
まったく無知の状態から視聴するので
オリジナルを観た方とはまた違った感想になると思う。
ちなみにオリジナルのほうはスパドラでHD版として
今月29日から放送開始となるので
できればそちらも視聴したいと思っている。

朦朧とした状態で目が覚めた男。
気がつけばそこは岩山と見渡す限り砂漠の中。
記憶にあるのは救急車の音、自分の部屋での生活。
何故ここにいるのか、ここは何処なのか…。

と、銃声の音を聞きつけた男はその音のほうへ向かう。
犬の吠える声と銃を持った男たちの姿が見え、咄嗟に岩山の影に姿を隠す男。
見ると老人が岩山を滑り落ちるように逃げていて
追手の男たちは老人に発砲していた。
男は老人を助けようと近づくが、老人は撃たれ
隙を見て男は老人を担ぎ、見つけた岩穴へ匿う。

男が苦しげな老人に「何故追われているのか?」と尋ねると
老人は「みんなに脱出したと伝えてくれ。554のところに行け」と言う。
男はニューヨークにいたはずなのに、ここはどこなのかと
老人に問うが老人は驚き、男に「奇跡の人だ。」と言い息絶える。
男は老人を一本だけあった大木の側に埋める。

それから男は砂漠を歩き続け、やっと民家を発見する。
三角の同じ形で整然と並ぶ小さい家たち。
男は147と書かれた一台のタクシーを見つけ
鉄道の駅へ連れて行ってくれと運転手に頼む。
だが運転手は鉄道と聞くと笑い、近場しか走らないと言う。
そして運転手はここを“村”だと説明する。
男はどこの村だと尋ねるが、運転手は“村”はここだけだと話す。

わけがわからなくなった男はタクシーを飛び降りて
今度は酒場へと入って行き、目に止まった女性に助けを求める。
そして女性もまたここを“村”だと言う。
そこへ犬を連れた追っ手が酒場の入り口に来たため
男は酒場から逃げるが、追っ手の姿は幻想だった。

男は再び止まっていた147のタクシーに乗り込む。
運転手は走りながら自分の家族の話をしはじめ
小さい娘の名前を832だと話す。
それを聞いた男は老人から聞いた554を思い出し
タクシーにそこへ連れて行くよう言う。

554は食堂のウエイトレスだった。
男は554に老人(93)の伝言を伝えると
彼女は巻き込まないでと怯える。
93は店の客だった。
男の話に554がやっと耳を傾けようとした矢先
車のライトと犬の吠える声がして
再び男は逃走するが意識を失いNo.2に捕まる。
そしてNo.2は男をNo.6と呼ぶ。

++++++++++++++++++++++++++++++++
 
全6話のミニシリーズ。
主役のNo.6はJames Caviezelが演じ
彼にお前はNo.6だと言い続ける村の支配者?No.2に
Ian McKellenが扮する。
この配役だけでも美味しいかも。

ある男が目覚めると、男の名前はNo.6と番号になり
村にある家をあてがわれる。
小さい三角の家は皆同じ形で、壁には6との番号が。
名前による個性や人間性が失われる扱い。
村の人々は幸せそうに暮らしている様子だが
No.2を恐れてもいた。

No.6は村を脱出しようと反抗し逃げ出すが
砂漠に囲まれとても逃げ出せる状態ではなかった。

何故、ここへ連れて来られたのか?
何の目的で村は存在するのか?
謎だらけのミステリーでワクワクする。
6話できっちり完結しそうなところもいい。

老人93の情報ではタワーを目指せということ。
確かに蜃気楼みたく見える村とはそぐわない近代的なタワーがあるが
やはり監視する人物がいて、村は刑務所みたいなものなのかな?

No.2には家族がいて妻は寝たきりで息子の名前は11-12
これも不思議。何故彼だけハイフンが入るの?
演じるJamie Campbell Bowerは「スウィーニー・トッド」とか
「トワイライト・サーガ」に出演していた俳優さん。

そしてNo.2がいれば、No.1がいるはず。
影の支配者がどこかに隠れているのかも。

147のタクシー運転手役Lennie Jamesは
「ジェリコ」で怪しげな男として登場したが実は捜査官だったって
役をしていた。
今回もNo.6に協力しそうな役だが、どう転ぶのだろう?

とにかく、主人公ってオリジナルはスパイだったようだけれど
この話はまだ主人公の職業はわからず、辞職したってことだけ。

宇宙人オチ?
実は死者の国だったオチ?
かつてLOSTのオチでも考えたことだけれど
この2つはなるべくさけたい。
ただオリジナルが1960年代だとすると、今ではありがちオチなそのオチも
異色だったかも知れないし。うーん。

そんなことを考えながら次回もワクワク観ちゃうんだろうな。
関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: The Prisoner
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
 
Comment
 

オリジナル版を、スパドラで見ました。
圧倒的な迫力と、予想外の展開でくだびれるドラマでした(笑)。

>まだ主人公の職業はわからず、
>辞職したってことだけ。
おっしゃるように、オリジナルは元スパイ。
ここでは辞職したというだけで職業とか語られてませんでしたよね。
知ってないとイラっとくるかも(笑)。

村の様子がさみしくて多少しょんぼりしましたが
違いを認めて素直に行く末を見守りたいと思います。

NAME:カクテキ | 2010.05.28(金) 11:58 | URL | [Edit]

 

Sci-fiが得意でない私でも、No.6が素敵なので大丈夫。
しっかり画面に見入ってしまいました。
深いことは考えずに目の保養に楽しみたいと思っています。
だから難しい話は抜きにして、ひたすら謎めいたままでいいんですけど(笑)
6話でどう収束するんでしょうね。
ついでにそんなわけでオリジナルはパスさせていただきます…

NAME:Garoto | 2010.05.29(土) 18:50 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

カクテキさん、こんにちは♪

オリジナル版、もうご覧になったんですね。
私も挑戦しようと第1話を観てたのですが
途中で寝てしまって…、いや、つまらないからじゃなくて
いまだに花粉の薬を飲んでいるのが災いしたのかも(汗)

オリジナルより、ずっと謎が明らかになっているので
逆にリメイク版のタネ明かしを知ってしまうのでは?と
恐れをなしました。
この話がきっと1クール作られたと言ったら
きっとイライラとジレンマだらけだったと思います(笑)

村!確かにオリジナルのほうが人がたくさんいましたね。
謎解きがオリジナルとどこまで違うのかわからないけれど
しょうこりもなく、あれこれ悩みながら観ていきたいと思います。

NAME:ぽっこ | 2010.05.31(月) 17:25 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

がろとさん♪

確かにSFっぽくても、風船の塊みたいのが登場しなければ
それほど奇抜な…被り物とか…キャラクターはいないし
こういう系統ならがろとさんも大丈夫ですよね(笑)

主役のNo.6がハンサムで(オリジナルではオジサンでした)
これもまた入り込みやすいかったです。

謎があると謎を解きたくなりますが
無理して謎を明かすより謎めいていても…
そういうのも、ああ!確かにそうですね。
時折、げっ!ってタネ明かしのあるドラマもあったりで
ガックリしますものね(爆)

オリジナルを観なくてもこのドラマはドラマで
じゅうぶん楽しめそうです。
ミステリアスなのはリメイク版のほうが強いかも。

オリジナル版は日本語吹替え版なはずなのに
途中で字幕になってまた日本語に…。
歌をうたったからとかじゃなく、ビックリしました。

NAME:ぽっこ | 2010.05.31(月) 17:34 | URL | [Edit]

 

「お前はNo6だ」「番号なんかで呼ぶな! 私は自由な人間だ!」

オリジナル全話視聴、リメイク版が来月レンタル開始されるというので検索してたどり着きました。

>オリジナルは元スパイ。
原作はイギリスみたいなのでMI-6ってことなんでしょうかね。

>オリジナル版は日本語吹替え版なはずなのに
>途中で字幕になってまた日本語に…。
>歌をうたったからとかじゃなく、ビックリしました。

日本放映時にカットされていて、日本語吹き替えがないシーンなんかだとそうなりますね。
本放送では見られなかった秘蔵カットも見られたのだと前向きに考えましょう。

>村の支配者?No.2に
数字が序列を表すらしく、おそらく影の支配者はNo1だと推察されます。
しかしオリジナルでもNo1は全く登場しません。
No1に近付くためにあの手この手を使うのが、物語の一つの柱になっています。

「私はNo2だ。」
「No1は誰だ?!」
「……お前はNo6だ。」
「番号なんかで呼ぶな!私は自由な人間だ!」
というのが毎回のOPで流れるのが印象的でした。

>小さい三角の家は皆同じ形で、壁には6との番号が。名前による個性や人間性が失われる扱い。村の人々は幸せそうに暮らしている様子だがNo.2を恐れてもいた。

ここは随分違う感じ。
たしかに村人は番号で呼ばれるけれど、村は風光明媚な別荘地のような場所。自由で豊かで、老後を暮らすには最適かも知れない。村人は自由に生活している
しかしただ一つ、その村から出る自由だけは絶対に与えられない。

>何故、ここへ連れて来られたのか?
>何の目的で村は存在するのか?
オリジナルでは、これはおそらくMI-6が作った、一種の刑務所なんですね。
引退したスパイや裏切りの疑いのある者をここに軟禁し、時間をかけて洗脳/服従させようとする。主人公もそういう囚人の一人。村人の中にも同様な囚人もいるかもしれないし、囚人のフリをした看守や殺し屋もいるかもしれない。だから村人どうしても迂闊に秘密を共有することはできない。

NAME:とおりすがり | 2010.10.27(水) 22:24 | URL | [Edit]

 

Re: 「お前はNo6だ」「番号なんかで呼ぶな! 私は自由な人間だ!」

とおりすがりさん、ありがとうございます!

オリジナル版途中で録画失敗してほとんど観てない状態です(汗)

それでもまず吹替えに関してなのですがずっと疑問でした。
本放送でカットされた部分だったのですね!
いきなりの字幕なのでビックリしてしまいました。

それからNo.1に関しては
リメイク版の最後に理由が明かされなるほど!と思ったものです。
2があれば1は誰?と思うところですよね。
No.6にしてみればボスがわかれば脱出もできるかもって必死ですよね。

このドラマってSFで片付けられなくて人間性を問うドラマだな
って思いました。
ナンバーで呼ばれて個性を否定されてしまったら
自分が自分でなくなってしまう…と。そこが一番怖いです。

リメイク版、こちらはオリジナルとは解釈が違うようです。
刑務所ではなく○○所みたいですが
とおりすがりさんの説明を読むと、それぞれストーリーの持つ意味の
奥は深いかなと思います。

オリジナルをご覧になった方がリメイク版を気に入るかは
またわかりませんが、リメイク版も私には
すごく考えさせられたドラマでした。

NAME:ぽっこ | 2010.10.28(木) 20:18 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。